2016年4月より不妊治療保険 販売解禁!知りたい商品の中身!

良ければシェアをお願いします。

不妊治療の夫婦
2016年4月より不妊治療の費用を保障する、不妊治療保険の販売が解禁されました。金融庁から促されたもので、出生率を上げたいという背景があります。現在、厚生労働省による不妊治療支援事業がありますが、年齢制限など様々な制約があり、対象とならない人が数多くいます。そのような方への補助の目的もあり、このような保険が促されて作られたようです。不妊治療保険とはどのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

不妊治療といえばお金がかかります

現代では10人に1人や5人に1人、とまで言われる不妊治療経験者。自然に子どもを授かることができれば良いに越したことはありませんが、結婚年齢の上昇などにより、不妊治療を経験する人が増えています。ではどのくらいお金がかかるのでしょうか?

タイミング法・人工授精の費用は?

不妊治療を始めるにあたり、一番最初に取り組むことになることが多いのは、一般不妊治療と呼ばれるタイミング法や人工授精です。タイミング法はのタイミングを医師に確認してもらい、タイミングをとるという方法で、通院回数にもよりますが、ひと月当たり1,2万円ほどかかります。人工授精とは医師によって採取した精子を子宮内に注入するという方法で、一回あたり3万円ほどかかります。

体外顕微授精の費用はいくらかかる?

体外受精は子宮内から卵子を採卵し、その卵子に精子をふりかけ受精卵を作り、女性の体内に卵を戻すという方法で、一回あたり50万以上かかるといわれます。顕微授精は体外受精と似ていますが、受精卵を作る際、卵子に直接精子を注入するという点が異なり、費用は体外受精より10万円ほど高いといわれます。肉体的にも金銭的にも負担の大きい治療です。

とにかくお金がかかる不妊治療!

このように不妊治療というのは、とてもお金がかかります。1回の施術で妊娠につながれば良いですが、たいていの場合そうではないことが、不妊治療のつらいところです。治療がうまくいかない中、精神的にも肉体的にも追い込まれ、金銭面でも苦しくなり、まさに身も心もボロボロという状態の方は多いのです。このような負担の助成につながるのか?と注目を集めているのが、不妊治療保険です。

合わせて読みたい

妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...

日本生命の不妊治療保険シュシュとは?

このようなことを受けて、2016年10月に日本生命保険より、不妊治療保険が国内で初めて発売されます。名前は「シュシュ」といいます。フランス語で「私のお気に入り」という意味ですね!保険内容はどのようなものなのか?詳しくご紹介します。

不妊治療だけでなく3代疾病も保障!

日本生命は「女性が輝く社会のために」をコンセプトに保険商品を作っているそうで、シュシュもそれにならって、不妊治療以外に3代疾病も保障してくれます。もし3代疾病になった場合、一時金として300万円が受け取れます。また、上皮内新生物などのがんになった場合は、一時金として30万円を受け取ることができます。まさにコンセプトに沿った保険商品です。

出産と特定不妊治療をサポート!

保険内容のメインである、出産と不妊治療についての保険内容は、出産した場合(回数制限なし)と不妊治療を受けた場合給付金(最大12回)を受けることができます。出産では、10万円で回数を重ねると増額されます。不妊治療は、体外受精・顕微授精の治療過程で、採卵または胚移植したときに、1回5万から10万円もらえます。保険料は年齢にもよりますが、ひと月1万円ほどです。

満期時に一時金を受け取ることができます!

保険期間の満了時に、最大200万円を受けることができます。保険期間中に出産や特定不妊治療の給付金を受け取っている場合は、金額が差し引かれるということです。不妊治療は治療内容が個人によって大きく異なるので、保険を作る保険会社も難しいと聞きますが、本当に必要なのか、損しないのか、よく考えて加入したほうが良い保険内容と思えます。

合わせて読みたい

【調査】妊活中に不妊治療をした人と、していない人の割合を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊活をはじめたとき、誰しもができれば自然妊娠したいと願うとは思いますが、中々うまく妊娠を望めない方もいらっしゃいます。その実態について、今回は、妊娠・出産をされた女性100人の方の中で、不妊治療をされた方がどのぐらいの割合でいらっしゃる...

シュシュで利用できるサービスとは?

シュシュの大まかな保険内容をご紹介しましたが、これらの保険内容をサポートしてくれるサービスが付随しているので、ご紹介したいと思います。日本生命にかつてあったサービスをバージョンアップした内容になっているようです。

女性の健康をサポートしてくれる!

女性の体の悩みを電話で専門家に相談することができる、ウェルネスダイヤル(エフ)というサービスを受けることができます。女性特有の婦人科系の病気や乳腺疾患などに加え、妊娠や出産に関する悩みも専門家に相談することができる無料サービスです。気になることがあるけれど、病院に行くほどではないという時などに便利なサービスだと思いませんか!

産後の育児をサポートしてくれる!

育児相談ほっとライン、という子どもに関する電話相談を無料でできるサービスがついています。子どもが赤ちゃんのうちは特に家にこもりがちになり、悩みも募ってしまったりするものなので、気軽に話を聞いてもらえる場所があると思うと安心したり、心の余裕になるというお母さんは多いかもしれません。電話だからこそ聞いてもらいやすい、という方もいらっしゃると思います。

不妊治療保険シュシュはどうでしたか?

公的支援を受けることができないという方にはメリットのある保険ですね。保険内容については、自分が受ける治療内容と照らし合わせて加入を検討してみてはいかがでしょうか。不妊治療に着目して考えると、良い保険と感じられる方もいらっしゃるでしょうし、公的支援が受けられる方ならそれで充分と考えられる内容であるかもしれません。

おわりに

不妊治療というものは治療内容に個人差があります。そのためかかる費用は予想がつきにくいものです。今回紹介した不妊治療保険は、3代疾病などその他の部分も保障してくれますが、不妊治療の保険と考えると加入を迷われる方は多いかもしれません。公的補助のことも考慮しつつ、自分に最適な選択ができたら良いですね。

ピックアップ

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
検査前に知りたい!不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活を始めて1年近く経つと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年間妊娠しない場合を「不妊症」であると定義していましたが、2015年8月に「1年」に見直す案を発表しました。このことで、不妊という言葉はちらついては居るものの、「ま...
病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2016年4月より不妊治療保険 販売解禁!知りたい商品の中身!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る