睾丸(こうがん)炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

菌

睾丸(こうがん)が痛む場合、見た目や場所などで判断することが大事になります。炎症をおこしている場合、発見が遅れてしまうと不妊の原因になってしまうことも。そこで「睾丸(こうがん)(精巣)炎」についてご紹介します。

睾丸(こうがん)炎について

痛がる男性

睾丸(こうがん)炎は、男性の陰嚢(いんのう)の中にある生殖器、精巣に炎症がおきる病気です。おもに細菌やウイルス感染によって発症します。急に陰嚢(いんのう)が赤く腫れあがり激しい痛みをともなう急性精巣炎と、精巣が徐々に腫れ、痛みや発赤はほとんどみられない慢性精巣炎があります。

睾丸(こうがん)炎は、左右ふたつある精巣のうち、いずれか片方に発症しますが、まれに両方の精巣に発症することもあり、その場合、精巣が委縮し精液の中に精子が存在しない「無精子症」を引き起こすこともあります。似た病気で精巣上体炎(副睾丸(こうがん)炎)がありますが、精巣上体炎は、睾丸(こうがん)と隣り合う位置にある精巣上体(副睾丸(こうがん))に炎症が起こるものであり、睾丸(こうがん)炎とは区別される病気です。

睾丸(こうがん)炎の症状

睾丸(こうがん)炎にはおもに急性と慢性の2種類があり、症状が異なります。急性の場合、陰嚢(いんのう)に急激な腫れや発赤が生じ、激しい痛みや高熱がみられることが特徴です。排尿障害はありません。一方、慢性の場合、陰嚢(いんのう)の発赤や痛みはほとんどみられません。精巣が徐々に腫れてくる症状が特徴です。

睾丸(こうがん)炎の診断基準

まず問診、視診、触診が行われます。触診では、睾丸(こうがん)や副睾丸(こうがん)の位置、膨張の程度、硬結(しこり)、圧痛の有無などを調べます。睾丸(こうがん)と副睾丸(こうがん)がひとかたまりになっている場合は、急性の睾丸(こうがん)炎か副睾丸(こうがん)炎が疑われます。 陰嚢(いんのう)内にあるはずの睾丸(こうがん)に触れることができないときは、停留睾丸(こうがん)か無睾丸(こうがん)症の可能性があります。

睾丸(こうがん)の病気は、視診と触診でほぼ見当がつきますが、必要に応じて透光検査や 超音波検査などが行われることもあります。透光検査は陰嚢(いんのう)水腫の診断のために行うもので、懐中電灯を 陰嚢(いんのう)部にあてて、陰嚢(いんのう)が透けてみえたら陰嚢(いんのう)水腫と診断されます。この他、男性不妊症の診断のためには、精液を採取して精子数や運動率などを調べる精液検査や、 精子の形成機能をみる睾丸(こうがん)生検などを合わせて行います。

睾丸(こうがん)炎になる原因

睾丸(こうがん)炎が起こる原因はおもに三つあります。早速原因別にみていきましょう。睾丸(こうがん)炎の原因には、下記のようなウイルス、細菌感染があげられます。

ムンプスウイルス感染

ムンプスウイルスは、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスです。急性睾丸(こうがん)炎の場合、ほとんどがこのウイルスが原因で発症します。幼少期に流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)にかからず、予防接種も受けていない思春期以降の男性がかかった場合、約30%の人が急性睾丸(こうがん)炎を発症するとされています。

細菌感染

細菌性の睾丸(こうがん)炎の多くは細菌がぼうこうや尿道に入り込むことで、精管を通じてまず睾丸(こうがん)と接している精巣上体(副睾丸(こうがん))が精巣上体炎(副睾丸(こうがん)炎)を発症します。それが波及して精巣に感染するのです。クラミジアや淋菌(りんきん)など性感染症の原因菌をはじめ、結核菌や大腸菌、ブドウ球菌などがあてはまります。

