妊娠に効果あり?!子宮を温める方法を知りたい!

スポンサーリンク

体を温める女性
多くの現代女性が「冷え」に悩んでいると言われています。「体が冷えている=子宮が冷えている」とも考えられ、月経困難症や月経不順、月経前症候群(PMS)、低血圧、子宮内膜症や子宮筋腫など女性特有の不調を招きやすく、不妊とも深い関係があるとされています。子宮を温めることで冷えを改善し妊娠しやすい体づくりをしたい!という女性へ子宮を温める方法をご案内します。

【子宮を温める方法1】外側から温める

まず、子宮を温めるために外側から働きかけてみましょう!衣服の選び方を変えるだけでも冷えは改善されますし、湯たんぽや腹巻き、カイロなど身近にあるもので子宮を温めるのも効果的です。最近注目のよもぎ蒸しについてもお伝えします。

衣類・肌着は天然素材のものを選ぼう

現代は衣類にナイロンやポリエステルなど化繊が使われたものが多いですが、肌に直接触れる下着や肌着、シャツなどは木綿や絹などの天然素材のものがおすすめです。化繊は汗を吸収しないので、かいた汗の行き場がなく体を冷やしてしまいますが、皮膚呼吸や汗の吸収を考えて天然素材を選ぶと驚くほど快適で体を冷えから守ってくれます。日々の積み重ねが冷えやすい体を作っている可能性もありますので、一度衣服を見直してみましょう。

湯たんぽ・腹巻き・カイロを活用しよう

湯たんぽはオールシーズンで冷え対策ができます。夏はぬるめのお湯で温度調整しましょう。また、腹巻は使い続けると体がポカポカと温まります。子宮のあるお腹回りを温めると気持ちが穏やかになり、不思議とイライラが減ると感じる人も多いですよ。また使い捨てカイロやレンジで温めて使うあずきカイロなどでおしりの割れ目の始まりの部分「仙骨」を温めましょう。習慣にすれば子宮はもちろん全身が温まり冷えを感じにくくなります。

効果絶大!よもぎ蒸しを一度試してみよう

よもぎはお灸などにも使われる薬草で血行促進を促し高い殺菌浄化作用からデトックス効果も期待できます。裸になり、首から下をスッポリと覆ってよもぎの成分で体を蒸すため、汗をたくさんかいて体の老廃物を出しながら、皮膚や粘膜から直接よもぎの薬効成分を吸収し、骨盤内の血行を促進し子宮を温めてくれます。妊娠中のマイナートラブルや逆子対策、産後の回復期にも利用されている歴史ある民間療法です。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠中の冷え対策に!体をあたためる三つの食べ物
妊娠中は胎児のためにも、ママの体のためにも気をつけなければいけないことが山積みです。その一つに「冷え」があり、対策をしないと流産や早産な...

【子宮を温める方法2】内側から温める

子宮を内側から温める方法として「食」についてお伝えしますが、食は「生きる喜び」に直結しており一変させることは容易ではありません。子宮を冷やす食材をNGとするより、体の調子を整える食材を取り入れ、ストレスなく子宮の温活ができる方法を考えてみましょう。

飲み物を選ぶ時はなるべく温かいものを

食べ物と同じくらい気をつけたいのが飲み物です。夏場は冷たい飲み物がおいしく感じられますが、内臓の働きが鈍くなり体が冷えます。食を変えることは難しくても飲み物に極力冷たいものを選ばない、というのは比較的取り組みやすいのではないでしょうか。また、芸能人やモデルのように1日何リットルも水を飲む人がいますが体質にあわなければ冷えを招きます。さらに水分のとりすぎは胃液を薄め栄養の消化吸収力を下げるので気をつけましょう。

旬の食材を取り入れてバランス良く食べる

旬の野菜や魚などの良質なタンパク質を摂る、という先人の知恵を活かすだけでも体が本来持つ生命のエネルギーを取り戻し冷えを改善することができます。そして、狭い日本でも北海道と沖縄では捕れる食材も食べ方も異なります。地産地消という言葉がありますが暮らしている土地にあった食事をしていれば「冷える」といった不自然な健康状態にはなりにくいと考えられます。また、冷え改善に関しては様々な情報が発信されていますが、それが「自分に合っている」とは限りません。一つの方法を盲信せず、いろいろと試して自分が心地よいと感じる方法をみつけましょう。

発酵食品を積極的に取り入れてみる

現代はネットワークの普及で世界中の美味しい食材や健康法などを知ることができますが、体調を整えるためには自分のルーツでもある和食を見直してみましょう。ユネスコの無形文化遺産にも指定された和食は、発酵食品の文化といっても過言ではありません。味噌や醤油、納豆や梅干し、ぬか漬けなど日本独自の発酵食品には腸内環境を整え、体を内側から温める作用があります。冷えなどの不調を感じたら自国の食文化を見直し食事に取り入れてみましょう。

知っておこう!子宮を冷やすと考えられている食材

東洋では古くから「陰陽」という世界観があり、食品にも陰陽があると考えられています。陰性の食品は体から熱を取る、陽性の食べものは体を温めるとされ、陰陽のバランスを保って食事をすることが大切とされています。しかし陰性の食品のうち、体を冷やすため避けた方が良いと考えられているものがいくつかあります。特に気をつけたいのは「白砂糖」「合成酒」「化学調味料」です。いきなりゼロにするのは難しくても、頭の片隅に知識として置いておきましょう。

合わせて読みたい

妊活を成功に導く3つの冷え対策と3つの冷え取りグッズ
昔から冷えは女性の大敵だといわれていますが、実際のところ子宮にとって冷えは大敵です。女性が身体を冷やすと、その影響で妊娠しにくい身体...
8歳の甘えん坊娘と2歳イヤイヤ息子のママです。読書と野外フェスとクライミングが好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠に効果あり?!子宮を温める方法を知りたい!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る