妊活にイソフラボンは効果的?!子宮環境を整えてくれるのは本当?

良ければシェアをお願いします。

豆乳を飲む女性

イソフラボン」という名称は、多くの人が耳にしたことのあるものなのではないでしょうか。特に女性にとってはなじみ深いものでしょう。このイソフラボンが、「妊活によい影響をもたらすのではないか?」と考える向きもあります。それは本当に正しいのか、正しいとすればどのような理論でどんな効果があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

イソフラボンが効果がある、とする説について

イソフラボンの効果に賛成

「妊娠を手助けするためにイソフラボンが有効だ」と考える専門家も多いと言えます。それにはきちんとした理由があります。子どもを授かるためには、エストロゲンという女性ホルモンが必要です。イソフラボンは、このエストロゲンを調整して、分泌を手助けする効果があると考えられています。

イソフラボンのなかでも、味噌によく含まれている「アグリコン型イソフラボン」と呼ばれるものが、この説のキーとなっています。このアグリコン型イソフラボンは、エストロゲンの量が多いときはそれをセーブし、エストロゲンの量が少ないときは逆にそれを補うという働きを持っています。このため、エストロゲンの過剰分泌を抑えることも、過少分泌をフォローすることもできる一石二鳥の成分として知られるようになりました。

アグリコン型のイソフラボンを摂取していた人は、そうでない人に比べて、1.6倍の率になったと言われています。これには1年以上という比較的長い時間の摂取が必要ですが、これをもって、「効果はある」と見る向きもあります。

アグリコン型のイソフラボンを摂取していた人は、そうでない人に比べて、1.6倍の受精率になったと言われています。これには1年以上という比較的長い時間の摂取が必要ですが、これをもって、「効果はある」と見る向きもあります。

合わせて読みたい

【レシピ付き】味噌は妊活に効果的!?味噌を使ったおすすめレシピ5選
日頃の食事に味噌を取りいれていますか?最近の日本人の食事は洋食化が進み、和食の良さを見直す時代でもあります。日本特有の文化でもある味噌を使ったレシピは味噌に秘められたパワーを体の中に取りいれることができます。もちろん妊活中の方にもとってもおすすめの食材です。味噌を使った料理を食卓に一品取り入...

いいことばかりじゃない?!反対意見もある

イソフラボンの効果に反対

一方で、「イソフラボンが妊活を助ける」という意見に対して非を唱える声もあります。サプリメントとしてよく取り入れられる大豆イソフラボンは、たしかにエストロゲンに似た働きを発揮するものの、その力はエストロゲン本体と比べると非常に弱いと言えます。そのため、「更年期障害を改善することはできるが、そのものをサポートする力はないのではないか」と考える向きもあります。また逆に、大豆イソフラボンを摂りすぎることで、子宮筋腫が悪化する可能性も示唆されています

大豆イソフラボンの摂りすぎによる弊害もある

豆乳を飲む

この問題をややこしくしているのは、「イソフラボンは、摂っても害になるものではないのだから、とりあえず摂取しておこう」という考えができない、という点にあります。

イソフラボンは体によいものだとしてよく知られていますが、過剰摂取による弊害も示唆されています。イソフラボンを過剰に摂取することによって、「もうたくさんエストロゲンがあるから、自分で分泌しなくてもいいや」と体が考えてしまい、分泌量が減ってしまう可能性もあります。

また、国の見解でも、「妊婦さんや子どもが、いったいどれくらいの量のイソフラボンを摂取してもよいのか、ということの明確な基準は出せていない」としています。「これくらいの量をとれば、胎児に影響はない」と言い切ることすらできていないのです。

もっとも、日本人は長くイソフラボンを摂取する生活を続けてきました。そのため、日常の食生活において摂取する程度のイソフラボンの量ならば問題はないとされています。つまり、しょうゆや味噌、納豆や豆腐といったものを食べているからといって、イソフラボンの過剰摂取を心配することはないのです。

合わせて読みたい

妊活力アップ!妊活に効果的な漢方薬6選!
妊活に漢方薬が有効的であるということをご存知ですか?体質改善を目的としている東洋医学の漢方は、妊娠するための体づくりをサポートしてくれます。また西洋医学では不妊原因が不明の場合でも、漢方では対処が可能なため妊活において心強い味方なのです。それでは妊活に効果的とされている漢方を下記に紹介してい...

賛否両論があるからこそ……鵜呑みにしないで必ず病院へ!

診察

このように、イソフラボンには「妊活をスムーズに進める手助けをしてくれる」という見方と、「さほど効果が見込めない」とする説と、「過剰摂取が害になることもある」という考え方があります。

このどれもが理論だっているものですから、どれかだけが正しいと言い切ることはできません。どれかの意見をいたずらにうのみにするのではなく、必ず病院に行って相談をしてください。特に、「日常の食材から摂取する以上のイソフラボンを、サプリメントからとるつもりだ」と考えている人は、必ず主治医に相談するようにしてください。妊活をよりよく進めようと飲み始めたイソフラボンのサプリメントが、逆に「妊娠しにくい環境」にあなたの体を追いやっているとも限りません。

イソフラボンに限ったことではありませんが、栄養素のなかにはプラスの面とマイナスの面の両方を持っているものがとても多いと言えます。独断は避けて、信頼できる情報を集めましょう。

ピックアップ

生理不順には漢方が効く?周期改善に効果的な理由
望んでいてもなかなか妊娠に至らない場合、その原因はいくつか考えられますが、生理不順もその原因の1つとされています。 卵巣や子宮機能の低下によって正常に排卵ができず、それが原因で生理の周期が短すぎたり長すぎたりといった生理不順が引き起こされると言われています。正常な排卵がされない状態が続くとます...
不眠症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
現在の日本で、成人の5人に1人の割合で眠りに対するトラブルを抱えているといわれています。だれにでも起こりうる病気ととらえていいでしょう。さらに、不眠症は睡眠が卵子や精子に大きな影響を与えているということがすでに研究からわかっています。ということは、不眠症がそのまま不妊に繋がるということ。そこで不...
妊娠前にしておきたい検査!5つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健康診断をしておくことも同じくらい大切です。 卵巣は卵子を生産し、子宮は赤ちゃんを育てる大切な器官です。きちんと検査して、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているこ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊活にイソフラボンは効果的?!子宮環境を整えてくれるのは本当?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る