夫に不妊検査をさせるために・・・どう伝えれば検査してくれるの?

医者と夫婦
妊娠を望んでいるにもかかわらずなかなか子宝に恵まれない、そう思い悩んでいる女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は男性側に不妊の原因があることもありえます。しかし、女性に比べて男性は不妊検査に消極的な傾向にあります。お互いに不妊の可能性はあるため、子どもを授かりたいのであれば男性にも不妊検査をしてもらいところですよね。そこで今回は、男性の不妊について夫やパートナーに不妊検査をしてもらう方法、自宅で検査する方法についてご紹介します。

不妊の原因は男性にも!検査を受けよう

泣いている男性
子どもを授かることのできない原因は女性側にあるといわれてきていましたが、最近では不妊症で悩む夫婦のおよそ半数は男性側に原因があるといわれています。ここでは、男性の不妊の原因や不妊検査の種類について詳しくご紹介します。

男性が不妊症になる主な原因とは

男性の不妊症の原因には、射精が思うようにいかない「性機能障害」と、射精した際の精液中の精子数の低下や精子の運動率が悪化している「精液性状低下」の二つに分けられます。さらに、精液性状低下は軽度・中等度・高度のものと、無精子症に分けられ、無精子症を引き起こしてしまうと射精した精液中に精子を見つけることができません。

精液検査の正常値から検討する「精液検査」

精液検査では、精液量・精子濃度・運動率・運動の質・精子の形態・感染の有無を検査します。精液は、2〜7日の禁欲期間を設け、その後マスターベーションで採取する方法です。本来なら病院で採取するのが望ましいですが、一定の条件を満たせば自宅で採取することも可能なため、病院での採取に嫌悪感を抱いている男性にも検査がしやすくなっています。

精液検査で異常がみられた場合は「泌尿器科的検査」

泌尿器科的な検査は、上記の精液検査で異常が発見された際に行われる検査です。不妊症に関連した病気の有無や、精巣の診察、精索静脈瘤の有無の触診などを終えた後に、血液中のホルモンを調べる内分泌検査を行います。また、精子数の現象や無精子症がみられた場合には染色体や遺伝子の検査を行い、病状によってはさらに特殊な検査を受けることもあるのです。

合わせて読みたい

【医師監修】【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
【医師監修】【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かし...

不妊検査に協力してもらおう!誘い方は?

話し合う夫婦
不妊治療を必要とする夫婦でも、夫が非協力であるために検査を始めることができないと悩んでいる方もいますよね。しかし、高齢出産にはリスクを伴うこともあるため、子どもを授かりたいと考えるのであれば早い段階で病院で検査をしたほうが安心でしょう。ここでは、夫に不妊検査に協力してもらう方法についてご紹介します。

男性は理解がない!?不妊に関する知識を教えよう

夫も子どもが欲しいはずなのに、「そんなに焦らなくても・・・」と考えている方も多く見受けられます。女性は出産をするのに年齢の問題があるため焦りが生じますが、男性は妊娠や不妊に関する知識がほとんどありません。ですので、年齢とともに妊娠しにくくなること、原因が見つかれば早期に不妊治療をした方が妊娠の可能性が高まることを知ってもらうよう、よく話し合いましょう。

医師の言葉に納得!検査前に病院へ

上記に「話し合いをしましょう」と記載しましたが、聞く耳を持たない男性の方も中にはいますよね。そんな時は、病院へ連れて行ってしまうのが一番手っ取り早い方法です。ただし、不妊検査をしてほしい旨を伝えてはうまくいかないこともあるため、「自分の不妊検査の結果を聞くのが怖いから一緒について来てほしい」などというようにして、かかりつけの婦人科に同伴してもらいましょう。担当医師から男性にも不妊の可能性があることを伝えてもらえれば、不妊検査に応じてくれるかもしれません。

追いつめてはダメ!素直な気持ちを伝えよう

不妊検査に非協力的な夫に対し、「どうして検査してくれないの!?」などと追いつめてしまっては、ますます検査することを嫌がってしまうかもしれません。協力を求めるのではなく、まずは自分の素直な意見を夫に伝えてみましょう。また、夫から検査を受けたくない理由も聞き出し、「それじゃあ、◯歳まで頑張っても授からなかったら一緒に検査を受けよう」などと、相手の意見を尊重しながら検査を受ける約束を取り付けるのも一つの手です。

合わせて読みたい

男性不妊の四つの原因と改善すべき六つの生活習慣
男性不妊の四つの原因と改善すべき六つの生活習慣
「手は尽くしているが、思うように妊娠しない…」とお困りではないですか?妊娠をしない原因というのは、なにも女性だけにあるわけではありません...

専門科以外で不妊検査する方法も

医者
夫婦で不妊に悩んでいる場合には、かかりつけの婦人科や不妊治療専門科を受診することと思いますが、なんらかの理由で夫が受診したがらないという可能性もありますよね。そんな時は下記のような不妊検査方法がおすすめです。

頻尿器科でも不妊検査をすることができる

不妊検査と聞くと、婦人科や不妊治療を専門とする病院でしか取り扱っていないと考える方も多いと思いますが、男性の不妊検査においては泌尿器科でも受診することが可能です。婦人科や専門科となると周りの目が気になってしまうこともありますが、不妊検査以外に訪れている男性患者が多い泌尿器科であれば待合室での居心地も悪くありませんね。また、最近では男性専門のクリニックも増えてきました。

専用の検査キットや郵送検査なら自宅で簡単!

病院へ行くことに抵抗があったり、忙しくて時間が取れなかったりする場合には、自宅で精液の検査をすることができる専用のキットを利用したり、郵送検査を行っているところに申し込んだりするのも良いですね!検査結果の詳細においては病院の検査に及びませんが、今後病院を受診する判断材料にはなるのではないでしょうか。

夫に内緒で検査ができる!?フーナーテスト

どの方法でも夫が非協力的な場合には、フーナーテストを利用する方法もあります。フーナーテストは、性交渉の後に女性の子宮頚管粘液内の精子について活動状態を調べる不妊検査です。前夜に性交渉をし、翌日の午前中に検査をするだけなので、男性が受診する必要もありません。ですので、夫に不妊の疑いがある場合はこっそり検査することも可能なのです。

おわりに

万一夫側に不妊の可能性があったとしても決して責めてはいけません。不妊治療を始めれば妊娠できる可能性は「ゼロ」ではありません。メンタルのケアやバランスの取れた食事を用意するなど、サポート体制を整えましょう。2人で協力し合えるよう工夫してみてくださいね。

ピックアップ

【人工授精体験談】タイミング法との違い、当日の流れ、痛みの有無についてお話します
【人工授精体験談】タイミング法との違い、当日の流れ、痛みの有無についてお話します
私は1人目は自然妊娠しましたが2人目がなかなか妊娠できない2人目不妊でした。1年間不妊専門のクリニックに通い治療を行いました。 ...
病院に行かなくてもOK!男性の不妊チェック、スマホで可能に!
病院に行かなくてもOK!男性の不妊チェック、スマホで可能に!
なかなか赤ちゃんを授かることができないと、「不妊」という言葉が頭をよぎることもあるでしょう。その不安の解消の一助になるかもしれないア...
知りたかった!不妊治療をする際の病院選び三つのポイント
知りたかった!不妊治療をする際の病院選び三つのポイント
近年では、結婚年齢が上がっていることもあり、不妊治療に取り組む夫婦が増えています。身近にもきっと、病院通いをしている人がいらっしゃる...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る