知らないと危険?男性不妊の4つの原因と改善すべき6つの生活習慣

良ければシェアをお願いします。

男性と女性
「手は尽くしているが、思うように妊娠しない…」とお困りではないですか?妊娠をしない原因というのは、何も女性だけにあるわけではありません。男性が原因での不妊は何と48%もの割合であると言われていて、その割合も年々増加傾向にあります。旦那さんにもしっかりと妊活に協力してもらい、お互いに理解を深めた上で妊活に取り組んでいきましょう。

男性不妊とは

不妊の定義とは、「避妊をしていない夫婦が継続的に性行為を行っているにも関わらず、2年が経過しても妊娠しない状態」を指します。しかし、不妊症の原因はなにも母体側だけの問題ではない場合があります。

WHOが7,273カップルを対象に行った不妊症の原因に関する調査では、男性原因のみ24%、男女に原因あり24%、女性原因のみ41%、原因不明11%と分けられました。

つまり、不妊で悩むカップルのおおよそ48%は男性にも原因があると言われています。このような男性に不妊の原因があるものを「男性不妊」と位置づけ、さまざまな生殖障害の総称として扱われています。
不妊の割合

参考:木場公園クリニック

合わせて読みたい

妊活中の男性が食事に摂り入れたい4つの栄養素とは?
「子供をつくろう!」と意気込んだものの、思うように子供ができない、気持ちがついていかない。そんなことはありませんか? 妊活は夫婦で協力し合うもの。女性ばかりに負担や気負いを与えるのでは、成功するものも成功しません。 ストレスが多い現代では、不摂生や好きなものだけ食べ続けてしまう偏食を繰り返し...

男性不妊の4つの原因

前述したとおり男性不妊には、造精機能障害』、『輸送障害』、『精子妊孕性障害』、『性機能障害の大きく4つの原因があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

『造精機能障害』

男性不妊の主な原因には、精子に異常が認められる『造精機能障害』と呼ばれる病態が関わっています。実に男性不妊の90%以上はこの造精機能障害に当てはまると同時に、その50%~60%は原因不明の特発性造精機能障害とされ、なぜ精子に異常が発生しているのか、はっきりとした原因がつかめないのが実情です。

一方で、残りの約40%は精索静脈瘤と呼ばれる睾丸上部に流れる静脈の異常により血流に障害が発生することが原因とされています。まずはこの造精機能障害の場合に当てはまる4つの病態について理解しましょう。

参考:浅田レディースクリニック

造精機能障害の4つの病態

病名状態全体の割合
乏精子症精液の中の精子の数が著しく少ないもの。総精子数が3,900万個に足りていない状態。40% ~ 25%
無精子症精液の中に、精子が確認できない状態。ただし、精子が作られているが通路が塞がれている閉塞性と、そもそも精子が作られていない非閉塞性の2種類がある。20% ~ 10%
精子無力症精液の中の精子の運動率が32%以下の状態。不明
奇形精子症精液の中の精子の異常率が70%以上の状態。不明

WHO基準の精液所見

精液検査の項目基準値
精液量2.0ml 以上
pH702 以上
精子濃度20×106/ml 以上
総精子量40×106/ml 以上
精子運動率50% 以上
精子正常形態率15% 以上
精子生存率75% 以上
白血球数1×106/ml 以上

参考:日本産科婦人科学会

『精子輸送障害』

精子は陰嚢(いんのう)の中の精巣によって造られ、その後精巣輸出管から精巣上体に運ばれます。さらに射精の際には精管を通り、前立腺や射精管を通過し、体外へ放出されます。この精子が体外へ運ばれる経路のいずれかが狭まっていたり、閉鎖されていたりすると当然ながら妊娠に至ることは不可能です。

この精子を運ぶ機能に障害があるものを精子輸送障害と呼びます。その原因は、先天性の精管欠損や精管閉塞から、後天性の感染症、パイプカットなどの手術時または外傷による損傷などの原因が考えられます。

『精子妊孕性障害』

精子の働きが弱く、性交時に精子が卵子まで移動する事が出来ないことを指します。精子無力症とも呼ばれ、精液内の精子の運動率は、WHO基準の精液所見の基準値50%以上を大きく下回る32%以下以上を下回るの状態を指します。

先天的な原因が多く見受けられるものの、おたふく風邪のように1週間以上高熱が持続する状態を経験したり、前立腺炎や精巣炎になったりなどの原因から精子妊孕性障害になるケースもあります。

参考:恵比寿つじクリニック

『性機能障害』

いざというときに思うように勃起しない、勃起が持続できない「勃起障害・勃起不全(ED)」、マスタベーションはできても膣内で射精できない、早漏・遅漏などの「射精障害」、そもそも性欲が沸かないなど、男性機能に関わる障害も男性不妊に分類されます。

合わせて読みたい

クラチャイダム王とは?実際に2ヵ月間飲み続けた結果は・・・
はじめに 現在、私は結婚して1年2ヶ月目です。普段の結婚生活はとても楽しく過ごすことができており、問題という問題はほとんどありません。ですが、そんな私たちに突如大きな試練がのしかかってきました。 それは何を隠そう妊活です。二人とも付き合っている当初から「子供は3人欲しいから○歳で初産、○歳で...

男性不妊を解決するには生活習慣の見直しから!