他の感染巣からウイルスが運ばれる

睾丸(こうがん)炎は、ウイルスや菌が感染した、体の部位からの血行性感染で発症する場合もあります。前述の流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)のムンプスウイルスも、血行によって精巣に運ばれ感染するケースです。他にも、へんとうや上顎(じょうがく)洞炎、虫歯や歯槽膿漏(のうろう)、骨髄炎、心内膜炎、蜂巣織炎など、体の他の部位に感染巣がある場合、その菌やウイルスが血流にのって運ばれ、睾丸(こうがん)炎を発症することがあります。

細菌やウイルス以外の原因

睾丸(こうがん)炎は、ウイルスや細菌以外の原因でも発症することがあります。

外傷によるもの

陰嚢(いんのう)を激しく打つなど、精巣の損傷による外傷性の睾丸(こうがん)炎をおこすことがあります。精巣の痛み、寒気や震え、腫れや熱感をともなうだけでなく、下腹部痛や発熱などの症状があらわれます。

寄生虫によるもの

フィラリア症や住血吸虫症など、中間宿主を介して人の体に感染する病気により、睾丸(こうがん)炎を引き起こすことがあります。

合わせて読みたい

【男性編】精子の質と妊娠率が比例?男性に必要な三つの知識
世界保健機関(WHO)の調べによると、不妊の理由が夫婦どちらにもあるのが24%、男性だけにあるのが24%ということがわかりました。つまり...

睾丸(こうがん)炎の治療法は?

睾丸(こうがん)炎の原因によって、その治療法は変わってきます。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)による睾丸(こうがん)炎の場合

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)のムンプスウイルスが原因の場合は、効果的な薬剤が存在しないため、対症療法で安静を保ち自然に治るのを待ちます。痛みや不快感を緩和させるには、冷湿布や保冷剤などで精巣を冷やすと効果的です。しかし、凍傷を避けるため、保冷剤や氷囊(ひょうのう)を使う場合には、直接陰嚢(いんのう)にあてないように注意しましょう。また、サポーターなどで陰嚢(いんのう)を軽く持ち上げた状態に保つことも不快感を減らすのに効果的です。

熱がある場合には、解熱鎮痛剤が処方されることがあります。およそ1週間から10日ほどで炎症はおさまります。

結核性による慢性睾丸(こうがん)炎の場合

結核菌の感染により発症する睾丸(こうがん)炎の場合、基本となる治療は、抗結核薬を用いた結核の治療です。そこに、睾丸(こうがん)の炎症を抑える薬剤を併用するなどして、その後の様子をみていきます。ただし、それは初期の結核性睾丸(こうがん)炎の場合です。睾丸(こうがん)炎の症状がある程度進行している場合には、まず、睾丸(こうがん)の摘出手術を行い、それから結核の治療を継続していく治療方法が選択されることがあります。

細菌性の睾丸(こうがん)炎の場合

まず原因となった細菌を特定します。そして、それに適した抗生物質を投与します。ほとんどの場合、正しい投薬によって快方に向かいます。あわせて抗炎症剤や冷湿布などをとり入れることもあります。1週間ほどで症状は改善しますが、処方された抗生物質は途中でやめず、最後まで服用することが大切です。

性感染症の原因菌により発症した場合には、治療期間中の性交は禁止となる他、パートナーも一緒に検査や治療を行う必要があります。性感染症の原因菌から発症する睾丸(こうがん)炎は、必ずコンドームを使用するなど、より安全性の高い性生活を心がけることで防ぐことが可能です。ふだんから不特定のパートナーと性交している場合には、特に注意が必要です。

へんとう腺や上顎(じょうがく)洞炎など、そのほかの感染巣が原因で発症する睾丸(こうがん)炎も、原因となっている部位の感染巣を治療することで、睾丸(こうがん)の症状も快方へ向かいます。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
睾丸(こうがん)炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る