淋病(りんびょう)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

淋病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

性病の一つである淋病(りんびょう)。正式名称は淋菌(りんきん)感染症です。日本での感染者は20代の年齢層に最も多く、感染率は約30%と高く、同時にクラミジアにも感染していることが多くなっています。 一時期、感染者数は減少していましたが、1990年代をすぎてからは感染者数が増加しています。最近の疫学的研究によると淋病(りんびょう)によりエイズウイルス(HIV)に感染しやすくなると考えられており、軽視できない存在です。

淋菌(りんきん)は男性に多い病気とされていますが、女性でも感染の可能性はあります。淋菌(りんきん)自体は非常に弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失います。日光、乾燥や温度の変化、消毒剤で簡単に死滅します。そのため、性交渉などにおいて感染することはまれ。しかし、感染してしまうとなかなか厄介な病気なので予防法と治療法についてしっかり確認しておきましょう。

淋病(りんびょう)の症状について

尿道

淋病(りんびょう)は数時間から数日で発症しますが、自覚症状がない場合も多くあります。発症する場所としては性器のほか、喉や目、直腸などが挙げられます。

・男性の場合:尿道に感染することが多いです。排尿の際に激しい痛みがあり、膿(うみ)が出ることもあります。また、尿道かゆみや不快感、精巣上体の腫れ、発熱などの症状を発症することがあります。しかし最近では、男性の場合でも症状が典型的でなく、場合によっては無精子症になることも挙げられています。

・女性の場合:女性の場合は男性に比べて症状が軽いものが多く、自覚していない方も多いようです。その数はなんと約80%。主な症状としてはおりものの増加や悪臭、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどが挙げられます。症状が軽いからといって放置しておくと、体内に感染が拡大してしまい、子宮外妊娠や不妊の原因ともなります。妊娠中に感染していると、出産時に子供に淋菌(りんきん)が感染します。この場合、早期に治療を施さなければ失明するおそれがあります。

・口腔(こうくう)感染の場合:近年、オーラルセックスなどによって咽頭の淋菌(りんきん)感染が増加傾向にあります。男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性と、女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性があります。主な症状としては喉の腫れや痛み、発熱などが見られます。これらは性器感染に比べ、治療に時間がかかるとされています。

合わせて読みたい

生理前と妊娠超初期の三つの症状の違い
生理前と妊娠超初期の三つの症状の違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、特に妊娠...

淋病(りんびょう)の診断基準

採尿

淋菌(りんきん)感染症について、血清診断法は適切でないとされています。血清診断法とは血清中の抗体を調べることによって過去に感染した伝染病を診断する方法のことを指します。男性では淋病(りんびょう)特有の排尿痛と黄緑色のドロドロとした膿(うみ)が出ていれば、問診だけでも診断がつきます。

しかし、採尿によって陰性と判断されることもあるようなので、医師の指示に従った正しい採尿を行うことが大切です。女性では膣分泌物中に淋菌(りんきん)が確認されると淋病(りんびょう)と診断されます。

その他の診断方法は培養検査法、polymerase chain reaction(PCR)法、DNAプローブ法などがあります。先述のように、淋菌(りんきん)は温度差や乾燥に弱く比較的死滅しやすい菌なので注意深く処理しないと正しい結果が出ません。PCR法は淋菌(りんきん)の遺伝子を増幅させて調べるのでわずかな菌量でも検出できる、効果の高い方法です。

口腔(こうくう)内の淋菌(りんきん)検査に関しては適切な方法がないとされています。唾液や食事、飲み水などによって菌の大部分が洗い流されている可能性が高いことと、口の中には常在菌が多いため、淋菌(りんきん)だけを検出することは困難だそうです。

淋病(りんびょう)になる原因

主な感染原因は性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)とされています。中でも多いのは性風俗でのオーラルセックスです。感染者との粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。感染の確率は1回の性交で約30%といわれており、淋菌(りんきん)に感染した人のうち、20~30%はクラミジアにも同時感染しているともいわれています。

しかし、接触の時間、行為の内容、相手の持つ淋菌(りんきん)の量、抵抗力、男性に関しては接触後の排尿の有無などに影響を受けるのでこの確率が必ずしも正しいとはいえません。

合わせて読みたい

排卵⇒受精⇒着床⇒妊娠までの流れと日数
排卵⇒受精⇒着床⇒妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人たちも少なくありません。妊娠までの流れは大きく四つのステップに分かれており、全てク...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
淋病(りんびょう)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る