若いから大丈夫だと思うな!若い人の不妊症について

若い人の不妊症
“不妊症”と聞くと、30~40代の方に多いようなイメージがあるかもしれません。しかし、若ければみんなすぐ妊娠できるかというとそうではなく、まだ20代で一般的に“若い”とされる年齢の人でも、不妊に悩まされる可能性は0ではありません。若い人の不妊症にはどんな原因が考えられるのか、有効な対策法があるのかどうかなどをお伝えします。

若ければ大丈夫だと思っていませんか?

女性の悩み

3028


最近では、晩婚化に伴い、30代後半~40代で妊娠出産する女性も増えていますよね。晩婚化で不妊症に悩む夫婦も増えてきているといいますが、不妊症は30~40代の方だけの問題だけではなく、それより若い方にも十分に起こる可能性があります。

若くても不妊に悩まされることはある

30~40代になると、妊娠に大きく関わる卵子の老化を含め、体全体の老化が気になるようになります。その分、20代以下の若い世代であれば卵子の老化などの心配はないといえます。しかし、だからと言って不妊症とは無縁かというと、そうとは限りません。
若い方で注意しなければならないのは、「まだ若いんだし」といった言葉で何でも済まさないようにすることです。卵子の老化が不妊症の原因とはならなくても、それ以外の原因があるかもしれません。不妊にストレスは大敵なので、あまり思い詰めるのもNGですが、子どもを授かりたいと考えているなら、早めに動き出すことが大切です。

20代くらいの若い人の不妊原因とは?

若い女性の不妊原因としては、不規則な生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、子宮内膜症や多囊胞性(たのうほうせい)卵巣症候群(PCOS)など婦人科系の病気、冷え性などが考えられます。
“冷えは万病の元”という言葉、耳にしたことがあるのではないかと思います。若いうちはファッション重視で寒いときも薄着だったり、素足だったりと、そういったことの積み重ねで体を冷やしていることも少なくありません。
また、さらに注意が必要なのは、性感染症・クラミジアです。感染すると性器のかゆみやおりものの増加といった症状が現れますが、無症状であることも多く、気付かないうちに感染していることも。感染が進むと、卵子の通り道である卵管がふさがれ妊娠しにくくなったり、妊娠できたとしても流産しやすくなったりするとされています。

合わせて読みたい

知らなきゃ損!不妊治療は医療費控除の対象になる!
知らなきゃ損!不妊治療は医療費控除の対象になる!
不妊治療では、その治療費が高額になることも多くあります。そのため少しでもお金が戻ってくるのであれば、家計にとってはありがたいことですね。...

不妊症かも・・・早めに始めたい三つの対策法

健康な生活
妊娠率は、30歳を過ぎると緩やかに下がっていきます。不妊治療をするにしても若い方が成功率も高くなりますし、スタートはできるだけ早い方がいいといえます。「不妊症かも?」と思ったときに始めることをおすすめする、三つのことをお伝えします。

1:夫婦そろって早めに検査を受けよう

不妊症の原因はどこに隠れているのか、検査を受けてみないとわからないこともあります。もし決定的な原因があっても、それを知らずに妊活を続けていたら時間を無駄にしてしまうかもしれません。検査をしてみて特に問題が見つからなければ、またそのときどうするか考えればいいですし、まずは検査を受けてみることをおすすめします。
不妊の原因は女性側にあると思われがちですが、男性側にある可能性もあります。特に男性では「男なのに恥ずかしい」、「自分に限ってそんなはずはない」といった気持ちが女性より強いので、検査を受けるのに抵抗がある方もいるでしょう。しかし男性は検査で痛い思いをすることもないですし、上手に説得して、一緒に検査を受けてもらいましょう。

2:若くても不摂生はNG!健康的な生活を

「若いから大丈夫」と日々暴飲暴食したり、寝る時間・起きる時間もバラバラだったりしませんか?確かに若ければ体も元気ですし、不摂生をしても体調には影響しないかもしれません。しかし、表に姿を現さないだけで、実際体はダメージを受けています。それがいつか病気となって現れたり、不妊症という形で現れたりすることも考えられます。できるだけバランスのとれた食事、規則正しい生活を若いうちから心掛けるようにしましょう。

3:パートナーと子どもについて話し合おう

自分は「子どもが欲しいな」と思っていても、パートナーはどうでしょうか。子どもを持つことに関しては、男女間で考え方に差があることも少なくありません。これを機に、子どもが欲しいという気持ちがお互いどれくらいあるか、不妊治療を受けるとしたらどの程度の治療まで頑張る気持ちがあるのかなど、パートナーと話し合ってみるといいでしょう。
不妊治療を受けるにしても、夫婦で足並みがそろっていないと難しくなります。夫婦間で考え方が違うと、不妊治療が原因で夫婦仲に亀裂が入ってしまう恐れもあるからです。そうならないためにも、多少話しにくくてもしっかりとお互いの思いを伝えることは大切です。

合わせて読みたい

夫に不妊検査をさせるために・・・どう伝えれば検査してくれるの?
夫に不妊検査をさせるために・・・どう伝えれば検査してくれるの?
妊娠を望んでいるにもかかわらずなかなか子宝に恵まれない、そう思い悩んでいる女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は男性側に不妊の...
台湾在住の30代。2011年日本語教師として台湾へ、2013年結婚。2015年より在宅ライターとして活動開始。3歳年上の台湾人夫と猫1匹と仲良く暮らしてます。真面目な性格ゆえに妊活を頑張りすぎ、それに疲れて現在はゆるーく妊活継続中(4年目)。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
若いから大丈夫だと思うな!若い人の不妊症について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る