多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

スポンサーリンク

多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という病名を耳にしたことはありますか。近年、婦人科系疾患の中でも特に患者数が急増しており、日常生活に支障をきたす場合もある疾患です。早速症状や原因、治療方法などについてチェックしていきましょう。

多嚢胞性卵巣症候群について

黄体ホルモン

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に卵胞(卵子の入った袋)がいくつもでき、排卵障害を引き起こす病態のことです。英語ではPolycystic ovary syndrome、略してPCOS(ピーコス)ともよばれます。

卵巣には卵細胞がたくさんありますが、一般的には、月にたった一つずつが成熟し、その卵子が排卵されます。卵細胞は卵胞に包まれており、成熟する過程でこの袋が大きくなっていき、大体2㎝になると破裂して排卵が起こります。

多嚢胞性卵巣症候群の場合は、この袋が卵巣の中にたくさんできて、そこそこ大きくはなるものの、破裂して排卵されるまでには至らないために、卵巣の中に未熟な卵が残ってしまうのだといわれています。

ただ、<病気というより病態(病的な状態)と捉えるほうが的確ともいえ、卵巣が多嚢胞性卵巣であるだけでは多嚢胞性卵巣症候群とは診断されません。

合わせて読みたい

病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広くしられていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合っ...

多嚢胞性卵巣症候群の症状

多嚢胞性卵巣症候群の場合、卵巣自体に痛みを生じたり、不快感があったりするということはありません。主な自覚症状として以下のものが挙げられます。

  1. 排卵が起こりにくいことによる月経不順・無月経・無排卵月経
  2. 卵胞に含まれる男性ホルモンが血中で増加することによる多毛、にきび、低音声などの男性的特徴
  3. 肥満
  4. 黄体ホルモンの分泌異常による月経過多・不正出血
  5. 排卵障害による不妊

これらの症状は別の病気でも生じることが多いのが特徴です。生理不順は多嚢胞性卵巣症候群の他に子宮疾患や他の卵巣疾患の可能性もありますし、にきび・多毛・肥満といった症状には個人差があります。

多嚢胞性卵巣症候群であっても多毛や肥満等の症状がなく、自覚症状としては月経不順程度しか感じない人もいます。自覚症状だけでは確定できない病ですので、月経不順等がある場合は病院等での検査が必要です。

多嚢胞性卵巣症候群の診断基準

ホルモン負荷試験

血液中のホルモン検査やホルモン負荷試験、卵巣の超音波検査で診断します。 ホルモン検査では、LHがFSHより多い(正常のときはFSHのほうが多い)という特徴があります。テストステロン(男性ホルモン)値もしばしば増加しています。 超音波検査では卵巣に普通より多い数の卵胞が見えます。

腹腔(ふくくう)鏡下手術で卵巣のごく一部をとって顕微鏡検査をすることもあります。そして日本の診断基準では、以下の3項目をすべて満たす場合に、多嚢胞性症候群と診断されます。

  • 無月経(薬を用いないと生理がこない)
  • 月経周期が39日~3カ月の、稀発月経
  • 排卵を伴わない無排卵月経(無排卵周期症)

上記いずれかの月経異常がなければ、多嚢胞性卵巣症候群とは診断されません。

合わせて読みたい

生理前と妊娠超初期の三つの症状の違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、特に妊娠...

多嚢胞性卵巣症候群になる原因

卵胞刺激ホルモン

はっきりした原因はわかっていないのが現状で、いくつかの要因が考えられています。体質や生活環境など、個人によっても異なるといわれています。今のところ、内分泌異常と糖代謝の異常だとする説が有力です。

●内分泌異常

脳下垂体からの指令により卵胞の発育を促進するLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)というホルモンが分泌されますが、LHの分泌が増えてFSHとの分泌バランスが乱れ卵胞がうまく発育できなくなることで、排卵が起きにくくなると考えられています。

●糖代謝異常

すい臓から分泌されるインスリンの量が増加することで男性ホルモンの量が増加し、月経不順などの症状を引き起こすと考えられています。

多嚢胞性卵巣症候群の治療法は?

無月経

多嚢胞性卵巣症候群の根本的な治療法はまだ見つかっていないため、対症療法となります。まずは不妊につながる排卵の問題に対処するために、クロミフェンという排卵誘発剤を投与して排卵を促す治療が行われます。クロミフェンは非常にゆるい効果を発揮するタイプの排卵誘発剤で、副作用は比較的軽い反面、効果が出るまで時間がかかる場合があります。

次にクロミフェンを使っても排卵が起こらない場合は、hMG-hCG療法という注射療法が行われます。この治療法はクロミフェンよりも排卵誘発効果は高いのですが、人によっては誘発効果が高すぎて卵巣が腫れたり、お腹に水がたまったりする「卵巣過剰刺激症候群」を引き起こすリスクがあります。

他にも、腹腔(ふくくう)鏡下手術で卵巣の表面に小さな穴をあけて排卵を促す方法や、現時点で妊娠を希望しない場合はカウフマン療法とよばれるホルモン療法、まずは月経を周期的に起こすために低用量ピルなどのホルモン剤を使う療法など、治療方針や体質などに合わせた治療法をとります。

合わせて読みたい

妊娠の兆候はいつから?妊娠超初期症状の17の特徴をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になること...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る