授かりやすい体を手に入れる!妊活中におすすめの運動法3選

良ければシェアをお願いします。

運動をする女性

妊活といってもいろいろ方法がありますね。軽い運動なら自分でもすぐに始められます。体を動かすと体は温まり、ホルモンの分泌を正常化し、妊活にとって厳禁である冷え対策もバッチリです。

運動で体を温め、子宮を温めることでしやすくなるのです。自分に合った運動を何か見つけて積極的に運動をしましょう。今回は無理なく始められる妊活中におすすめの運動法を紹介します。

スポンサーリンク

運動の基本、ウォーキングをしよう!

誰にでも好きな時間に好きな場所で簡単に始められるのがウォーキングです。1日20分から30分くらいでいいとされています。時間を見つけてはじめてみませんか?

有酸素運動を意識して歩きましょう

有酸素運動は、老化を防いでくれます。赤筋という筋肉を活性化させて体を鍛えると、体内でミトコンドリアが活性化し卵子や生殖細胞の老化を防ぐということになるのです。ウォーキングで有酸素運動をするには、だらだらと歩くのではなく少し早めに大きな歩幅で汗ばむくらいになるよう呼吸をしっかり意識して歩きましょう。

第2の心臓、ふくらはぎを動かして血流対策

足は第2の心臓と言われており、特にふくらはぎのことを指しています。心臓から送られる血液ですが、足は心臓から遠いので血液がきちんと循環できないことがあります。

ウォーキングをすることでふくらはぎの筋肉が鍛えられ、血液を心臓に運ぶポンプの役目をきちんと果たしてくれるようになります。血液がきちんと循環できると妊活の大敵である冷えの解消につながるのです。

妊活のためのウォーキングの注意点

通勤中にウォーキングを取り入れようと考える方も多いのではないでしょうか?パンプスなどでは足を締め付けて逆に良くない効果がでてしまうこともあります。必ず歩きやすい運動靴やウォーキングシューズを選びましょう。

例え面倒でも履き替える等の対策を必ずしてくださいね。また、水分補給時は、体を冷やしてしまうため、冷たい飲み物は厳禁です。

合わせて読みたい

妊娠したい女性が摂取すべき3大栄養素
妊娠を望む人は、まずは自分の体を整えて、労わってあげることが大切です。そのためには、食事にも目を向けなければいけません。食事というのは、私たちの健康と体を構成するもっとも基本的なものだからです。何でも好き嫌いせずにしっかり食べ、過度なダイエットを慎み、必要な栄養素を過不足なくとっていくことが重要...

ヨガなら妊活中も妊娠してからも役に立つ

マタニティーヨガという言葉は聞いたことがあるかと思いますが、妊活中もヨガは妊娠しやすい体つくりには向いています。教室に通えるとなおよいのですが、自宅でもできるようなポーズを紹介します。

ヨガでホルモンのバランスを整えよう

ホルモンバランスを整えることは妊活にとって重要なポイントの一つです。ホルモンバランスが乱れていると、骨盤周辺の血流が悪くなり不妊につながってしまうことがあります。骨盤周辺の筋肉をほぐして血流を良くしていく、体内の臓器を自然と正しい位置に戻していくなど、ヨガの効果はたくさんあります。自宅で一人でも行えるので挑戦してみましょう。

弓のポーズで子宮や卵巣を刺激して機能を高める

  1. うつ伏せになって息を吐きながら膝を曲げ、右左それぞれの手でそれぞれの足首を持ちます。
  2. 目線を天井へうつし息を吸いながら手足を持ち上げ、体と太ももを持ち上げお腹で支えて弓のような体制にそらします。
  3. そのままお腹を膨らませたりへこませたりして複式呼吸で10秒から30秒キープします。
  4. 息を吐きながらゆっくりもとにもどします。

猫のポーズは逆子対策としても有名、子宮を温めよう

  1. 床に垂直になるように、四つんばいになります。
  2. 息を吐きながら、猫が威嚇する時のような感じで背中を天井へ突き出すように丸めます。
  3. お腹をへこませて目線はお腹にして約15秒から30秒、呼吸をしながら保ちます。
  4. 目線は天井に息を吸いながら丸めた背中をそらせていきます。
  5. この要領で背中を丸めたりそらしたりを繰り返します。

合わせて読みたい

妊活力アップ!妊活に効果的な漢方薬6選!
妊活に漢方薬が有効的であるということをご存知ですか?体質改善を目的としている東洋医学の漢方は、妊娠するための体づくりをサポートしてくれます。また西洋医学では不妊原因が不明の場合でも、漢方では対処が可能なため妊活において心強い味方なのです。それでは妊活に効果的とされている漢方を下記に紹介してい...

簡単! 踏み台昇降なら自宅で手軽にできる

ウォーキングは外に出て行くのが嫌、日焼けが気になる。ヨガはひとりでは続かないという方は、踏み台昇降はいかがでしょうか?台を上ったり降りたりするだけで有酸素運動もできますし、ふくらはぎの筋肉も鍛えられます。

踏み台昇降に必要なものは手作り踏み台でも可?

階段があればいいのですが、なければ踏み台を用意する必要があります。踏み台昇降用のステップは2000円位からの値段で販売されており専用のものだけあって使用感はバツグンです。

もし、身近なもので間に合わせたいという方は雑誌などをガムテープで巻くというような方法もありますが、ずれてくるなどの不具合もあるので、滑り止めシートを使う等の工夫が必要です。

テレビでも紹介されたスローステップ運動

スローステップ運動ということで踏み台昇降はテレビでも紹介されたことがありますが、簡単なやり方をご紹介します。

やり方は至ってシンプル。50cmほどの踏み台を用意し、右、左の順で上がり、右、左の順で降りる、次に左、右の順で上がり、左、右の順で降りる、この繰り返しです。立つ時はきちんと足を伸ばして立ってください。ご自分のペースで10分位続けてみましょう。

踏み台昇降の効果はウォーキング並み

たかが踏み台昇降といっても効果は絶大です。ウォーキングに負けない程の第2の心臓のふくらはぎへの効果がでてきます。筋肉が鍛えられ血流がよくなり全身が温まるので妊活には最高なのです。

問題は、ウォーキングのように景色が変わらないことです。単調なので退屈になってきたら音楽をかけるとかテレビを見ながらするとか工夫をしてみてください。良い点は、室内なのでどんな天気でも関係なく行えることですね。

おわりに

以上3点の運動を紹介しましたが、妊活には適度な運動が必要です。じっと安静にしていてもプレッシャーでストレスが溜まってきます。自分に合った運動法を見つけて、授かりやすい体作りに励みましょう。

ピックアップ

お家でできる!妊娠しやすい体になるためのマッサージ方法を大公開!
妊活中のみなさんは、今妊娠しやすい体に向けていろいろ努力されている最中だと思います。妊娠しやすい体づくりの一つにマッサージがあります。マッサージは血液循環を良くし、体を温めます。むくみを放置しておけば、悪い老廃物も滞ってしまいますよね。一日数分ちょっとマッサージをする時間をつくるだけで、リラ...
二人目妊娠のベストタイミングはいつ?
一人目の赤ちゃんが生まれて落ち着いてくる頃に、二人目をどうするか話し合うご夫婦が多いようです。また、今まさに妊活中という方も、ご自身の年齢を考慮して、一人目を産む時期・二人目を産む時期を計画していることでしょう。もちろん、計画通りに行くとは限りませんが、育児や経済的負担を考え、なるべくベスト...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/krachaidam-king/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
授かりやすい体を手に入れる!妊活中におすすめの運動法3選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る