排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数

良ければシェアをお願いします。

考える男性と女性

妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人達も少なくありません。妊娠までの流れは大きく4つのステップに分かれており、全てクリアしてやっと赤ちゃんを授かることができます。

卵がして妊娠が成立するまで、体の中で起こっている変化を正しく知ることは妊活の第一歩です。ここではから妊娠に至るまでの流れと仕組み、おおよその期間についてご紹介します。

妊娠までの流れ

排卵から妊娠

1.生理から約14日後に排卵

排卵とは、卵巣のなかで成熟した卵胞から卵子が出てくることです。上の図をご覧ください。卵巣の中にあるのが卵胞で、卵子が入っている袋のようなものになります。卵子は女性が生まれた時点で、原始細胞の数に限りがあり、左右どちらかの卵巣の中から20個ほどが排卵に向けて成長していきます。最も大きく成長した細胞が主席卵胞になり、残りは選ばれた卵胞の栄養となって発育を促進します。生まれた頃は約200~300万個あった原子細胞も、はじめてくる生理のころには約20~30万個にまで減ってしまうなど、常につくられ続ける精子と違い、卵子は新しく作られることはありません。そのため、卵子が卵巣から排出される排卵日を正しく把握することが大切です。

2.排卵してから6~8時間以内に受精

精子は1日に1000万から1億以上と大量に生産されており、ひとつひとつの精子は約80日かけて作られていますが、加齢によって徐々に生産量と運動率は減少していきます。1回の射精で排出される精子は、2億から3億とされており、射精された精子は子宮口から子宮頚管を通って子宮腔、さらに卵管の中を進んでいきます。女性の膣内は強い酸性で、酸に弱い性質をもつ精子は途中で多くが脱落していきます。卵子は排卵されてから24時間のうち、長くとも8時間しか受精できないとされており、精子の寿命である2、3日以内に卵子に辿りつけない場合は受精することができません。
しかし、卵子のある卵管にまで辿り着ける精子は数個にまで激減します。たったひとつの精子でも、卵子にまで辿り着ける確率はまさに奇跡です。

3.受精卵が約7日~10日ほどかけて卵管を移動

卵子は最初に到着した精子と受精するため、卵管采に到着した精子は競って卵子に近づこうとします。精子はこの時点で受精能を身につけ、透明帯と呼ばれる膜に入り込んでいきます。
そしてたったひとつの精子がタイミングよく膜を通過して卵子の中に入ると、途端に透明帯が他の精子が入り込めないようにブロックをかけます。

卵子の中に入った精子は卵活性化物質を出して、卵子の減数分裂を促します。卵子の核と精子の核が融合してひとつの受精卵となり、新しい生命の誕生となります。
こうしてできた受精卵は、受精後35時間ごろから卵管の中で細胞分裂を繰り返し、およそ3日で16分割の桑実胚になります。また、受精卵は細胞分裂しながら、卵管を通り子宮まで移動していきます。

受精後5、6日目の受精卵は子宮内で浮いている状態になり、同時に子宮内膜を20ミリ前後まで分厚くして受精卵を育てるベッドを作ります。
卵巣から出る女性ホルモンの働きによって、受精卵の分割のスピードと状態を整え、同時に最高の状態で着床できるように子宮内の環境を整えていきます。

4.子宮に到着してから2~3日後に着床

受精して5、6日後、子宮内で浮遊している受精卵は、子宮内膜のベッドが整ったという信号を受信すると透明帯の膜を破って子宮内に接します。そして、栄養胚葉が子宮内膜に着床していきます。子宮内膜の上皮、欠損部分が完全に修復され、受精卵が子宮内膜に完全に埋没した状態で着床が完了です。

おおよその期間は、排卵後から数えると6、7日程度で着床が始まり、着床終了までは12、13日程度を要します。そして、着床終了から10日程度で妊娠反応が出るようになります。

着床と共にHCGと呼ばれる女性ホルモンが分泌されて、今度は赤ちゃんが育つ胎盤作りへと進んでいきます。生命の神秘とも受け取れる奇跡がいくつも起こり、女性の体は無意識に様々な変化をとげていきます。

合わせて読みたい

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...

