おいしくて簡単♪妊活中に人気の献立6選

良ければシェアをお願いします。

妊活中の女性
妊活は、妊娠しやすい健康な体づくりをすることです。妊娠しやすい体をつくるためには心がけることがいくつかあります。その中でも食事による妊活は、今すぐにでも始めることができます。毎日続けて栄養のある食材を使ったバランスのいい食事を摂ることで妊娠への近道になります。

ここでは、妊活に活躍する食材を使った献立を紹介します。

スポンサーリンク

食事による妊娠しやすい体づくりとは

毎日の食事は、将来の自分の体をつくっていくものです。そのため、妊活においても健康な体づくりは大きな役割を持っています。

ここでは妊活の目線から、食事による健康な体をつくるために必要なことを紹介します。

毎日の食事が与える体づくりへの影響

規則正しい食生活を送ることは心の健康につながります。自律神経を整え、女性ホルモンの分泌を安定させるため、体の中から健康をつくることができます。しかし、ただやみくもに食べ続ければいいわけではありません。バランスを心がけることが大切です。妊娠しやすい体には、冷えとストレスが大敵です。これらをなくすような食事を摂りましょう。

妊活・妊娠には欠かせない!葉酸

『葉酸』は妊婦にとって、とても大切な栄養素のひとつですが、女性の体また妊娠しやすい体づくりにも欠かすことができないもののひとつです。葉酸は、子宮の粘膜を強化し率を高めることや卵子を正常化する働きがあります。また、妊娠後も赤ちゃんの先天性の障害のリスクを減らすため、女性にとっては欠かせない栄養素だと言えます。

妊娠しやすい体づくりをサポートする栄養素

妊娠しやすい体づくりに必要な栄養素は、大きく分けて5つあります。まずは、タンパク質です。タンパク質は体を形成するため、赤ちゃんにとって良い子宮づくりの基礎になります。次に、アンチエイジング効果のある亜鉛ビタミンEです。ビタミンEは、抗不妊作用があると言われており、妊娠機能を高めることにつながります。さらに鉄分を摂取することで、体の冷え防止につながり上記で紹介した葉酸を取り入れることで、妊娠機能をさらに高めることになります。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊活中の食事に摂り入れたい4つの食べ物
いつでも妊娠できるように、そして赤ちゃんを元気に育てていける体を作るために、健康的な食習慣は欠かせません。では、妊活中にはどのようなものを食べればよいのでしょうか。 今回は、妊活に役立つ4つ食材と、ご自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。 大豆 妊活中には、体を作る基本の栄養...

簡単にできる妊活レシピ!おかず編

誰でも簡単につくることができる妊活レシピです。妊活に必要なのは、バランスの良い食事です。そのためには、おかずがとても重要です。妊娠しやすい体づくりの第一歩として、ご飯をたくさん食べられるようなおかずをつくりましょう。

好きな野菜を入れるだけの蒸し野菜

料理という作業がほとんどなくできるのが蒸し野菜です。野菜の栄養素には加熱により減少してしまうものがあります。そのため、蒸すことで通常損なわれてしまう栄養素も一緒に摂取することができます。好きな野菜を切って蒸すだけなので時間がないときや寝る前でも気兼ねなく食べることができます。味付けはポン酢やごまだれなどお好みでいただけます。

小松菜とまいたけのガーリック炒め

まいたけには、グリスリンという月経不順や排卵障害を改善してくれる成分が含まれています。また、きのこ類は免疫力を高める効果があるため、健康な体づくりには必須食材です。適量のオリーブオイルにスライスしたにんにくを香りづけし、小松菜とまいたけを炒めます。お好みでビタミンB1が豊富な豚肉を加えるとさらにうま味アップです。味付けは塩コショウなので失敗はありません。

ひとり分からでもつくれる!季節鍋

野菜のうま味や栄養素を残さず食べるためには鍋が一番です。また、さまざまな種類の味があり飽きることなく食べられ、その季節の旬のものを使うことでより体にいいものを摂取できます。

