妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも

実験器具

初期の妊娠検査ではっきりと陽性を示していたのに、徐々に陰性に変わってしまったという経験をする人がまれにいるようです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。
その理由は一つではありませんが、例えば、 化学流産というものがあります。妊娠検査薬が陽性から陰性へ変化する事例として紹介したいと思いますので、参考にしてみてください。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

化学流産とは

流産と聞くと一度は命を宿し、それを失ってしまったかのような印象になってしまいがちですが、化学流産の場合は医学的にも「妊娠・流産」とは捉えられず、流産の種類の中でもっとも初期段階に起こる現象です。
この化学流産は、一言で表すと、受精に成功したが着床が続かなかったという状態を指します。

名前の由来は?

化学反応

化学流産は別名をケミカル・アボーションと呼ばれ、その前段階、受精した卵子の発育が止まる状態をケミカル・プレグナンシーといいます。通常の妊娠では、着床に成功すれば胎のうという袋が確認できますが、化学流産では発育が止まっているため、胎嚢ができないという違いがあります。

ちなみに、「化学」という言葉が使われているのは、妊娠検査で陽性反応が出る、化学反応に由来しているといわれています。

合わせて読みたい

陰性・陽性?どっち?子宮外妊娠を疑う三つの症状
陰性・陽性?どっち?子宮外妊娠を疑う三つの症状
妊娠検査薬を使って陽性反応が出れば、当然喜ぶことだと思います。しかし、世の中の妊娠者のうち、約1%ですが子宮外妊娠になってしまうケースが...

妊娠検査薬が陽性を示すケースは?

化学流産が、受精卵の着床が続かなかったという状態であるにもかかわらず、妊娠検査薬が陽性を示すのはなぜでしょうか。このパートでは、そのメカニズムを解き明かしたいと思います。

妊娠検査薬の精度が格段に高まった

妊娠検査薬

化学流産は、受精卵が一度着床している状態であるため、Hcgホルモンという妊娠時に分泌されるホルモンが一時的に増幅します。一昔前の妊娠検査薬では反応しなかったような期間(月経開始予定日直後など)でも、現代の優秀な検査薬では微量のホルモンに反応し、陽性になることがあるのです。

ただ、このケースは、ほとんどが月経開始予定日よりも前倒しで、フライング気味に検査を行ったときに見られる傾向のようです。つまり、徐々に陽性反応が薄れ、陰性に変わる理由はこの辺りにあるということですね。

ホルモン治療などをしている場合

注射

例えば、病院で不妊治療などのためにHcg注射をしている場合は、10日間ほど陽性反応が出るでしょう。これは妊娠検査薬が、尿に含まれるHcg濃度で判定を行っているため、仕方がありません。

他にも、尿の中に混じる不純物に反応するケースもあります。実際にあった例としては、糖やタンパクなどでも陽性になることが確認されています。

ただし、これらのことに心当たりがない場合は、一度は本当に着床していたということになります。

合わせて読みたい

子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子供が欲しいと望んですぐに授かる場合もあれば、なかなか子宝に恵まれないということもあります。中には、特に意識したわけではないのに授かった...
29歳。A型。独身。 結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る