人には聞きづらい!妊娠中のセックスについてあれこれ教えてほしい・・・

良ければシェアをお願いします。

妊婦と夫

妊娠中のセックスについては、なかなか人に聞きづらいものですよね。でも、避けては通れない切実な問題でもあります。そこで今回は、妊婦が直面する妊娠中のセックスをテーマにして、心配なお腹の中の赤ちゃんへの影響の有無や、感染症などの注意すべきポイント、妊娠時期別のおすすめの体位をご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

妊娠中にセックスしても大丈夫なの?

そもそも、妊娠中にセックスしても大丈夫なのでしょうか?いちばんの心配事は、お腹の中の赤ちゃんへの影響ですよね。セックスを制限すべき状況にはどんなものがあるのか、セックスをする際の注意点やポイントを含めてみていきましょう。

妊娠中のセックスは赤ちゃんへの影響があるの?

妊娠中のセックスは、赤ちゃんへの影響が心配で敬遠してしまいがちです。もしも間違って赤ちゃんを傷つけてしまったら・・・、もしも流産をしてしまったら・・・。そんな心配が胸をよぎることでしょう。しかし、赤ちゃんは、ママのお腹の中で丈夫な子宮の壁と、たっぷり入った羊水に守られています。また、子宮と膣との間にある子宮口は粘液が遮断しているため、通常のセックスならば心配はありません。

セックスの制限が必要な状態は?

セックスの制限が必要なのは、過去に多胎出産経験がある場合、流産、切迫流産の経験がある場合、早産切迫早産の経験がある場合、または現在、それぞれの兆候が見られる場合です。この他、前置胎盤の診断を受けている場合、出血がある場合、破水した場合などもあげられます。いずれの場合もきちんと医師の診断を受けてくださいね。

清潔なセックスとコンドーム使用を心がけよう

妊娠中にセックスする前には、夫婦ともに必ずシャワーなどで体を洗い、十分に清潔を心がけましょう。子宮へ雑菌が侵入してしまうと、破水を起こしたり、流産や早産の原因になったりすることもあります。また、精子には子宮の収縮を促す作用のある成分が含まれていますので、これらのリスクを未然に防ぐためにも、コンドームは、必ず使用するようにしましょう。

合わせて読みたい

妊娠9週の壁が心配!妊娠初期に注意したい11のこと
妊娠がわかり喜んでいても、もしかしたら途中で流産してしまうかも・・・と、嬉しい反面心配ごとも増える妊娠。流産等のトラブルは妊娠初期に発生しやすいと言われ、「妊娠9週の壁」という言葉があるように全体の流産の約7割は妊娠9週目までに起きています。ここでは妊娠初期に注意したいことの11項目を紹介し...

妊娠中はパートナーとの話し合いが大切です

妊娠中に、性欲がなくなってしまったという話を良く聞きますが、これは赤ちゃんへの影響を気にするあまり、セックスを敬遠してしまうという理由が大きな割合を締めています。別に妊娠中であっても、性欲があることは不思議なことではありません。

妊娠中にセックスしたくない場合はどうすれば良いの?

知識としては問題ないと分かっていても、赤ちゃんが心配で「その気になれない」という方もいることでしょう。そんなときは、無理せずに、正直にパートナーである夫に相談してみましょう。正直に悩みを話して共有することで、夫婦の絆も深まるはずです。ただ、その際も、自分の気持ちを一方的に押し付けるのではなく、相手の意見も聞き、時には妥協点を見つけることも必要になります。

セックスしたくないときは妥協点を探そう

妊娠中に、気が進まないのに、無理にセックスをする必要はありませんが、そのことをきちんと言葉にして伝えることは必要です。夫の男性としての気持ちもきちんと理解する努力をしましょう。体調が良いときにチャレンジしてみたり、環境を変えてみたり他の選択肢も考えてみては。大切なのは、お互いを思いやる心だということを忘れないでくださいね。

妊娠中のセックスで注意したいポイント

妊娠中のセックスで注意したいポイントは、もしもセックスの最中に、体の不調を感じたら、すぐに中断することです。お腹の強い張りや、気分が悪くなった時には無理をせずにすぐに中断して様子をみましょう。しばらく様子をみて治まるようならば心配はありませんが、ひどくなるようならば、迷わず病院に問い合わせてみてください。また、特に妊娠後期は早産になる危険性があるので、乳首を刺激することは避けるようにしましょう。

合わせて読みたい

妊娠中の妻にやってはいけない5つのこと
妊娠中の奥さんの奮闘は、男性にはその全てを理解することはできません。実際にお腹で赤ちゃんを育てるのは女性ですから、女性にしかわからない体調の変化や精神的な疲労などがあるものです。 今回は妊娠中の奥さんに対して、これだけはやって欲しくないということをピックアップしてみました。妊娠から出産までの道...