妊娠する期間とは?

基礎体温表と婦人体温計

女性が妊娠する期間は、排卵日の24時間のみです。

排卵日は基礎体温を測ることである程度の予測ができます。一般的には生理日の14日前、低温期が終わり、高温期に入る1~3日の間に排卵が起こると言われています。

排卵日をしっかりと把握し、その日に夫婦で夜の営みを行うことで着床する確率も妊娠する確率も上がります。逆に言えば、計画的に子供を産みたいのであれば、排卵日をさける必要があります。ただし、妊娠は予測や計画通りいくことばかりではありません。妊娠や避妊に「確実」や「絶対」は無いのです。

合わせて読みたい

妊娠超初期症状と生理前症状の3つの違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、とくに妊娠初期症状に敏感で、症状が少しでも当てはまっていたら妊娠の可能性を信じてしまいがちです。 妊娠初期症状と生理前症状は、実はとてもよく似ています。ちょっとした違...

おわりに

排卵から着床までの各ステップを紹介してきましたが、そのひとつひとつが奇跡の連続です。

生命の誕生はどんな状況でも喜ぶべきものであり、親のタイミングや都合で選ぶものではないかもしれませんが、それぞれの事情で参考にしていただければ幸いです。

ピックアップ

排卵日から計算?女の子と男の子を産み分ける3つの方法
子供を二人欲しいとは考えているけれど、一姫二太郎という言葉があるように、最初は女の子で次に男の子がほしい…けれど、女の子と男の子を産み分けることなんてできるのだろうか? そう思われている方にご紹介したいのが、女の子を生むための方法と男の子を生むための方法の3つの大まかな方法。女の子と男の子...
妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可能でしょうか。そして、何か問題があるでしょうか。 今回は、妊活中の喫煙と飲酒についてまとめました。 タバコ・お酒好きでも妊活できる? タバ...
29歳。B型。独身。
妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊活・環境作りの悩みについて・・・あわせて読みたい

排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人達も少なくありません。妊娠までの流れは大きく4つのステップに分かれており、全てクリアしてやっと赤ちゃんを授かることができます。 受精卵が着床して妊娠が成立するまで、体の中で起こっている変化を正しく知ることは妊活の第一歩です。ここでは排卵から...
陽性反応のピークは待たないで!排卵検査薬の正しい使い方とタイミング
意外と知られていない、排卵検査薬を正しく使うタイミング。排卵日を特定したいという気持ちから、排卵検査薬のピークばかりに意識がいってしまい、正しい使い方ができていない方が多くいらっしゃいます。 誤った排卵日検査薬の使い方をすることで、排卵検査薬を無駄にしてしまったり、妊娠への可能性を下げてしまっ...
排卵日から計算?女の子と男の子を産み分ける3つの方法
子供を二人欲しいとは考えているけれど、一姫二太郎という言葉があるように、最初は女の子で次に男の子がほしい…けれど、女の子と男の子を産み分けることなんてできるのだろうか? そう思われている方にご紹介したいのが、女の子を生むための方法と男の子を生むための方法の3つの大まかな方法。女の子と男の子...
妊娠検査薬はいつから陽性反応が出る?フライング検査の注意点
フライング検査というものをご存知でしょうか? 妊娠検査薬を使用して、早い段階で妊娠を知るための検査のことを言います。 妊活中の女性なら妊娠したか、していなかったかという結果について、フライングしてでも早く知りたい人も多くいるでしょう。通常の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査が可能でしたが、...
子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子供が欲しいと望んですぐに授かる場合もあれば、中々子宝に恵まれないということもあります。中には、特に意識したわけではないのに授かったという幸運な方々も世の中にはたくさんいるでしょう。残念ながら、それぞれの家庭によってそのような差は生じてしまうものですよね。 しかし、妊娠の確率を高める努力は、誰...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る