「子どもまだ?」のプレッシャー。子なしハラスメントのかわし方

子どもまだ?
子どもをもたない夫婦がさらされている偏見「子なしハラスメント」が後を絶ちません。子なしハラスメントは、想像以上に多方面から被害を受けるため、精神的なストレスも大きいもの。子なし夫婦は、どんな方法でハラスメントをかわしているのでしょうか。もっと堂々と人生の選択肢に胸を張れる、子なしハラスメントの上手なかわし方をご紹介します。

子なし夫婦のハラスメント被害状況

仕事が増える
子どもをもたない・子どもがもてないといった状況には、それぞれの理由や原因が存在します。子なしハラスメントは、誰でもできるわけじゃない出産という大仕事に対して起こる、無情ないじめといっても過言ではありません。
厚生労働省の平人口動態総覧の年次推移を見ると日本は2010年から出生数は減少傾向にあります。この結果から、子なし夫婦が子どもをもたないことが最大の原因かのような意識をもつ人も多いわけです。

出生数のグラフ

実際には、十分でない子育て支援制度、経済的、身体的な不安、共働き世帯の増加などのさまざまな理由が影響しています。まずは、子なし夫婦が受けるハラスメントにはどのような被害があるのか見ていきます。

【盆正月】身内からのハラスメント

本来なら一番理解を示してほしい家族や身内でさえ、子なし夫婦にプレッシャーを容赦なく与えてきます。「早く孫が見たい」「年をとると産まなくなる」「子どもがいたら人生観が変わるよ?」などが典型的ですね。
また逆も同様に、本人たちは気にしていなくても過剰な気遣いが分かってしまうとツラいもの。家族から多少面倒くさそうな雰囲気が出ているのが分かると、家族との距離も取りたくなります。自分が悪いことをしているわけでもないのに…。

子なしならOK?職場での不平等

職場でも子育て世代に対する優遇措置には育休・産休・時短ワークなどがあり、多くの企業が取り入れるようになっています。子育てが大変なのは百も承知。でも、会社側はそのしわ寄せを新たな人材を導入することなく、さらに少なくなる職場で子なし既婚者や独身者に負担を強いるわけです。
「子どもがいないんだから」と仕事を過剰に押し付けられるのは、逆マタハラともいえます。子どもをもたない選択肢はあってはならないような風潮が、一瞬でも消える場所はありません。

子もち友達からの八つ当たり&見下し

実際に子育てを経験していなくても、本当はその苦労をしたいと思う人だっています。体験していなくても、これだけ世の中が子育て世代の声に動かされているのを見ていれば分かるのです。
「子なしは気軽でいいですね」「子なしならお金に余裕あるでしょ?」などの言葉は、相手が自分の子をもつ選択を後悔して八つ当たりしているようにも聞こえます。また、「夫婦の仲が悪いの?」などデリカシーのない言葉で見下されることも。

子もち女性と悩みを共有できない

年齢が上がってくれば、周囲は子育てで忙しい女性も増えていきます。同じ悩みを抱える者同士が集まるのは致し方ないことかもしれません。でも、話の途中で「あ、子どもがいないから分からないよね」などと決めつけをされてしまうと傷つきます。あなたとは悩みを共有できない。そんな風に周囲から徐々に疎遠になってしまう友人たちも多くなる傾向があります。気遣ってくれているのも分かるだけに、なぜか切ない気持ちになってしまうのです。

合わせて読みたい

あなたは大丈夫?「不妊様」と呼ばれてしまう三つの言動
あなたは大丈夫?「不妊様」と呼ばれてしまう三つの言動
「不妊様」という言葉をご存じですか?今、不妊治療をしているご夫婦は昔に比べて増加しています。不妊治療に頑張るあまり、周りが見えなくなって...

子なしハラスメントのかわし方

笑顔でスルー
子なしハラスメントを上手に回避するために大切なのは、相手に理解を求めることだけが道ではないということ。まずは、どんな方法があるのかご紹介します。少しでもヒントになるものがあれば実践してみてくださいね。

子なしの理由は伝えない

まず、子なしハラスメントから身を守る方法として理由を聞かれない環境を作るには、本当の理由を伝えないことです。子なしハラスメントは、本当の理由を伝えても他の対策や意識の持ち方などを持ち出してきて、必ず子どもをもつ方向へ流し価値観を問われることが多いからです。
「欲しいけどできない」とだけ伝え続ければ、周囲は勝手な妄想をして自己解決してくれます。しばらくすると話にも出さなくなってきますから、一定期間、言い続けるのがおすすめです。

たった一言で黙らせる

子なし夫婦にとってみたら、「また…」と終わりのないストレスを感じてしまうわけですから、時にはイラっとしてしまうこともあるでしょう。そんなときには、たった一言で相手の言葉を抑えこんでみて。
「いつの時代の話かな?」「その発言、本当に大丈夫ですか?」など、相手のモラルを問います。職場であまりにひどい子なしハラスメントを受けたときには、会社のハラスメント対策委員に報告することも忘れずに。快適な労働環境を明らかに妨害している可能性もあります。

笑顔でスルーする

大人ですから感情的にならずに会話をしたいですよね。でも、答えればまた違う火の粉が自分に降りかかってきてしまいます。何も答えずに笑顔だけを向けて終わりにしましょう。相手も「あ、いけないこと聞いたかな…」「触れちゃいけなかった?」と思うはずです。それでもしつこいときには、「察してくださいね、本当に」と笑顔で伝えましょう。真剣に悩んで原因を伝えても、多くの人にその気持ちを共感してもらえないことほどツラいものはありません。いい意味ではぐらかすことも大切ですよ。

近寄らない

ストレスを抱えて心療内科に通う人もいるほど、子なしハラスメントは深刻になることもあります。ストレスから抜け出す一番簡単な方法は、近寄らないことです。
例えば、自分の実家や夫の実家へ行くと必ず子なしハラスメントがあるなら、しばらく足を向けないことも検討してみましょう。周囲の意見に重度のストレスがあれば、夫婦関係にもひびが入る可能性だってあります。多様な情報が集まるSNSだって無理して続けなくてもいいでしょう。見栄や体裁のために無理な行動をしない。もっと自分に優しく、わがままでもいいのです。

合わせて読みたい

不妊かも…?と思ったら一度「不妊カウンセラー」に相談してみよう
不妊かも…?と思ったら一度「不妊カウンセラー」に相談してみよう
世界保健機関(WHO)や日本産科婦人科学会では、「子どもを望み、避妊せず夫婦生活があるにもかかわらず、1年たっても妊娠の兆しが見られない...
農機・農業資材商社で秘書・営業事務として働いてきた『自然を愛する』ライター。 各地のウォーキング大会への参加やカフェ巡りをするのが趣味。穏やか暮らしに憧れて、栃木・那須に移住したアラフォーです。 中学生年子の男女を育てるシングルマザー。栄養士・調理師の資格を持ち、趣味の料理も楽しんでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る