あなたは接種してる?風疹は要注意、赤ちゃんのためにワクチン定期接種の歴史を知っておこう!

赤ちゃんと注射
子供を育てるようになって、驚くのが予防接種の多さ。ワクチンの定期接種って、自分はこんなに受けたかしら?と首をかしげるママやパパは多いのではないでしょうか。今のワクチンはどのような経緯で決められてきたのか、世代間格差とその歴史について調べてみました。赤ちゃんを守るために、大人が後から受けることもできるワクチンもあるのでぜひ知っておきましょう。

現在のワクチンの種類と接種の状況は?

ワクチンの種類
ワクチンには定期接種と任意接種があります。定期接種は、国や自治体が乳幼児に接種を強くすすめているワクチンです。ほとんどの地域では無料で受けることができるため、経済的負担が少ないワクチンです。任意接種は保護者が接種を希望する場合に受けられるワクチンですが、健康保険が適用されないため、費用は自己負担となります。自治体によっては補助が受けられるところもあります。

定期接種は必須?受けないとどうなるの?

定期接種とは、法律によって受ける期間や年齢などが定められているもので、全額公費負担で受けることができる予防接種です。 数が多く、接種のスケジュールを立てるだけでも大変ですが、かかりつけの医師と計画を立ててすすめる家庭が多いようです。副反応のリスクなどの懸念から接種を見送る家庭もありますが、保育園などの集団保育をする場合、接種が条件とされている施設もあるようなので注意してください。

主な定期接種
  • BCG
  • ポリオ
  • DPT/DT
  • 麻疹風疹混合(MR)
  • 日本脳炎
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒブ(インフルエンザ菌b型)

任意接種を受けるかどうかの判断は?

任意接種は法律では定められていないワクチンですが、病気としてのかかりやすさに定期接種と差があるわけではありません。必要性を感じた場合は有料ではありますが接種するようにしましょう。 お住まいの地域でおたふくが流行の兆しなどあれば早めに接種した方が良いでしょう。パパやママも1小さい頃にかかった記憶もワクチン接種の記録もない場合などは、抗体があるかどうか病院で調べてもらうことができますので、抗体がない場合にはお子さんと一緒に接種すると良いですね。

主な任意接種
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • ロタウイルス
  • B型肝炎
  • インフルエンザ(定期接種を対象年齢以外で受ける場合)

どれくらい防げるの?抗体の調べ方

例えば麻疹を例にあげますと、予防接種を受けずに麻疹にかかってしまった場合、脳炎を発症する割合は1000人に1人と言われています。また、罹患(りかん)数年後に重篤な症状が現れ、その発症から1年以内に死亡するという大変危険なウイルスです。数年後に症状が現れる症例は10万人に1人ではありますが、発症してから治すことができないというところが大変厄介です。麻疹ワクチンの接種は麻疹そのものにかからないようにするためだけでなく、前述のような重篤な合併症を予防するものでもあります。
この麻疹ワクチンの効果は、1回の接種で95%の方が抗体を獲得するそうです。体質的に抗体がつきにくい方もいるようですが、2度の接種で多くの方は抗体を獲得します。抗体に不安のある方は医療機関での血液検査で抗体値を知ることができますので受診してみましょう。

合わせて読みたい

子どもの病気はお任せします!信頼できる小児科選びのコツ!
子どもの病気はお任せします!信頼できる小児科選びのコツ!
子どもが病気になった時は小児科で診てもらうのが一番です。この時に大切なのは、どこの小児科へ連れて行くか?ではないでしょうか。総合病院...

なぜワクチンをうつ必要があるのか

ワクチンを打つ理由
ワクチンにはメリットもデメリットもありますので、医療関係者でない保護者が判断するのはとても難しいことです。ニュースなどでワクチンの副反応の映像などをみると接種に踏み切れない方もいるでしょう。ではそもそもワクチンのメリットとはどんなことなのでしょうか。

抗体があれば集団感染に歯止めをかけることができる

ワクチンが開発されている病気は、当然ですが感染力が特に強いものばかりです。前述の麻疹は、接触や飛沫感染だけでなく、空気感染までするため感染経路が定まらない場合も多く、一度流行してしまい、抗体のない方が感染者と一緒にいるとほぼ100パーセント感染すると言われています。抗体をまだ持たない新生児などをウイルスにさらさないためにも、ワクチンは接種することが望ましいと言えるでしょう。ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。救える命に協力しましょう。

季節性インフルエンザのワクチンを受けているが…

毎年秋になるとインフルエンザのワクチン接種が始まりますが、実はインフルエンザワクチンはインフルエンザにかからないようにするためのワクチンではなく、インフルエンザウイルスが引き起こす重篤な合併症を防ぐものです。小さいお子さん、基礎疾患をお持ちの方、高齢者などは命に関わる症状になる前に、インフルエンザワクチンを接種しておくと安心です。

妊娠中に受けられるワクチンはあるか

妊娠中は免疫が落ちやすく、人ごみなどでは風邪などをもらってしまう可能性も高いためマスクをしている妊婦さんも多くみうけられますね。ウイルスから身を守る手段として、ワクチンはとても有用です。妊婦さんでも受けられるワクチンとは、リスクよりメリットが大きいと判断されたワクチンです。
死んだウイルスや細菌から作られる不活化ワクチンと呼ばれるものは医師に相談の上接種することができ、インフルエンザワクチンもそのひとつです。これに対し、生きたワクチンの毒性を弱めて作られた生ワクチンと言われるものは妊婦さんには禁忌です。

合わせて読みたい

【医師監修】子どもの調子が悪い!小児科に行く際に先生に伝える内容は?
【医師監修】子どもの調子が悪い!小児科に行く際に先生に伝える内容は?
さっきまで元気にしていた子どもが急に具合が悪くなる、子育てをしていれば誰しもが経験する事態ですよね。特に急な発熱や嘔吐(おうと)は親...
12歳9歳2歳の三兄弟のママです。男三人の子育て楽しんでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
あなたは接種してる?風疹は要注意、赤ちゃんのためにワクチン定期接種の歴史を知っておこう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る