妊娠しやすい、しにくい人の特徴とは?

スポンサーリンク

妊婦さん

子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれずに悩む女性は多くいます。特に妊活中は、「子どもができないこと」がストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。
子供が欲しいと思ってから、すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。
今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい人」の特徴をご紹介します。

妊娠しやすい人の特徴

若い人

004_快活な女性
若さというのは妊娠に対して有利です。生理があれば妊娠できるというわけではなく、一般的な妊娠適齢期は20歳~34歳の間と言われています。残念ながら年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠の確率は低くなってしまいます。
近年は、女性の仕事への考え方も大きく変わり、長く勤める方も多くなったという背景から、晩婚化の傾向にあります。
自分はいつまで仕事を続けるのか、いつまでに子供が欲しいのか、といったライフプランをしっかり立て、できるだけ若い年齢の内に妊娠するようにすると、年齢を重ねてから「妊娠しにくい」と悩む確立がぐっと減るでしょう。自分の人生に合わせた、効果的な妊活をしていくことが大切です。

若年出産と高齢出産、それぞれの特徴を比較
多くの女性が妊娠と出産を経験します。けれどもそのときの年齢によっては、体の作りや機能面で通常と違いがでてくることも。そのため若年出産...

健康体の人

健康体の人
健全な体を保つことも大事な要素です。痩せ過ぎや肥満はよくありません。体形を気にし過ぎるあまり、過度にダイエットをしてしまう方もいるため、気をつけましょう。
飲酒・喫煙などの嗜好(しこう)品も控えましょう。特にお腹に赤ちゃんがいる場合は、とても悪影響となります。副流煙に至ってはさらなる害を及ぼしますから、旦那さんが喫煙者の場合は協力して禁煙してみましょう。
現在では自力での禁煙のみではなく、禁煙外来も主流となっています。健康体になり、タバコの費用も無くなるので良いことばかりですね。

赤ちゃんのため!パパママになる人でタバコをやめられない人は禁煙外来へ急げ!
妊娠を機に禁煙を考えるパパやママは多いのではないでしょうか。実際に妊娠してから、またはそろそろ子どもが欲しいから…など禁煙のタイミン...

ストレス発散が上手な人

ストレス発散が上手な人
ストレスと上手に付き合える・ポジティブな思考を持てる・ストレスの上手な発散方法を知っていることが重要です。
ストレスは妊娠の大敵です。ストレスによってホルモンバランスが崩れてしまい、体調が崩れやすくなってしまいます。余暇の充実、適度な運動で、ストレスから自分を守ってあげることが大切です。

合わせて読みたい

人気の葉酸サプリメント10選!妊活・妊娠中のおすすめ葉酸サプリ・ランキング
なぜ葉酸が必要なの? サプリメント先進国のアメリカでは、疾病管理センター(CDC)による「葉酸摂取と神経管閉鎖障害に関する研究」から、...

妊娠しにくい人の特徴

冷え性の人

冷え性の人
妊娠しにくい人の最も大きな特徴は、ずばり冷え症の人です。体がよく冷えてしまう人は、妊娠しにくいと言われています。
男性に比べると血管が細く、筋肉量も少ないことから、冷えに悩む女性は多く居ます。
また、冷えは、女性ホルモンのバランスを崩れやすくします。手首や足首など大きな血管が通る部分を温めるだけでも、大きな効果がありますから、ぜひ実践してみてください。

高い栄養素!!妊活にはポリフェノールで冷え性対策
ポリフェノールという言葉をなんとなく耳にした事のある方は多くいらっしゃると思います。実はこのポリフェノールには、体の冷えを防いで血流...

生理が不安定な人

生理が不安定な人
一般的に25日~38日周期で来ていれば安定していると言われる生理ですが、卵子の生命力が弱っている・排卵が起こらない・子宮内膜が成長しない、などが発生している場合、不妊につながると言われています。
それに、生理が不安定であるということは、排卵日の特定が難しくなりますから、夫婦生活のタイミングを計るのも大変です。あまりにも生理周期が短いという方や長いという方は、放っておくと危険ですので、早めに受診してください。

もしかして生理不順!?正しい生理周期とは
生理周期が不規則で安定しない時、もしかしたら生理不順じゃないだろうかと心配になる時がありますよね。その原因はひとつではなく、精神的なスト...

神経質な人

神経質な人

性格的に細かすぎる人はささいな事が気になったり、さまざまな情報に左右されてしまったりと、さまざまなことでストレスを感じやすくなってしまいます。
そのため、妊娠についても他人と比べて不安になったり、情報を多く調べすぎてしまったりと、妊娠する事自体をプレッシャーに感じてしまうそうです。
そうなると、ストレスによって免疫力や自然治癒力が低下してしまうため、避妊体質になってしまいます。可能であれば気分転換に旅行や、没頭できる趣味に取り組むというのも気が紛れていいかもしれませんね。

合わせて読みたい

排卵⇒受精⇒着床⇒妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人たちも少なくありません。妊娠までの流れは大きく四つのステップに分かれており、全てク...
28歳。AB型。主婦。 主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠しやすい、しにくい人の特徴とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る