生理痛にはもうウンザリ…痛みを緩和する5つの方法

良ければシェアをお願いします。

落ち込む女性

生理痛の症状は、人によってさまざまです。中でも腹痛や腰痛、イライラなどといった症状が代表的で、毎月訪れる不快感をどう対処してよいのか悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、生理痛を緩和する5つの方法をご紹介します。どの方法もすぐに試すことができるため、生理痛を感じたらぜひ実践してみてください。

1. 仙骨を温める

おしり

最も即効性がある方法として、仙骨を温めることをおすすめします。仙骨とは、おしりの割れ目の少し上にある逆三角形をした骨のことです。この骨は子宮に近い場所にあるため、そこを温めることで子宮全体が温まり、生理痛を緩和できると言われています。

カイロを貼るか、湯たんぽをあてると効果的に温めることができるでしょう。痛みがひどい時は、仙骨の上とおへその下の両方にカイロを貼って子宮を挟み込むようにすると、より温め効果がアップします。ただし、カイロは必ず服の上から貼るようにし、低温やけどに注意しましょう。
また、普段から仙骨を冷やさないように意識することで、生理痛を予防することもできます。腹巻を日常的に使用するなど、腰回りを温める工夫をするとよいでしょう。

2. 体を温める食べ物や飲み物を摂る

ハーブティー

体を温めることによって生理痛を和らげる効果が期待できるため、普段から体を温める食べ物や飲み物を意識的に摂るようにしましょう。そうすることで、効果的に生理痛を予防することができます。納豆やヨーグルトなどの発酵食品や、れんこん・にんじんなどの根菜類を多く取り入れた食事がおすすめです。

今ある生理痛を緩和したい場合には、ハーブティーを飲むとよいでしょう。一口にハーブティーと言ってもさまざまな種類がありますが、その中でも鎮静作用のあるカモミールティーや、骨盤の周りの筋肉を緩める効果があるラズベリーリーフティー、体を温める作用を持つジンジャーティーが効果的に生理痛を緩和してくれます。ハーブティーの他にも、生姜湯やココア、ゴボウ茶なども体の温め効果が期待でき、痛みを和らげてくれます。

ハーブティーならこちらがおすすめ!

PMS(月経前症候群)の和らげをサポートするジンジャーレモンティー – ルナテア(Luna Thea)

通常価格4,980円 限定価格1,980円

ジンジャーレモンティーでお洒落に気軽に続けられるホットティーです♪ 体を冷やさないよう温める生姜エキスや、整理前のニキビ、肌荒れケアを考えた豊富なビタミン種類を取り入れられるのがルナテアの魅力♪

PMS(月経前症候群)の和らげをサポートするジンジャーレモンティー

合わせて読みたい

もしかして生理不順!?正しい生理周期とは
生理周期が不規則で安定しない時、もしかしたら生理不順じゃないだろうかと心配になる時がありますよね。その原因はひとつではなく、精神的なストレスや睡眠不足、栄養不足など、さまざまです。この状態があまりにも長く続いてしまうと、妊娠しにくい体になってしまう可能性もあるため、早期に改善していく必要がありま...

3. 入浴や足湯をする

足湯

入浴をして体を温めることもおすすめです。全身の血液の循環が良くなり、生理痛が和らぐと言われています。生理中で湯船に浸かりたくない場合には、足湯をするだけでもOKです。足元を温めるだけでも、体全体の血の巡りが活発になります。

また、普段注意すべきこととして、足首を冷やさないようにしましょう。足首の冷えは、体全体の冷えに繋がります。生理痛がひどいときは足首を出すような服装は控えて、冷やさないように注意するだけでも痛みの度合いが変わります。

4. 生理痛に効くツボを押す

ツボ押し

ツボを押すことは、痛みの緩和に即効性があります。生理痛に効果が期待できるツボはいくつかありますが、特に高い効果があるとされているツボが、「三陰交(さんいんこう)」です。これは内側のくるぶしから指4本分上にある、骨と筋肉の境目にあるツボです。ここを、両手の親指を重ねた状態で5秒くらい押し、5秒くらいかけて指を離すというように、ゆっくりと深く押してみましょう。10回ほど行うことで、痛みが緩和されていくようです。

このツボには生理痛はもちろん、生理不順更年期障害にも効果があるとされています。痛みがない時にも日常的にツボ押しをすることで、生理痛予防にもなるでしょう。
合わせて読みたい

「妊娠しにくい」を「しやすい」に変える!妊娠力を高めるのに必要な3つの方法
妊活を始めて数ヶ月…「なかなか授からないなぁ、もしかしたら妊娠しにくい体質なのかな…」という不安をお持ちではないですか? しかし、赤ちゃんは欲しいと思ってすぐに授かるわけではありません。まずは母親になる自分の身体を見直してみましょう。 例えば、赤ちゃんをお腹の中で育てるためには、お母...

5. 軽い運動をする

ストレッチ

全身の血行が良くなると、生理痛は自然と緩和されます。そのため、軽い運動を取り入れてみましょう。例えば、ウォーキングやストレッチなど、時間があるときに簡単にできる運動がおすすめです。また、運動をする際には、なるべく骨盤を動かすことを意識して行ってみてください。骨盤周りの血の巡りが活発になると、より高い生理痛緩和効果が期待できます。

ただし、無理して長時間運動をしたり、激しく動いたりすることは避けましょう。生理中はただでさえ体が敏感で疲れやすい状態になっているため、気分が悪くなるなど逆効果になってしまう可能性があります。あくまでも骨盤周りを温める目的で、軽い運動にとどめておきましょう。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、生理痛を緩和する5つの方法をご紹介しました。生理痛は決して我慢せず、これらの方法を実践して効果的に改善していきましょう。最も大切なことは、体を温めることです。体を冷やすような食べ物や飲み物、服装を避けるようにするだけでも、かなりの効果が期待できると言えるでしょう。

また、何をしてもあまり効果がなくつらい場合には、市販の薬を服用したり、医療機関を受診したりすることをおすすめします。何かの病気が隠れている可能性もあるため、痛みがひどい場合には自己判断をせず、医師に診てもらう方が安心です。人によって生理痛に効く方法は異なります。まずはいろいろな方法を試してみて、自分に合うものを見つけてみましょう。

ピックアップ

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
妊娠しやすい体作りのために今すぐ辞めたい5つのNG妊活
赤ちゃんが欲しいと思っていても、なかなか妊娠の兆候が見られないと、何がいけないのかと悩んでしまいがちです。まずは妊活の第一歩として、ご自身のライフスタイルの中で「妊娠しやすい体作り」の邪魔をしていることがないか、もう一度おさらいしてみましょう。生活を見直すことにより、意外と身近なところに改善...
低温期なのに妊娠する?排卵後も体温が上がらない原因とは?
妊活中の方にとって最も気になること、それは基礎体温の変化でしょう。女性の体は、生理周期に伴って、基礎体温が低い「低温期」と基礎体温が高い「高温期」を繰り返しています。一般的には排卵後に高温期に入りますが、中には高温期に入らずそのまま低温期が続くというケースもあるようです。 排卵後に体温が上がら...
28歳。A型。独身。
結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
生理痛にはもうウンザリ…痛みを緩和する5つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る