良ければシェアをお願いします。

不眠症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

不眠の女性

現在の日本で、成人の5人に1人の割合で眠りに対するトラブルを抱えているといわれています。だれにでも起こりうる病気ととらえていいでしょう。さらに、不眠症は睡眠が卵子精子に大きな影響を与えているということがすでに研究からわかっています。ということは、不眠症がそのまま不妊に繋がるということ。そこで不眠症についてくわしく解説するとともに、対策をご紹介します。

スポンサーリンク

不眠症について

お眠りする女性

不眠症とは必要な眠りがとれない、入眠や眠り続けることができない睡眠障害の一種です。「寝つけない」「夜中によく目が覚めてしまう」など、症状によって昼間に眠くなったり、集中力が欠如してしまったりという状態が続きます。では、なぜ不眠症によって不妊になるかというと、これには2つのホルモンが大きく影響しています。ひとつは、「成長ホルモン」です。成長ホルモンが必要なのは子供のときだけと思われがちですが、これは大人になっても必要ですし、妊娠のためにはしっかり分泌していなければなりません。

なぜなら成長ホルモンが分泌されることで、他のホルモンにも影響を与えて働きを調整してくれる、ということが研究からわかっているからです。他のホルモンの中には、妊娠に大きな影響を与える「卵胞刺激ホルモン」「黄体刺激ホルモン」という妊娠に関わる2つのホルモンも入っています。成長ホルモンは寝ている間に分泌が高まるもの。不眠症によって成長ホルモンが分泌されなければ、当然妊娠のためのホルモンもうまく分泌されません。

さらに、成長ホルモンが分泌されないことで、疲労回復や体の修繕もうまくいかないため、不眠症が悪化してますます妊娠しにくくなってしまうのです。そして、もうひとつ不妊に大きく関わるのが黄体形成ホルモンというもので、こちらも睡眠中に分泌が多くなるとされており、卵巣排卵を促して黄体を作るという働きをしています。これにより生殖能力が向上するわけですが、不眠症の人は性腺刺激ホルモンがうまく作られず、生殖能力が向上しません。

合わせて読みたい

妊娠随伴睡眠障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
妊娠随伴睡眠障害について 妊娠随伴睡眠障害という病気をご存知でしょうか。妊娠している方なら一度は耳にしたことがある、もしくは現在この症状に悩まされている方もいらっしゃるかもしれませんね。 妊娠をすると睡眠障害を起こしやすくなります。妊娠によるホルモンの分泌が原因であり、妊娠初期は眠く...

不眠症の症状

深夜

不眠症の症状は、大きく4つに分けられます。

入眠障害:なかなか寝つけない

不眠症に一番多い症状です。眠りにつくまでに3時間以上かかる人もいます。そのため、眠ったと思ったらすぐに朝がきてしまう状態になります。しかし一度眠りにつくと朝まで起きない場合が多いようです。睡眠中に出現する四肢の周期的な不随意運動である周期性四肢運動障害が原因になることもあります。

中途覚醒:眠りの途中で目が覚める

寝ている間に、何度も夜中に目が覚めてしまい熟睡ができないタイプです。熟睡できないために眠った気がしないので、昼間に身体のだるさを訴えることがあります。うつ病の一症状として見られることもあります。また周期性四肢運動障害が原因になることもあります。

早朝覚醒:朝早く目が覚める

どんなに遅く寝た場合でも朝早く目が覚めてしまいます。一度起きると眠れなくなってしまう場合が多いです。この場合も。ぼーっとしてしまい仕事が手につかないなど昼間の行動に支障が出ます。

熟眠障害:ぐっすり眠った気がしない

眠りが浅く少しの物音でも目が覚めてしまう症状です。神経質な人や高齢者に多く見られ、眠りの質が悪く、浅い眠りとなってしまうため夢をよく見ることが特徴です。このタイプの場合、長く寝てもなかなか疲れが解消されません。睡眠時無呼吸症候群や足がびくびく動く周期性四肢運動障害といった病気が関係していることもあります。

症状はこのように分けられますが、不眠症の人の多くはこれらの症状を複数持っていることが多いようです。 眠りに付けない日々が続くと「また眠れないのでは」と緊張するようになり、余計に眠りに入ることができなくなることもあります。このことにより精神的な疾患を併発してしまうのです。

不眠症の診断基準

女性の目

不眠症の診断では、不眠の原因を確かめるために、またその不眠の治療法を判断するために、念入りな問診が行われます。問診では、いつ頃から眠れなくなったのか、眠るまでにどのくらい時間がかかるか、不眠以外に何か症状はないか、など睡眠状況に関するさまざまな質問がなされます。できれば病院を受診する前に自分自身の不眠の状態をあらかじめメモなどに整理しておくと便利です。

検査法は、疑う病気によって異なりますが、睡眠そのものに異常があると考えられた場合は睡眠ポリグラフィという検査が行われます。これは睡眠中の脳波や心電図、筋肉や眼球運動などを同時に記録するもので、この検査を行えば睡眠の内容や状態を詳しく確認することができます。ただし、特殊な機械を必要とするため、検査を行っている施設は限られますから、設備がある病院を調べてから通院することをおすすめします。

合わせて読みたい

妊娠前にしておきたい検査!5つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健康診断をしておくことも同じくらい大切です。 卵巣は卵子を生産し、子宮は赤ちゃんを育てる大切な器官です。きちんと検査して、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているこ...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
不眠症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る