保険適用外?不妊治療で保険がきくのかきかないのか

助け合う夫婦
一般的に、不妊治療には長い期間と多くの費用がかかるといわれています。その費用は人にもよりますが、体外受精にまでいくと100万円を超えることもあります。ここで気になるのが、不妊治療に健康保険が適用されるかどうかということ。健康保険が適用されれば、費用が抑えられるかもしれません。ここでは、不妊治療にはどのようなものがあるのか。またそれには保険がきくのかどうかについて詳しく解説します。

まずは不妊治療の内容を確認しよう

診察を受ける夫婦
不妊治療に保険がきくかどうかを確認するためには、まず、不妊治療にどのようなものがあるか、その内容を確認する必要があります。不妊治療には大きく分けて、一般不妊治療と高度生殖医療の二つがあります。それぞれの内容を見ていきましょう。

一般不妊治療は、タイミング療法と人工授精

妊娠治療はまずは検査から始まります。不妊検査とは不妊の原因を知る検査で、血液検査や超音波検査、粘液の検査やフーナーテストなどさまざまなものがあります。不妊検査で不妊の原因を特定しながら、治療をおこなっていきます。
不妊検査と同時におこなうのが、タイミング療法です。タイミング療法とは、卵胞径の計測、尿中LH検査などをおこなうことで、より正確な排卵日を予測し、医師により妊娠のタイミングのアドバイスを受けます。
タイミング療法で子供を授からない場合は、人工授精に移ります。

人工授精は、検査などをおこなうことで、予測したより正確な排卵日に、精子を子宮内に注入し受精の確率を上げるというものです。一般不妊治療は、初期検査→タイミング治療→人工授精という流れで進んでいくことが多いですが、検査の結果等でタイミング治療ではなく、人工授精から始める場合もあります。

高度生殖医療は、体外受精や顕微授精など

一般不妊治療で子供を授からない場合は、高度生殖医療を受けることになります。体外受精とは、女性の卵巣から卵を取り出し、体外で精子と受精させることをいいます。無事に受精し、それが良好なものであれば、子宮に戻し着床させます。
顕微授精とは、体外受精において、顕微鏡で精子の状態を確認。形態が正常で良好な精子を女性の卵巣から取り出した卵と受精させる方法です。高度生殖医療では、肉体的、精神的な負担に加えて、高度な医療が要求されるとともに、一般不妊治療よりも多くの薬を使うことがあるなど、金銭面の負担も大きいものになります。

合わせて読みたい

【保存版】不妊治療について原因から治療法まで気になるあれこれ全部まとめました
【保存版】不妊治療について原因から治療法まで気になるあれこれ全部まとめました
不妊治療とは何かしらの原因で妊娠しにくいカップルが専門機関で妊娠に至らない原因を調査し、それを取り除き、妊娠に向けた治療を行うこ...

不妊治療で、保険がきくものときかないもの

お財布と診察券
今までは、不妊治療について見てきました。実は、不妊治療には健康保険が適用される治療と適用されない治療があります。ここからは、それぞれの治療に健康保険が適用されるのかどうか、またそれぞれどれぐらいの費用がかかるのかを確認していきましょう。

健康保険が適用される不妊治療とは

健康保険が適用される不妊治療とは、簡単にいうと病気に対する検査や治療であることです。病気に対する検査や治療とみなされる行為には健康保険が適用され、病気に対する検査や治療とみなされない行為には健康保険は適用されません。それぞれの治療のなかで、健康保険が適用されるものとされないものがありますが、おおむね初期検査からタイミング治療までは病気に対する検査や治療とみなされ、健康保険が適用されます。

初期検査では、血液検査や超音波検査、粘液の検査やフーナーテストなど、その人に合ったさまざまな検査がおこなわれますが、通常、健康保険が適用され、各検査数千円程度です。医療機関などにもよりますが、不妊検査トータルで通常2万円まで。多くても4万円ぐらいまでです。またタイミング治療も原則、健康保険が適用され、各医療機関で違いがありますが1周期あたり数千円程度から2万円程度となっています。
※それぞれ一部健康保険適用外の検査もあります。

健康保険が適用されない不妊治療とは

健康保険が適用されない不妊治療とは、人工授精と高度生殖医療です。人工授精と高度生殖医療は、病気に対する検査や治療とみなされず、健康保険が適用されないために費用が高額になります。各医療機関やその人の状態で違いがありますが、人工授精では1万円から5万円程度(排卵誘発剤の使用頻度などによって異なる)かかります。
また、高度生殖医療も健康保険は適用されません。高度生殖医療には、体外受精や顕微授精など多くの治療の種類やオプションがあり、人によって薬の使い方がさまざまであるため、金額には大きな幅があり、1周期で20万円~80万円程度、場合によってはそれ以上かかることもあります。

合わせて読みたい

【政府制度】不妊治療と仕事の両立を支援する制度ができる!
【政府制度】不妊治療と仕事の両立を支援する制度ができる!
2016年10月に不妊治療と仕事の両立を支援する制度を2017年から着手すると政府より発表されました。この新制度が施行されることにより、不妊...
年齢は40代前半。家族構成は夫、娘(8歳)です。企業取材中心のお堅い記事ばかり書いていたライター歴19年の母です。子どもが生まれたのを機に、教育や家計などの記事も書くようになりました。資格保持は中学社会1種・高校地理歴史1種教員免許です。子育てポリシーは「子どもは親が知らない未来を生きる」

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
保険適用外?不妊治療で保険がきくのかきかないのか
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る