人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?

良ければシェアをお願いします。

手を取り合う男女

不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。

今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

人工授精とは

人工授精のイメージ

人工授精を行うメリットとは、精子を子宮内へ直接注入することで、受精の可能性を高めることです。主にAIH(配偶者間人工授精)・AID(非配偶者間人工授精)と2つの定義に分類され、精子の提供者が配偶者であるか否かで違いがあります。

人工授精が適応される条件は、男性の精子の数が少ない、排卵に性行為を行っても受精に至らない、などの不妊要因が病院で診断されることです。約90%と多くのケースが5~6回目までのトライで成功するものなので、それでも妊娠しなかった場合、人工授精では赤ちゃんができないと判断され、次のステップを模索していくことになるでしょう。

合わせて読みたい

妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...

人工授精の流れ

人工授精をする夫婦

人工授精はどのような流れで進んでいくのかについてです。夫婦間でスケジュールを合わせる必要がありますから、こちらもチェックしておきましょう。

1.排卵時期の特定(実施前)

超音波検査排卵検査薬を用いて、排卵時期を細かく特定します。また、基礎体温を付けている方は、そちらも参考にしながら予測していくことになります。この時の卵胞の成長具合を見て検査を進めるか、数日時間を置くかを病院側で判断してくれます。

2.採精(当日)

排卵検査薬で陽性反応が出たら、男性の精液を採取する段階に入ります。この採精に関しては、なるべく病院で行った方が良いでしょう。自宅採取がダメだということではありませんが、雑菌混入のリスクや適切な保管温度のことを考えた場合、より安全です。健康な精子を少しでも多く残すため、男性も病院へ同行することをおすすめします。

3.精子の洗浄濃縮(当日)

精液をそのままの状態で人工授精に使用することはありません。細かい精液検査の上、精子を濃縮し、活動が良好な精子だけを選びます。

また、精子洗浄培養液で精液内に含まれている細菌や白血球も取り除きます。これらの行程を経ることで、粘度の高かった精液もサラサラになり、より使用しやすい状態になります。

4.人工授精の実施(当日)

洗浄濃縮処理を施した精子およそ0.3~0.5mlを、細長いチューブを使って子宮内に注入します。処置自体はおよそ5分程度で終わる場合がほとんどです。痛みを伴うことも全くありません。注入後は30分ほど安静にしてから、帰宅するという流れになります。

5.排卵確認(実施後1日~2日)

後日、病院にて排卵が適切に行われたかどうか、超音波検査による確認をします。この時、着床率を高めるために黄体ホルモンの補充をするところがほとんどでしょう。補充方法は注射と飲み薬の2種類から選ぶことになりますが、子宮内膜の厚さなどに物足りなさを感じた場合は、併用することもあります。

6.妊娠判定(実施後約1週間)

月経予定日を経過しても、生理が来なければ本格的な妊娠判定に入ります。まずは、子宮内に胎嚢が確認できるかどうかを検査します。そして妊娠6週目に赤ちゃんの心拍が確認されれば、見事妊娠成立です。

合わせて読みたい

【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因があ...

人工授精の費用

治療費

人工授精は保険が適用されない自由診療扱いとなります。ゆえに、費用は平均で1回につき15,000円~20,000円ほどです。もちろん、病院によって多少の違いは出てきますので、事前に受診する病院のHPをチェックしておいてください。

人工授精は、1回あたりの成功率が10%未満と言われているため、何度かトライする可能性の方が高いです。いざ治療を開始するとなれば、ある程度の費用が必要になることを念頭に置いておきましょう。

ちなみに、人工授精を4~5周期繰り返した場合の妊娠確率は20%ほどにまで上昇します。1回でダメなのは当たり前だと思って、辛抱強く向き合っていくことが大切です。

費用の内訳例

  • 超音波エコー検査:約2,000円
  • 人工授精費用:約15,000円
  • 黄体ホルモン補充(デュファストン):約200円
  • Hcg注射:約400円

おわりに

不妊治療は、女性だけでなく男性も積極的に関わることで、妊娠率を上げることが可能です。まずはパートナーとの相互理解を深め、足並みを揃えて妊活に取り組んでいきましょう。

また、国や地方自治体も特定治療支援事業として、不妊治療の助成制度を設けていますから、高額な治療費も負担がかなり軽減されます。是非利用を検討してみてください。

ピックアップ

子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子供が欲しいと望んですぐに授かる場合もあれば、中々子宝に恵まれないということもあります。中には、特に意識したわけではないのに授かったという幸運な方々も世の中にはたくさんいるでしょう。残念ながら、それぞれの家庭によってそのような差は生じてしまうものですよね。 しかし、妊娠の確率を高める努力は、誰...
【調査】妊活中に不妊治療をした人と、していない人の割合を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊活をはじめたとき、誰しもができれば自然妊娠したいと願うとは思いますが、中々うまく妊娠を望めない方もいらっしゃいます。その実態について、今回は、妊娠・出産をされた女性100人の方の中で、不妊治療をされた方がどのぐらいの割合でいらっしゃる...
検査前に知りたい!不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活を始めて1年近く経つと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年間妊娠しない場合を「不妊症」であると定義していましたが、2015年8月に「1年」に見直す案を発表しました。このことで、不妊という言葉はちらついては居るものの、「ま...
29歳。A型。既婚。
2014年に入籍、現在は共働きの妻と共に妊活中。夫婦で一緒に取り組む「妊活」を広めるため、男性に知っておいてほしい妊活をはじめとした妊娠・出産に関する記事の執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る