妊娠しやすい人、しにくい人の特徴

良ければシェアをお願いします。

妊婦さん

子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい人」の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠しやすい人、妊娠しにくい人の特徴

妊娠しやすい人

004_快活な女性

若い人

やはり、若さというのは妊娠に対して有利です。一般的な妊娠適齢期は20歳~34歳の間と言われており、残念ながら年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠の確率は低くなってしまいます。
近年は、女性の仕事への考え方も大きく変わり、長く勤める方も多くなった背景から晩婚化の傾向にあります。その流れ自体は変えられるものではありませんから、状況に合った効果的な妊活をしていくことが大切です。

健康体の人

健全な体を保つことも大事な要素です。痩せ過ぎや肥満は本当に良くありません。女性の場合、体型を気にし過ぎるあまり、過度にダイエットをしてしまう方もいるため、気をつけましょう。
また、飲酒・喫煙などの嗜好品も控えなければ、赤ちゃんに悪影響が出てしまいます。副流煙に至っては更なる害を及ぼしますから、旦那さんが喫煙者の場合は協力して禁煙してみましょう。

ストレス発散が上手な人

ストレスと上手に付き合える人は妊娠に向いています。基本的にポジティブ思考であることがあげられます。ストレスは大敵です。ストレスからホルモンバランスを崩す現代女性は、実はとても多くいます。余暇の充実、適度な運動で、ストレスから自分を守ってあげることが大切です。

合わせて読みたい

妊娠超初期症状と生理前症状の3つの違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、とくに妊娠初期症状に敏感で、症状が少しでも当てはまっていたら妊娠の可能性を信じてしまいがちです。 妊娠初期症状と生理前症状は、実はとてもよく似ています。ちょっとした違...

妊娠しにくい人の特徴

004_神経質な女性

冷え性の人

妊娠しにくい人の最も大きな特徴は、ずばり冷え症の人です。体がよく冷えてしまう人は、妊娠しにくいと言われています。男性に比べると血管が細く、筋肉量も少ないことから、冷えに悩む女性が多いのです。
また、冷えは、女性ホルモンのバランスを崩れやすくします。手首や足首など大きな血管が通る部分を温めるだけでも、大きな効果がありますから、是非実践してみてください。

生理が不安定な人

一般的に25日~38日周期で来ていれば安定していると言われる生理ですが、卵子の生命力が弱っている・排卵が起こらない・子宮内膜が成長しない、などが発生している場合、不妊に繋がると言われています。
それに、生理が不安定であるということは、排卵日の特定が難しくなりますから、夫婦生活のタイミングを図るのも大変です。あまりにも生理周期が短いという方や長いという方は、放っておくと危険ですので、早めに受診してください。

神経質な人

性格的に細かすぎる人は些細な事が気になったり、さまざまな情報に左右されてしまったりと、精神的に妊娠がプレッシャーに感じてしまうそうです。
そうなると、免疫力や自然治癒力が低下してしまうため、避妊体質になってしまいます。可能であれば気分転換に旅行をしたり、没頭できる趣味に取り組むというのも気が紛れていいかもしれませんね。

合わせて読みたい

排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人達も少なくありません。妊娠までの流れは大きく4つのステップに分かれており、全てクリアしてやっと赤ちゃんを授かることができます。 受精卵が着床して妊娠が成立するまで、体の中で起こっている変化を正しく知ることは妊活の第一歩です。ここでは排卵から...

妊娠しやすくするために

妊娠しやすい体づくりをするためには、やはりバランスの摂れた食生活がかかせません。ビタミンやミネラルを豊富に摂取すること、そして規則正しい時間に食事をすることが大切です。

朝食をしっかり摂りましょう

朝食

朝食をとることで、女性ホルモンの活動を活発化させると言われています。時間が僅かだとしても、温かい野菜スープをいただくだけでも、大きな効果があります。緑黄色野菜に多く含まれるビタミンEは、「妊娠ビタミン」とも呼ばれています。健康的な排卵を促し、ホルモン調整に大きな役割を果たすことがわかっています。

夕食は早い時間に

夕飯

夕食は、早めに摂るように心がけます。夜間に副交感神経が優位となり、リラックス効果を得ることができるからです。パジャマをピンク色にすると、妊活に前向きになれるとも言われています。色は、女性ホルモンの分泌にも深く関わっているとの研究報告もあり、中でもピンク色は女性を穏やかな気持ちにさせる効果があると言われています。

