良ければシェアをお願いします。

もしかして、不妊症かなと思ったときにやるべきこと10選

悩む夫婦

不妊症とは、妊娠を望み正常な性生活がありながら1年経っても妊娠しない状態を言います。不妊に悩むカップルは10組に1組と言われていますが、晩婚化や妊娠を望む年齢が高くなっている現在、その割合はもっと高いとも考えられます。「もしかして自分たちもそうなのかな…」と思ったら一体どうすればいいのでしょうか?

まずは医療機関で検査を受けてみる

不妊の原因を探るために、医療機関ではさまざまな検査を行っています。不妊には女性側の原因、男性側の原因、あるいは両方に原因があることがあります。医療機関で行われる主な検査方法にはどんなものがあるのかご紹介します。

女性側の原因を探る「内診超音波検査

エコーを使って子宮や卵巣の状態を確認し、子宮内膜症や子宮筋腫クラミジア感染症排卵の有無などを調べます。子宮内膜症は卵管周辺の癒着で卵管を詰まらせることがあり、子宮筋腫では子宮内膜の血流を悪くし、胚の定着を妨げることがあります。また過去にクラミジア感染症にかかったことがあると、卵管炎や骨盤腹膜炎により卵管が詰まっていることがあります。

女性側の原因を探る「ホルモン検査

血液や尿を採取し、女性ホルモンの分泌状態やこれに関係した甲状腺などの異常を調べます。妊娠の成立にはエストロゲン、プロゲステロンなどさまざまな女性ホルモンが関係しており、それらの分泌が不足したり過剰だったりすると不妊の原因になります。通常は月経周期(月経期黄体期など)に合わせて月2回程度の検査を行います。

男性側の原因を探る「精液検査

精液を採取し、精子の数や運動量、奇形率を調べます。男性不妊の原因のトップは、精子を作り出す機能自体に問題があるケースです。通常、一度の射精での精子は数億とされていますが、この数が少ないと卵子まで到達できる精子が減り、不妊を引き起こします。精液に異常が見られた場合は、陰嚢内の温度が上がり精巣の発育を妨げる「精索静脈瘤」などの検査を行うことになります。

合わせて読みたい

不妊治療に関するQ&A 教えて!たまgoo!
不妊症と診断された夫婦(あるいはどちらか)に対し、投薬や、高度生殖医療を利用することで、不妊の原因を取り除く治療のことを不妊治療といいます。 厚生労働省によると、不妊治療を受ける夫婦の数は平成12年で46万人以上、これからも増加すると見込まれます。不妊治療については...

医師の指導により不妊治療に取り組む

検査により原因が推定できたら、その原因を取り除くための治療を行った後、妊娠するためのさまざまな方法に取り組んでいきます。また検査をしても原因がわからない場合も、経過観察をしながら以下のような方法で妊娠へと導いていきます。

妊娠しやすい日を見つける「タイミング法」

「タイミング法」は、経腟超音波検査で卵胞の大きさを測定して排卵日を推定し、性交のタイミングを合わせていく方法です。これは排卵日の2日前から排卵日までに性交をすると妊娠しやすいと言われているからです。排卵日は尿中の排卵ホルモンを測定することでも予測することができ、さらに簡単な方法として基礎体温を付けて予測することもできます。

排卵を薬によって起こす「排卵誘発法」

排卵が起こりにくい人や「タイミング法」で妊娠できなかった人には、排卵誘発薬によって卵巣を刺激し排卵を促す「排卵誘発法」が取られます。排卵が起これば「タイミング法」と同様に性交を行うことで妊娠の可能性を高めます。この排卵誘発薬にはいくつか種類があり、人工授精体外の際にも使用されることがあります。

精子を直接子宮内に注入する「人工授精」

上記の方法で妊娠できない場合、特に男性不妊の場合に取られる方法が「人工授精」です。これは採取した精液の中から活発な精子を回収し、排卵日を特定して細いチューブで子宮内に送り込みます。自然周期で行う場合と、前述した「排卵誘発法」と併用して行う場合があります。これで妊娠に至らない場合は、後述する「体外受精」を考えることになります。

体外で受精させ子宮に戻す「体外受精」

排卵前の卵子を体内から取り出し精子と受精させて、2~5日後に発育の良好な胚を膣から子宮に戻す方法が「体外受精」です。採卵の前には「排卵誘発剤」を使用し、数個以上の卵子を採取します。その後、着床に適した子宮環境を作るための施術が行われます。これまでの方法と違い確実に受精の確認ができるため場合によっては他の方法よりも最優先で行われることもあります。

合わせて読みたい

不妊の原因になる黄体機能不全の症状・原因・治療法
黄体機能不全とは、その名の通り黄体ホルモンを放出する黄体が上手く機能していない病気です。黄体ホルモンは女性の体にとって大切な働きをするホルモンで、排卵前に基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くしたりする役割を果たしています。 黄体期に目立った自覚症状が少ないことから変化に気がつかない人も多く、今まで...
3匹の猫と紅茶とフィギュアスケートを愛しています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
もしかして、不妊症かなと思ったときにやるべきこと10選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る