代理母出産は日本ではなぜ認められてないのか。その理由とは?

赤ちゃんと母親
不妊治療を頑張ったけれどうまくいかない、身体的な要因で子どもが授かれないなど、子どもを欲しいご夫婦それぞれに多くの悩みを抱えていることでしょう。現在では代理母出産という方法で、子どもを授かるという選択肢が注目されています。
芸能人などが実際に代理母出産を公表するなど、子どもを欲しい人にとっては気になる注目トピックについて解説していきます。

代理母出産とは?その方法と世界での考え方

医師が教えるポイント
代理母出産とは、子どもを望む女性がさまざまな事情によって自分で妊娠・出産できない場合、医療技術と用いて第三者の女性の子宮で妊娠・出産してもらい、生まれた子どもを引き取ることです。その方法と、日本以外の各国における代理母出産の考え方について見ていきましょう。

ホストマザーとサロゲートマザー

代理母出産には主に二つの方法があります。

サロゲートマザー

夫の精子を使って第三者の子宮へ人工授精の方法で懐胎させ、出産する。または夫の精子と妻以外の卵子を体外受精し、第三者の子宮へ移植・懐胎させ、出産する。

ホストマザー

体外受精の方法で妻の卵子を体外へ取り出し、夫の精子を使ってできた受精卵を第三者の子宮へ移植・懐胎させ、出産する。

サロゲートマザーの場合、夫の遺伝子を持つ子どもが生まれることになり、ホストマザーの場合は夫婦の遺伝子を持つ子どもが生まれることになります。

代理母が認められている国もある

代理母出産に関して、世界では各国によって考え方にさまざまな違いがあります。というのも、各国の法律規制が大きく影響しているためです。倫理的・宗教的な問題もからんできます。代理母出産を認めていない代表的な国は、ドイツ・スイス・フランスなどがあげられます。
一方で、代理母出産を認めている国も存在します。ロシア・アメリカ(カリフォルニア州など一部地域)・イギリス・カナダ・デンマーク・ギリシャ・ブラジル・ベトナム・ウクライナなどです。ただし、各国によってさまざまな規制があり、外国人対象の代理母出産を禁止している国、生殖補助技術が利用できる対象者が限定されている国などさまざまです。
代理母出産を認めている国でも、代理母が報酬を得る商業的代理母出産が認められている国、金銭のやり取りがない場合にのみ代理母出産が認められる国など、各国の法律によって細かく規制されているのが現状です。

合わせて読みたい

知らなきゃ損!不妊治療は医療費控除の対象になる!
知らなきゃ損!不妊治療は医療費控除の対象になる!
不妊治療では、その治療費が高額になることも多くあります。そのため少しでもお金が戻ってくるのであれば、家計にとってはありがたいことですね。...

日本における代理母事情。法律などがネックに

法律の問題
現在の日本では、代理母出産が認められていません。そもそも生殖補助医療に対して公的な規制が整備されていないのが要因です。現状における学会や国の考え方とともに、今後はどのような変化が予想されるのか解説します。

日本産科婦人科学会の考え方

日本産科婦人科学会は、産婦人科の進歩・発展を図り人類・社会の福祉に貢献することを目的とした学術団体です。2003年4月に公表した学会の見解としては、代理懐胎(代理母出産)について対価の授受は関係なく認められないと、学会会員に表明しています。

理由として、以下の四つがあげられています。

  • 産まれてくる子どもの福祉を最優先にする
  • 代理母出産における身体的な危険性・精神的な負担のリスクが想定される
  • 家族関係の複雑化
  • 倫理的な部分で社会全体が容認していると認められない

こうした学会の動きから、産婦人科全体が代理母出産に対して自主規制していることがうかがえます。

日本の法律上での考え方

そもそも民法上では、第三者が介入した出産を想定していないというのが現実です。そのため、代理母出産に関する法律というものがありません。過去に代理母出産による戸籍の問題で芸能人夫婦が起こした裁判では、精子・卵子を提供した夫婦は法律上の親として認められないとして、最高裁で判決が下されています。
日本の法律上においては、子どもを出産した女性が戸籍上でも「母親」であり、代理母出産では代理母が法律上の「母親」ということになるのです。

日本における代理母問題は今後どうなる?

現在では代理母出産においてまだ正式な法律がありませんが、水面下では少しずつ変化が起こっているようです。2016年3月に行われた自民党の法務部会と厚生労働部会の合同部会において、卵子提供では、出産した女性を「母親」とし、精子提供では夫の同意を得ていた場合子どもを嫡出と否認できないとした民法特例法案が了承されています。

精子提供によって誕生した子どもはすでに日本国内で1万人以上いるとされており、今後も法律の制度化を早急に行う必要性があると国も認識しているのです。また、国内における代理出産など生殖補助医療関連の規制や、子ども本人が出自を知る権利など、現在の法律にはない部分の整備も議論を進めると発表されています。

合わせて読みたい

不妊のストレスは恐ろしい!不妊うつにならないための予防策!
不妊のストレスは恐ろしい!不妊うつにならないための予防策!
不妊うつという言葉をご存じですか?その名の通り不妊が引き金となってうつになるというものですが、不妊を経験したことのある人は、少なからず鬱...
夫・長男(4歳児)・次男(2歳児)のにぎやかな4人家族。フリーライターとして、出産育児・ビジネス・働き方関連・就職転職・地方創生など幅広いテーマを執筆しています。 我が子には「思いやりのある子・人の痛みのわかる子」になってほしいと願いながら、ただいま育児奮闘中! ブログ記事も不定期更新中。 http://tomotomokinoko.hatenablog.jp/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
代理母出産は日本ではなぜ認められてないのか。その理由とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る