卵巣機能低下症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

横になる女性

卵巣は女性の生殖活動を担う大切な器官ですが、その機能がうまく働かなくなる病気があります。それを「卵巣機能低下症(卵巣機能不全)」といいますが、この症状に陥ると、女性の体にさまざまな影響をもたらし、不妊の原因になるため、適切な治療が必要となります。では、原因や症状について確認してみましょう。

スポンサーリンク

卵巣機能低下症について

生理痛の女性

卵巣からは、月経周期にかかわる2種類の女性ホルモンが分泌されます。2つの女性ホルモンは、それぞれエストロゲン卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれ、交互に分泌されることで毎月の月経周期を調整しています。卵巣機能低下症とは、卵巣の機能が低下してこの2つの女性ホルモンのバランスが乱れることで、月経周期の乱れや障害が引き起こされている状態のことを指します。

卵巣機能低下症の症状

卵巣機能低下症になると、女性ホルモンの乱れから月経にかかわるさまざまな症状が現れます。たとえば月経の出血が1週間以上続く「過長月経」や、月経周期が39日以上90日未満という長期間に渡る「稀発月経」などが見られます。ただ、月経周期は乱れていても定期的に月経があって、排卵が起きていれば基本的に問題はありません。

しかし悪化すると90日以上月経が来ない「無月経」や、生理がきても排卵されていない「無排卵」が見られ、不妊症になってしまう可能性があります。ちなみに、ホルモンバランスの乱れにより、イライラや疲労感、のぼせ、動悸、頭痛、めまいなどの更年期障害に似た症状に悩まされる場合もあります。

卵巣機能低下症の診断基準

多くの場合、35~40歳で排卵が起こらなくなり、無月経となります。43歳未満で閉経する場合は、早発閉経と呼ばれるのですが、卵巣機能低下症の症状がある場合、もっと早く無月経になる可能性もあります。症状が気になる場合は、早発閉経なのか卵巣機能低下症なのか、あるいはホルモンバランスの乱れが原因なのかを産婦人科で診断してもらう必要があります。これらは血液検査によってエストロゲンや性腺刺激ホルモンの血中濃度を調べることによって診断します。

卵巣機能低下症になる原因

卵巣機能低下症の原因は、ほとんどの場合は不明といわれています。 統計的には、先天的に染色体異常があり、そのため早発卵巣不全になったり、甲状腺や副腎、筋肉に対する自己免疫性疾患になったりする人が多いそうです。また、卵巣や卵巣周辺の手術、放射線や抗がん薬などの化学療法などによって、早期卵巣不全になったり、それ以外の薬剤の使用によっても、卵巣機能の低下につながったりすることがあるとも考えられています。

一方、喫煙などの嗜好品と卵巣機能の低下の関連性も最近は着目されています。更には、現代社会における強いストレス生活や、過激なダイエットなども卵巣の機能を低下させる要因の一つではないかといわれ始めています。

合わせて読みたい

多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という病名を耳にしたことはありますか。近年、婦人科系疾患の中でも特に患者数が急増しており、日常生活に支障をきたす場合もある疾患です。さっそく症状や原因、治療方法などについてチェックしていきましょう。  多嚢胞性卵巣症...

卵巣機能低下症の治療法は?

ホルモン治療

月経周期が乱れていても排卵があれば治療の必要はありません。しかし無月経や無排卵になってしまった場合には、妊娠を望むなら治療が不可欠です。まずストレスやダイエットの影響など、原因の可能性を探り、その原因を取り除くことで改善を目指します。原因の調査と並行して、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが体内で不足しているかを調べて、それを投薬で補うホルモン治療が行われます。

卵巣機能低下症の予防について

卵巣機能低下症の予防には、ストレスをためないことが重要になります。気分転換のための運動や趣味の時間を確保することが重要です。 また、過度なダイエットは行わないことや、下半身を冷やさない服装を心がけることも大切です。そして食生活にも留意しましょう。

ホルモンの働きを活発にするミネラルを多く摂取し、甘いもの、ジュース、ビールなどを控えることを心がけることが大切です。また、葉緑素、鉄分タンパク質などを摂取することも効果があります。漢方薬や、サプリメントによる栄養分の補給も一定の効果を得ることはできます。

卵巣機能低下症の入院の必要性は?

女性患者

ホルモン治療が中心となるので、とくに入院の必要はありません。ただし、一般不妊治療のひとつである調節卵巣刺激法を実施する場合、まれに卵巣過剰刺激症候群(OHSS)にかかる可能性があるため、その場合は入院加療が必要になることもあります。

おわりに

無月経や無排卵の状態になってしまうと、閉経してしまうかもしれないという不安を感じると思いますが、実際にそのまま月経がなくなってしまう早発閉経に至る人はごくわずか。一時的に卵巣の機能が低下しているだけなので、きちんと治療を続けていけばほとんどの場合、回復します。卵巣機能低下症は妊娠の妨げにはなりますが、卵巣に卵胞が残っていれば妊娠できる可能性はあります。

早期に妊娠を望むのであれば、治療後に月経が再開した後から排卵誘発剤などを使って不妊治療を始めることもできます。早期に対処すればするほど、月経の再開も早くなるので、月経の異常を感じたらまずは婦人科を受診しましょう。

ピックアップ

無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
子宮内膜症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
女性にとって子宮の病気とは恐ろしいものであり、無縁でありたい存在ですね。今回スポットを当てる「子宮内膜症」もそんな子宮の病のひとつ。病名は知っているけれど、実際はどのような病気かということはご存知ですか? 子宮内膜症とは、本来子宮内腔にしか存在しない、子宮内膜や子宮内膜様の組織が卵巣や仙骨子宮...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/menstrual-irregularity-and-chinese-medicine/

購読はいいねが便利です!
卵巣機能低下症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る