もしかして、不妊症かなと思ったときにやるべきこと10選

良ければシェアをお願いします。

悩む夫婦

不妊症とは、妊娠を望み正常な性生活がありながら1年経っても妊娠しない状態を言います。不妊に悩むカップルは10組に1組と言われていますが、晩婚化や妊娠を望む年齢が高くなっている現在、その割合はもっと高いとも考えられます。「もしかして自分たちもそうなのかな…」と思ったら一体どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

まずは医療機関で検査を受けてみる

不妊の原因を探るために、医療機関ではさまざまな検査を行っています。不妊には女性側の原因、男性側の原因、あるいは両方に原因があることがあります。医療機関で行われる主な検査方法にはどんなものがあるのかご紹介します。

女性側の原因を探る「内診超音波検査

エコーを使って子宮や卵巣の状態を確認し、子宮内膜症や子宮筋腫クラミジア感染症排卵の有無などを調べます。子宮内膜症は卵管周辺の癒着で卵管を詰まらせることがあり、子宮筋腫では子宮内膜の血流を悪くし、胚の定着を妨げることがあります。また過去にクラミジア感染症にかかったことがあると、卵管炎や骨盤腹膜炎により卵管が詰まっていることがあります。

女性側の原因を探る「ホルモン検査

血液や尿を採取し、女性ホルモンの分泌状態やこれに関係した甲状腺などの異常を調べます。妊娠の成立にはエストロゲン、プロゲステロンなどさまざまな女性ホルモンが関係しており、それらの分泌が不足したり過剰だったりすると不妊の原因になります。通常は月経周期(月経期黄体期など)に合わせて月2回程度の検査を行います。

男性側の原因を探る「精液検査

精液を採取し、精子の数や運動量、奇形率を調べます。男性不妊の原因のトップは、精子を作り出す機能自体に問題があるケースです。通常、一度の射精での精子は数億とされていますが、この数が少ないと卵子まで到達できる精子が減り、不妊を引き起こします。精液に異常が見られた場合は、陰嚢内の温度が上がり精巣の発育を妨げる「精索静脈瘤」などの検査を行うことになります。

合わせて読みたい

不妊治療に関するQ&A 教えて!たまgoo!
不妊症と診断された夫婦(あるいはどちらか)に対し、投薬や、高度生殖医療を利用することで、不妊の原因を取り除く治療のことを不妊治療といいます。 厚生労働省によると、不妊治療を受ける夫婦の数は平成12年で46万人以上、これからも増加すると見込まれます。不妊治療については...

医師の指導により不妊治療に取り組む

検査により原因が推定できたら、その原因を取り除くための治療を行った後、妊娠するためのさまざまな方法に取り組んでいきます。また検査をしても原因がわからない場合も、経過観察をしながら以下のような方法で妊娠へと導いていきます。

妊娠しやすい日を見つける「タイミング法」

「タイミング法」は、経腟超音波検査で卵胞の大きさを測定して排卵日を推定し、性交のタイミングを合わせていく方法です。これは排卵日の2日前から排卵日までに性交をすると妊娠しやすいと言われているからです。排卵日は尿中の排卵ホルモンを測定することでも予測することができ、さらに簡単な方法として基礎体温を付けて予測することもできます。

排卵を薬によって起こす「排卵誘発法」

排卵が起こりにくい人や「タイミング法」で妊娠できなかった人には、排卵誘発薬によって卵巣を刺激し排卵を促す「排卵誘発法」が取られます。排卵が起これば「タイミング法」と同様に性交を行うことで妊娠の可能性を高めます。この排卵誘発薬にはいくつか種類があり、人工授精体外の際にも使用されることがあります。

精子を直接子宮内に注入する「人工授精」

上記の方法で妊娠できない場合、特に男性不妊の場合に取られる方法が「人工授精」です。これは採取した精液の中から活発な精子を回収し、排卵日を特定して細いチューブで子宮内に送り込みます。自然周期で行う場合と、前述した「排卵誘発法」と併用して行う場合があります。これで妊娠に至らない場合は、後述する「体外受精」を考えることになります。

体外で受精させ子宮に戻す「体外受精」

排卵前の卵子を体内から取り出し精子と受精させて、2~5日後に発育の良好な胚を膣から子宮に戻す方法が「体外受精」です。採卵の前には「排卵誘発剤」を使用し、数個以上の卵子を採取します。その後、着床に適した子宮環境を作るための施術が行われます。これまでの方法と違い確実に受精の確認ができるため場合によっては他の方法よりも最優先で行われることもあります。

合わせて読みたい

不妊の原因になる黄体機能不全の症状・原因・治療法
黄体機能不全とは、その名の通り黄体ホルモンを放出する黄体が上手く機能していない病気です。黄体ホルモンは女性の体にとって大切な働きをするホルモンで、排卵前に基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くしたりする役割を果たしています。 黄体期に目立った自覚症状が少ないことから変化に気がつかない人も多く、今まで...

妊娠するための医療以外での注意点

不妊症を克服して赤ちゃんを持つためには、普段の生活にも気を配ることが大切です。食生活、性生活、運動、心の状態などさまざまな要素が合わさって妊娠しやすい体質が作られます。ここではそんな生活習慣のいくつかをご紹介します。

必要な栄養素をバランスよく摂る

現代ではファストフードなどカロリーは高いが必須栄養素に乏しい食品で溢れています。タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルといった栄養素の不足は生殖能力にも影響してきます。甘いものやスナック菓子・加工食品の摂り過ぎもホルモンのバランスを崩したり、不妊の原因で多い子宮内膜症を悪化させたりすることがあります。1日3食バランスよく食事をし、食べ過ぎや極端なダイエットに注意しましょう。

適度な運動をするなど、ストレスを溜めこまない

運動不足は血行不良による冷えを起こし、妊娠しにくくなります。普段あまり動かない人は意識的に体を動かすことが大切です。下半身の血行を良くすることは男性不妊の改善にも効果が期待できます。また過度なストレスも妊娠にはマイナス効果ですから、運動によって適度に発散し、生き生きとした心身を保つことを心がけましょう。

不妊のリスクを高める喫煙をやめる

喫煙の習慣のある女性は妊娠しにくく、また妊娠しても流産や死産の確率が高まります。不妊治療に取り組んでいるなら、その効果にも影響を及ぼす他、やはり流産の危険性が高くなります。また喫煙は男性不妊の原因の一つで、精子の減少や活動の低下をもたらします。不妊に悩むカップルは早いうちに禁煙をしたほうがいいでしょう。

おわりに

男女ともに晩婚化が進み、最初の子どもを持つ年齢も年々上昇しています。そんな中でも、自分の血を受け継ぐ愛する子どもを持ちたいという願いは切実なものだと思います。不妊に悩むカップルが自分たちの心身の状態を知り、妊娠に適した生活や、医療の助けを借りることで1日でも早く可愛い赤ちゃんに出会えることを願っています。

ピックアップ

不妊治療と仕事は両立できる?働く女性にぴったりの治療って?
「不妊治療を始めたいけれど仕事も続けたい」「治療を受けていて仕事に支障が出たらどうしよう」と、お悩みの女性は多いことでしょう。子どもがほしいという気持ちと仕事をしたいという気持ちの葛藤は、働く女性ならではの問題です。「どちらかを諦めなければいけないの?」と思っている方!そんなことはありません...
病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
もしかして、不妊症かなと思ったときにやるべきこと10選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る