このような症状を引き起こす原因というのは、実を言うと生活習慣に潜んでいることが多いです。つまり、何よりも優先してやらなくはいけないことが生活習慣の見直しということになります。それぞれの項目に、当てはまるところはないかということをチェックしながら読んでみてください。

食生活の見直し

食事は、身体の機能を保つことにおいてもっとも大切なものです。普段摂取している飲み物や食べ物にはきちんと気を使えているでしょうか。

食事の栄養バランスを整えることは、健康的な生活を営むこととイコールです。妊活だから特別にというわけではなく、普段から食生活に気を付け、身体の健康を保つことを心がけましょう。

外食やコンビニの食事などは、どうしてもお肉などの割合が多く、野菜が不足してしまいます。成人男性であれば1日およそ350gの野菜が必要と言われており、意識して摂らなければ目安量には届きません。

通常食べるサラダ以外にも、朝は「味噌汁に野菜を多めに入れる」、夜も「おひたしなどの小鉢を付ける」というように工夫して野菜を摂っていきましょう。

十分な睡眠を摂る

睡眠不足も妊活には大敵であるということをご存知でしょうか?普段仕事などで忙しいと、慢性的な睡眠不足に陥る可能性があるので気を付けてください。一般的に6~8時間は睡眠時間が必要と言われていますので、できるだけ長い時間眠れるように意識しましょう。

例えば、睡眠を十分に摂れていない状態で精液検査を行うと、一時的にではありますが精子の数が減少する傾向にあるということがわかっています。

慢性的な睡眠不足に陥っている人は、そのような状態で常に妊活をすることになりますから、ある意味結果が出なくても仕方がないということになってしまいます。寝る2時間前以内での食事や枕元でのスマホの閲覧などは、寝付きの悪さに繋がるため気を付けましょう。

運動不足の解消

大人になると、どうしても日々運動する機会が減っていってしまいますよね。しかし、妊活を成功させたければ適度な運動は是非ともするべきです。運動不足になると、体内のの分泌量が減少してしまい、精力減退や勃起不全などの原因を作ってしまうことがあります。

また、運動量が少ないと筋肉の動きが少なくなるため、血行不良になってしまいます。血行不良になってしまうと、当然生殖器やその他の臓器にも十分に血液が循環しなくなるので、男性機能が低下してしまいます。

日々の忙しい生活の中で、もっとも取り組みやすいのはやはりウォーキングかと思います。毎日の通勤やちょっとした買い物の時も車や自転車を使うのではなく、意識して歩くようにすると大分運動不足が解消されるでしょう。

喫煙

タバコをいきなりやめることは愛煙者にとって難しい決断かもしれませんが、不妊の原因ともなりうる喫煙習慣がある場合は、男性不妊に悩む男性が最も断つべき習慣といえるでしょう。

喫煙者は非喫煙者に比べ、精子の数が103~17%減少しますし、同時に精子の運動率も低下することが知られています。また、タバコを吸う男性は勃起不全(ED)になる確率が非喫煙者の男性よりも1.39%高いというデータもあります。

さらに副流煙などによりパートナーへの悪影響という点を考慮すると、まさに百害あって一利なし。辞めるなら、今かもしれません。

参考:洲本市禁煙支援センター

参考:渋谷3丁目クリニック

過度な飲酒

過度なアルコールの摂取は、喫煙に続く男性不妊の大敵と呼べるでしょう。

男性の精液とアルコールの関係は世界的にも盛んに研究されており、南デンマーク大学のとある研究チームの研究結果によれば、ビールを週に5杯以上飲むと精子が劣化することが証明されてしまいました。もちろん飲み過ぎを繰り返す男性が必ず精子異常をきたしているわけではありませんが、酒量の多い男性は、お酒の量を減らすことも立派な対策の一つとなります。

関連記事:タバコ・お酒好きでも妊活できる?妊活中の喫煙と飲酒について

男性器のケア

「大人になってからおたふく風邪にかかると子供ができなくなる」という話を聞いたことはありませんか。事実おたふく風邪はとても危険で、高熱による男性器の温め過ぎから造精機能障害が起こる可能性があります。

ヒトの精子は熱に弱く、継続して熱せられることによりダメージを受けます。高熱となる病気のみならず、「ノートパソコンを膝の上におく」「サウナやお風呂に長時間入る」などでも影響を受けることがあるため、気にしておきたい項目のひとつです。

おわりに

不妊治療は、パートナーとなる女性のみならず、男性にも原因があるかもしれないとういことを理解したうえで、夫婦で取り組む時代となりました。

当サイトで行った出産経験者100人の女性に対するアンケート調査によると、妊活に対して約8割の男性は協力的であったという結果となりました。

また、このような男性側の協力により、女性側の不安がやわらいだり、不妊治療に対して前向きになれたりするケースも多く見受けられました。男性ができる妊活の一環として、まずは男性不妊の存在と原因を理解しましょう。そして、強く疑われる方は泌尿器科や不妊治療専門クリニックでの精液検査や血液検査をすることをおすすめします。

ピックアップ

お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可能でしょうか。そして、何か問題があるでしょうか。 今回は、妊活中の喫煙と飲酒についてまとめました。 タバコ・お酒好きでも妊活できる? タバ...
妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
基礎体温表(グラフ)の見方と書き方 – 無料ダウンロードあり
妊活をはじめようと思い、まず何から始めようかと思いつくのは基礎体温を測ることだと思います。 基礎体温を毎日測り、グラフにすることで、生理日をはじめ排卵日や、排卵日を知るために重要となってくる低温期や高温期、卵胞期や黄体期を知ることができます。つまり、基礎体温表をつけるということは、排卵をしてい...
29歳。A型。既婚。
2014年に入籍、現在は共働きの妻と共に妊活中。夫婦で一緒に取り組む「妊活」を広めるため、男性に知っておいてほしい妊活をはじめとした妊娠・出産に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
知らないと危険?男性不妊の4つの原因と改善すべき6つの生活習慣
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る