妊娠中におすすめはお腹を圧迫しない体位

妊娠中には、おなかを圧迫しない体位を選ぶようにしましょう。また、子宮口への直接的な刺激を避けるために浅い挿入を心がけて、なるべく短い時間で、体に負担がかからないように気をつけましょう。もしも、お腹が張ったり体調が悪くなったりしたら、すぐに中止をして様子を見てくださいね。

妊娠初期におすすめの体位【

妊娠初期にオススメの体位が、いちばんポピュラーな、仰向けの女性の上に男性が腹ばいに乗る正常位です。男性は、床に両手をついて自分の体を支える形をキープして、極力女性のお腹を圧迫しないように注意しましょう。この体位は、どうしてもお腹を圧迫しがちになってしまうため、お腹が大きくなってくる妊娠中期や後期には向きませんので、注意しましょう。

妊娠中期におすすめの体位【後背位】

妊娠中期におすすめなのが、女性が四つん這いになった状態で男性が後背から挿入する後背位です。お腹を圧迫しない体位なのがオススメのポイントです、ただし、挿入は浅めにすること。まだ安定していない妊娠初期や、お腹が大きくなってくる妊娠後期には、挿入が深くなってしまう可能性がある後背位は、避けた方が無難です。

妊娠初期、中期、後期におすすめの体位【後側位】

女性が横になったままで、男性が背後から挿入する後側位。横になったままでいられるお腹を圧迫しない楽な体位なので、妊娠初期から中期、そして後期まですべての期間にオススメできる体位です。妊娠後期の大きくなったお腹でも大丈夫。安定した体位と言えるでしょう。ただし、安定しているからといって、油断は禁物です。長い時間は母体に負担をかけてしまうので、注意を怠らないようにしてくださいね。

おわりに

妊娠中だからと言って、むやみにセックスを怖がったり敬遠したりする必要はありません。正しい知識を身に着けた上で、ぜひ夫婦の絆を深めてくださいね。赤ちゃんを授かったのに夫婦の関係がギクシャクしてしまうのは悲しすぎます。パパとママの信頼が深まることが、将来の赤ちゃんの幸せにも繋がるのですから。

ピックアップ

【男性編】妊娠中の夫婦仲を良くする5つの秘訣!
妊娠中の女性は、おなかの赤ちゃんの成長とともに、心と体にさまざまな変化が訪れます。ホルモンバランスの変化から精神的に不安定になり、感情のコントロールがうまくいかなくなることもあります。また、つわりや腰痛などがひどくなり、日常生活もままならないくらいに、ひどくなることもあります。このように、妊娠中...
妊娠後期のセックスは危険?妊娠中の正しいセックスについて
妊娠中にセックスをしたら、お腹の赤ちゃんに何か影響があるのでしょうか?特に妊娠後期はお腹がだいぶ大きくなっているため、負担がかかってしまって良くないだろうと、セックスを諦める方が多い傾向にあります。 しかし、ルールさえ守れば、妊娠中のセックスは十分に可能です。そこで今回は、妊娠中の正しいセック...
妊娠初期にお腹が張る原因・対処法・注意点
妊娠中はさまざまな体調変化が付き物です。つわりや冷え、腰痛や便秘などの症状は定期的に起きるため、妊婦さんはなかなかゆっくり身体を休めることができないかもしれません。そんな色々な症状の中でも妊娠初期に起きるのがお腹の張りです。 妊娠中にお腹が張ると「もしかして栄養バランスが悪かったのかも」と心配...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
人には聞きづらい!妊娠中のセックスについてあれこれ教えてほしい・・・
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る