妊娠の可能性を高める!?妊活に鍼灸を利用するのはアリ?

良ければシェアをお願いします。

鍼灸

妊娠の可能性を高める方法として注目されているのが、日本でも古くからの歴史がある東洋医学の「鍼灸」です。肩こりや腰痛などの治療方法とのイメージが強い「鍼灸」ですが、本当に妊娠の可能性を高めるのでしょうか?今回は、妊活中におさえてきたい「鍼灸」についての情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

「鍼灸」ってどんな治療方法なの?

古代中国を起源とする「鍼灸」は、日本でも1,200年ほどの長い歴史があり、独自の発展を遂げてきました。では「鍼灸」とは、どんな治療方法なのでしょうか?日本での歴史や「鍼灸」で得られる効果などを見ていきましょう。

日本での「鍼灸」の歴史は1,200年

日本での「鍼灸」治療の歴史は、約1,200年と言われています。特に江戸時代に発明された鍼管と盲人政策のおかげで、日本ならではの独特の鍼灸治療方法が確立されました。世界の鍼灸が「見てツボを探す治療方法」なのに対して、日本の鍼灸が「触ってツボを探す治療方法」になったゆえんが、この江戸時代の盲人政策にあったのです。

「鍼灸」で得られる効果はどんなものがあるの?

「鍼灸」で得られる効果には、血行促進効果、自律神経を整え、更にホルモンのバランスを整える効果、リラックス効果などがあります。血行が促進されれば、妊活には大敵の、お腹や腰の冷えを改善できますし、自律神経が整うことによりも良くなります。ホルモンバランスを整えることは、子宮や卵巣の状態をより良い状態にすることにも繋がります。

妊活に鍼灸を利用するのはアリ?

妊活中に心がけたいのは、ホルモンバランスを整え、血行を良くして体を冷やさないことです。また、ストレスによりホルモンバランスを崩すことが分かっていますので、ストレスをため込まないことも大切です。「鍼灸」には、血行促進効果やホルモンバランスを整える効果、そしてリラックス効果があり、これらの効果は、妊活に有効だと言えるでしょう。

合わせて読みたい

妊活にイソフラボンは効果的?!子宮環境を整えてくれるのは本当?
「イソフラボン」という名称は、多くの人が耳にしたことのあるものなのではないでしょうか。特に女性にとってはなじみ深いものでしょう。このイソフラボンが、「妊活によい影響をもたらすのではないか?」と考える向きもあります。それは本当に正しいのか、正しいとすればどのような理論でどんな効果があるのかを見...

鍼灸治療の実際の流れと治療期間

鍼灸の持つ効果を踏まえたうえで、妊活に鍼灸を利用してみようと考えた場合、実際に、鍼灸治療がどのような流れで行われるのか気になりますよね。治療にどのくらいの期間がかかるのか、治療費はいくらぐらいかかるのかなどを見ていきましょう。

まずはカウンセリングで体の状態をチェック

鍼灸治療には、国家資格の「はり師」「きゆう師」の免許が必要です。ですから、鍼灸治療はこれらの資格を有する鍼灸治療院で行うことになります。治療院によって詳細は異なりますが、多くの場合は最初に、診察やカウンセリングをして、体がどんな状態なのかをチェックすることからはじまります。その後、体の状態にあったツボに、鍼灸治療を施していくことになります。

週1で3ヵ月から半年が治療期間の目安

鍼灸治療期間の目安は、週1日の通院で、3カ月から半年間ほど。治療を続けながら、体の変化や状態をみて治療方法を変えていくこともあります。鍼灸治療は鍼や灸でツボを刺激して、少しずつ体の状態を整えていく治療方法なので、一度や二度ですぐに効果が見えるものではありません。焦らずに、リラックスしに行くつもりで、気長に取りくんでみると良いでしょう。

鍼灸の治療の費用はどれくらいかかるの?

鍼灸治療院によって治療にかかる費用はまちまちです。初診料が1,000円のところもあれば、3,000円のところも。施術料は、1回5,000円位からがポピュラーのようですが、やはり治療院によって差がありますので、事前に電話等で問い合わせておくと安心です。週1日で通ってトータル治療期間が半年間とすると、合計施術回数が24回。1回の施術料が5,000円でも総額120,000円かかる計算になります。

合わせて読みたい

妊娠前にしておきたい検査!5つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健康診断をしておくことも同じくらい大切です。 卵巣は卵子を生産し、子宮は赤ちゃんを育てる大切な器官です。きちんと検査して、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているこ...

妊活に鍼灸を利用する際の注意ポイント

それでは、実際に妊活に鍼灸を利用する際には、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?「不妊治療を受けている場合は確認を取る」、「不妊治療を専門にしている鍼灸治療院を選ぶ」、「鍼灸治療には時間がかかる」の、3つの点にスポットをあててみていきましょう。

不妊治療を受けている場合は担当医師に確認を取る

通常、治療前のカウンセリング等で聞かれると思いますが、すでにほかの病院や産婦人科で不妊治療をされている場合は、事前に担当医師に鍼灸治療を受けても良いかの確認を取るようにしましょう。体の状態によってはNGの場合もありえます。また、鍼灸師にも、すでに病院で不妊治療を受けていることを報告するようにしましょう。

不妊治療を専門にしている鍼灸院を選びましょう

ひと口に鍼灸治療院といっても、得意とする分野は様々です。特に妊活に関わる婦人系の治療は、専門的な知識が必要とされるため、どこの鍼灸治療院でもできるわけではありません。事前に十分リサーチして、妊活に適しているのか、信頼できる治療院なのかなどを確認するようにしましょう。大切な自分の体を預けることになるのですから、ここは念入りに下調べしてくださいね。

鍼灸治療には時間がかかることを忘れずに

鍼灸治療は、鍼や灸によりツボを刺激して、体の中のバランスを整える治療方法です。ツボを刺激したからといって、すぐに効果がでるものではありません。人間は、目に見える変化がないと焦ってしまいがちですが、鍼灸治療には時間がかかることを忘れずにいましょう。焦らずのんびりとリラックス。これが妊活に鍼灸を利用する際の、心構えのポイントです。

おわりに

体の中のホルモンバランスを整え、血行促進で体を温めてくれる鍼灸は、妊娠の可能性を高め「妊娠しやすい体」を作る効果が期待できる治療方法と言えます。自然な妊娠をするためのひとつの選択肢として、検討してみるのも良いのではないでしょうか。

ピックアップ

子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子供が欲しいと望んですぐに授かる場合もあれば、中々子宝に恵まれないということもあります。中には、特に意識したわけではないのに授かったという幸運な方々も世の中にはたくさんいるでしょう。残念ながら、それぞれの家庭によってそのような差は生じてしまうものですよね。 しかし、妊娠の確率を高める努力は、誰...
【調査】妊活の期間って平均どのくらい?
■ たまGoo!編集部が聞く! たまGoo!編集部にて出産経験のある女性100人にアンケートをとってみました。早速見ていきましょう。 妊活は、どのくらいの期間続けましたか? ■ 調査結果 1位 半年・・・31% 2位 1年・・・19% 3位 3ヶ月・・・15% 4位 2...
【調査】妊活って、みんな何するの?妊活ですること
■ たまGoo!編集部が聞く! 「そろそろ我が家も子供をつくりたい。まず何から始めようか?」 子供は授かりもの。欲しい時にはなかなかできないこともあります。でも、ただ闇雲に時間が過ぎてしまっても困る・・・。世の中の先輩たちは子作り(妊活)を本格的にスタートするときは何をしてきたのか。...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠の可能性を高める!?妊活に鍼灸を利用するのはアリ?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る