現在では、サプリメントなども豊富にありますが、身体の内側から温め、健康的な妊娠、出産を迎えられるよう努力することをおすすめします。

子どもが欲しいと思ったときのために

赤ちゃんの手

妊活を始めたからといって、すぐに妊娠の兆しが望めるとは限りません。望んだときに妊娠できるよう、定期的な婦人科検診を受け、自分の身体をよく知っておくことです。生理不順やひどい生理痛に悩む女性は、検診にいくことで改善されるケースも多々あります。

また、アナログのように感じる人もいるかと思いますが、基礎体温の測定は、体調の変化に気づける早道です。現在では、スマートフォンのアプリなどで基礎体温をつけることもできるため、試してみるのも一つです。

おわりに

妊活は、女性一人で行っても成功しません。夫婦で生活習慣を見直すことで、不妊治療をせずに妊娠できたカップルも少なくありません。妊活、妊娠、出産、育児について、パートナーと生活設計を立て、協力し合える共有部分を早めに持つことも大切です。

ピックアップ

お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可能でしょうか。そして、何か問題があるでしょうか。 今回は、妊活中の喫煙と飲酒についてまとめました。 タバコ・お酒好きでも妊活できる? タバ...
不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
【調査】妊活中のセックス回数は?みんなの頻度は週○○回
■ たまGoo!編集部が聞く! 基礎体温を毎日つけて、排卵日を予測して、そこに合わせて旦那さんと相談しタイミングを・・・なんて面倒なことをせずとも、程よく定期的にセックスをしていれば子供ができるのではないか?そう考えられている方も多いのではないでしょうか。 「妊活をしている夫婦はどれくらいの...
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

体質・体づくりの悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
低温期なのに妊娠する?排卵後も体温が上がらない原因とは?
妊活中の方にとって最も気になること、それは基礎体温の変化でしょう。女性の体は、生理周期に伴って、基礎体温が低い「低温期」と基礎体温が高い「高温期」を繰り返しています。一般的には排卵後に高温期に入りますが、中には高温期に入らずそのまま低温期が続くというケースもあるようです。 排卵後に体温が上がら...
ダウン症になる確率と原因、その予防策とは
ダウン症は医学的には「ダウン症候群」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを授かった多くのお母さんが不安になる病気の一つです。一般的には高齢出産や栄養不足がダウン症の原因といわれています。 多くの人がダウン症を「知的障害」が主な症状ととらえているようですが、生まれ...
妊娠しやすい体作りのために今すぐ辞めたい5つのNG妊活
赤ちゃんが欲しいと思っていても、なかなか妊娠の兆候が見られないと、何がいけないのかと悩んでしまいがちです。まずは妊活の第一歩として、ご自身のライフスタイルの中で「妊娠しやすい体作り」の邪魔をしていることがないか、もう一度おさらいしてみましょう。生活を見直すことにより、意外と身近なところに改善...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

『妊娠しやすい人、しにくい人の特徴』へのコメント

  1. 名前:まー 投稿日:2016/04/26(火) 05:44:34 ID:9a7277f22

    自分はまだ10代です。何回も妊娠するであろう機会があります。
    私は若いママになりたいと思っているので、早く赤ちゃんがほしいと思っています。
    でも、妊娠するかもしれないことがたくさんあったのに、してません。
    もしかしたら自分は妊娠しにくい身体なんじゃないかと不安になりました。
    確かに私は生理不順がひどいです。2.3ヵ月来ないなど、普通にあります。生理が来ても最近は3.4日で終わります。

  2. 名前:きょーこ 投稿日:2016/06/01(水) 21:57:36 ID:34defd910

    まーさん
    コメントありがとうございます。
    生理不順の原因として考えられるものとしては、不規則な生活や過度ななダイエット、体の冷え、ストレスなど、様々な原因が考えられるでしょう。
    それらを改善、もしくはサプリや漢方を利用して自身で改善して、すぐに生理不順が良くなればいいですが、保証はありません。
    まーさんの場合、早く赤ちゃんが欲しいということであれば、妊娠しにくいかも、というだけではなく、
    生理不順への適切な治療も視野に入れ、病院で一度検査するというのも一つの道ではないでしょうか。
    (生理不順の種類や治療法についての参考サイト:http://goo.gl/ML5Taz)
    10代ということで病院に行きづらいというのもあるかもしれませんが、生理不順はいつ生理がくるかわからないというストレスでの悪循環も発生しますので、早期の検査をオススメいたします。

トップへ戻る