味付けは、市販で販売されているもので好きな食材を入れてつくりましょう。特に、ビタミンCが豊富な冬野菜を使用することで免疫力を高めることにつながります。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠力を高める4つのおすすめ料理
現代ではストレスや運動不足、多様化した食環境などによって、本来人の体に十分備わっているはずの「妊娠できる力」が低下しがちだと言われています。そのような現代の生活環境を見直し、妊娠しやすいからだを根本的につくっていくために大切なのが毎日の食事です。 ここでは、妊娠力を高め、妊娠しやすいからだへと...

簡単にできる妊活レシピ!スープ編

妊活の大敵である冷えを改善するためには、温かいスープが効果的です。また、妊娠したあとに妊娠初期に現れるつわりで食欲が低下した時にも、スープは活躍するのでレシピを見ずつくれるようにしておくととても便利です。

豆乳でつくるほうれん草のポタージュ

ほうれん草には、妊娠に必要な栄養素が多く含まれますが、加熱することで栄養素が損なわれてしまいます。そのため、ゆでたお湯をそのままスープに使います。

作り方は、適当に切ったほうれん草を300㏄の水で茹でます。沸騰したら洋風スープの素を1つ溶かし入れ、ミキサーにかけます。豆乳200㏄を加えたら出来上がりです。お好みで、ジャガイモや玉ねぎなどを加えると野菜たっぷりになります。

野菜がたっぷり入ったミネストローネ

トマト缶1つと洋風スープの素2つと塩コショウでできるミネストローネです。トマトのリコピンなど抗酸化力が高い食材でつくることで栄養満点です。

オリーブオイルでみじん切りや角切りにした好みの野菜にトマト缶1つと洋風スープの素2つを入れ、塩コショウで味を整えれば出来上がりです。味付けが簡単なうえに自分の好みの野菜を使ってオリジナルミネストローネがつくれます。

豚肉と根菜をふんだんに使った豚汁

ビタミンB1が豊富な豚肉と体を温める効果がある根菜を使って豚汁をつくります。ポイントは、ごま油に体を温める効果があるショウガをたくさん入れることです。

ごま油にすりおろしショウガを入れ、豚肉と切った根菜を入れ炒めます。適度に火が入ったところで水を入れ、だしを加え煮込みます。具材が柔らかくなったら味噌で味付けをし、完成です。

おわりに

妊活は、妊娠しやすい体づくりをすることです。毎日の食事を見直すことで体の中から変えていきましょう。妊活は新しい命を迎えるためにママとして最初にできる準備です。

しかし、妊活は女性だけの問題ではありません。パートナーも健康な体づくりを心がけ、一緒に妊娠しやすい体をつくっていきましょう!

ピックアップ

【レシピ付き】食べ物で変わる!女性ホルモンの増やし方
女性なら誰でも一度は耳にしたことがある「女性ホルモン」。 この女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンのことを指します。女性は、これらの女性ホルモンの働きによって精神のバランスを保ち、体調をコントロールしていると言っても過言ではあ...
【レシピ付き】ルイボスティーが妊活・妊娠に良い3つの理由
妊活中の方や妊娠している方にとって、カフェインを避けなければならないというのは有名な話です。しかし、コーヒーや紅茶はもちろん、市販のお茶、コーラやココアにもカフェインは微量なりとも含まれています。 これらを避けてお水ばかり飲むのは味気ないものですし、ジュースばかりというのも体に悪そうですよね。...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき5つの食べ物
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べ物でも、赤ちゃんがおなかにいるときは食べ過ぎてはいけないものが、いろいろとあります。今回は、元気な赤ちゃんを産むために気を付けたい、妊活、妊娠中に控えるべき食べ物をご紹介します。 ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
おいしくて簡単♪妊活中に人気の献立6選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る