【医師監修】PTSDの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

医師

PTSDについて

トラウマのイメージ

PSTDとは、『Post Traumatic Stress Disorder』の略称であり、日本名は『心的外傷後ストレス障害』といいます。命の危険を感じたり、強烈なショック体験、自分ではどうしようもない圧倒的な強い力に支配されたりといった、強いストレスが心のダメージとなり、時間が経過した後でも、その経験に対して強い恐怖を感じることでPTSDになります。

震災などの自然災害、事故、暴力や犯罪被害などが原因になると考えられています。PTSDは、とても怖い思いをした記憶がトラウマ(心的外傷)となり、 そのことが何度も思い出されて、恐怖を感じ続ける病気なのです。

PTSDの症状

頭を抱える女性

PTSDの症状はいくつかあります。代表的なものにまず追体験(フラッシュバック)があります。発症の原因となったものを完全に忘れたつもりでいても、意図せず思い出し、そのとき味わった身体的苦痛や感情を追体験する症状です。この場合の感情は恐怖だけではなく、苦痛や怒り、悲しみ、無力感などさまざまです。突然感情が不安定になり、取り乱したり涙ぐんだり、体がこわばり、冷や汗をかくなどの身体症状が出ることがあるようです。また、その出来事を繰り返し夢にみることもあります。

次の特徴としてはPTSD患者さんの多くは常に神経がはりつめている「過覚醒」状態が挙げられます。過覚醒とは、再び危険な状態に陥った場合に対応できるよう、常に身構えている状態です。当時の記憶がよみがえっていないときでも緊張状態が続き、常にイライラしている、小さなことでも驚く、警戒心が異常なくらい強い、ぐっすり眠れないなどの過敏な状態が続くようになります。

また、記憶を呼び起こす状況や場面を避けるようになります。いつも通りの日常に思える毎日でも、PTSD患者さんにとっては嫌な記憶を思い出すきっかけがたくさんあります。彼らは何度も記憶を呼び起こすうちに、そのようなきっかけを避けるようになります。きっかけになるポイントは本人にもわからず、意識できないままでいるのです。しかし、きっかけがわからない場合でも無意識の意識がはたらき、自分でも気が付かないうちにそれらの状況を避けるようになるのです。その結果、きっかけに触れることを恐れ、行動をしなくなり、いつもの日常生活や社会生活が送れなくなってしまうことも少なくありません。

さらに感覚や感覚がまひします。また、つらい記憶で苦しむことを避けるために感情や感覚がまひするという症状が出ることがあります。そのため、家族や周囲の人に対する愛情や優しさを感じなくなり、人に心を開くこともできなくなりがちです。

PTSDは、上記のほかにもさまざまな症状を引き起こします。筋肉痛、下痢、不整脈、頭痛、パニックや恐怖心、抑うつ気分、過剰な飲酒、薬物の使用などは、その代表ともいわれます。

合わせて読みたい

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ち...

PTSDの診断基準

診断

外傷のある病気とは違い、精神的な疾患であるため、見た目では判断しにくい病気がPTSDです。そのため、PTSDには米国精神医学会によるDSM-IV基準によって診断が行われることが一般的です。場合によっては世界保健機関(WHO)が作成している『ICD-10基準』というものが使用されることもあります。

それらの基準としてはまず「実際に死に直面する出来事を経験した、またはその場面を目撃した」ということが挙げられます。それ以外にも「その出来事の夢をみてしまう」「フラッシュバックする」「記憶を呼び起こすきっかけとなりそうなものを回避する」「その出来事が原因でイライラし、不眠症になる」といった症状が繰り返し起こってしまう場合です。これらの症状が1カ月以上継続して起きてしまう場合にPTSDと診断されます。

PTSDになる原因

PTSDになる原因は、生死にかかわるような危険を体験した場合や、目撃した場合などの明らかな要因によって発症します。具体的には震災などの自然災害、重大事故、性的および肉体的暴行や幼少時の虐待、戦闘体験、犯罪被害などのほかにも、社会的弱者、救護者支援者(警察・消防・自治体関係者など)が挙げられます。ただし、その状況を体験した人全員がPTSDになるというわけではありません。PTSDになるかどうかは、その人の性格傾向や家族に精神疾患の患者がいるかなど、さまざまな要因が影響してきますが、これらは、それほど大きな関係はなく、体験が強烈な人ほどPTSDになりやすい傾向があります。つまり、誰もがPTSDになりうるということです。

発症率でみると自然災害の被災者では3%程度、戦闘では50%弱、性的暴行(レイプ)では60%程度とされています。また、同じ被害を受けても女性のほうがPTSDを発症しやすいことがわかっています。

PTSDの治療法は?

薬

治療の基本は心の傷の回復を手助けすることと、苦しい症状を軽減することです。主な治療法としては、持続エクスポージャー療法と薬物療法があります。

持続エクスポージャー療法とはトラウマ(心的外傷)となった場面をあえてイメージすることにより、これまで避けていた記憶を呼び起こすきっかけに身を置くようにする治療法です。思い出しても危険はない、怖くはない、ということを患者さん自身に肌で感じてもらい、症状を落ち着けていきます。この治療に関しては必ず専門の、治療者の立ち会いのもと、今の状況は安全であるということを患者さんに理解していただいた上で行います。

うつ病や不眠症も併発してしまっている場合には薬物療法を施します。SSRIをはじめとする抗うつ薬や抗不安薬、気分安定薬などを症状に合わせて処方されます。ただし、妊娠している方の場合は胎児に影響を及ぼす可能性があるので、担当の医師とよく相談し、回復に向けてゆっくり治療しましょう。

合わせて読みたい

マタニティーブルーなんていわせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
マタニティーブルーなんていわせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
多くの場合、妊娠がわかると、喜びとともに、不安も感じるようです。「マタニティーブルー」は、その不安要素の一つでしょう。しかし、正しい知識...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】PTSDの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る