月経前症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

月経前症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

生理前の不快感を経験したことはありませんか?生理前に気分が落ち込んだり、下腹部が痛んだりする症状を月経前症候群といいます。月経前症候群の症状が強い人には不妊の原因になる病気が隠れていることもあり、注意が必要です。そこで月経前症候群について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

月経前症候群について

概要

月経()の前にはどうしてもイライラしてしまったり、甘いものが無性に食べたくなったり、乳房がはって痛んだり…いろいろな不調がでてきますよね。これは、月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状です。PMSは“Premenstrual Syndrome”という英語の略称。月経(生理)の3〜10日位前から起こるキモチやカラダの不調で、月経(生理)が来ると症状が弱まり、やがて消えていくものです。 多くの女性が月経(生理)の前になんらかのPMSの症状を抱えていると言われています。

月経前症候群の症状

症状

PMSの症状は人によってさまざま。 また同じ人でも月によって違い、その種類は200以上といわれています。 もしあなたが月経(生理)の前にココロやカラダに不調を感じることが多いのならば、それはPMSの症状かもしれません。月経前症候群の症状は非常に個人差が大きく、症状が重い方だと、生理が始まる前に腹痛や腰痛、頭痛、吐き気、めまい、むくみ、便秘、乳房の張り、肌荒れといった症状がいくつか重なって出ます。またイライラしたり気分が落ち込んだり、集中力の低下や不眠といった精神的な症状が出たりすることも珍しくありません。ひどくなるとうつ状態になって自分で感情のコントロールができなくなることもあります

合わせて読みたい

生理不順には漢方が効く?周期改善に効果的な理由
望んでいてもなかなか妊娠に至らない場合、その原因はいくつか考えられますが、生理不順もその原因の1つとされています。 卵巣や子宮機能の低下によって正常に排卵ができず、それが原因で生理の周期が短すぎたり長すぎたりといった生理不順が引き起こされると言われています。正常な排卵がされない状態が続くとます...

月経前症候群の診断基準

診断基準

PMSかどうかの診断は、体調や気分の変化があっても日常生活が普通に送れているか、仕事に影響が出ていないかなどの問診を中心に行われます。月経前は誰もが多少体調が悪くなったりイライラしやすくなったりしますが、体調や感情の変化が極端で日常生活に支障をきたすレベルと判断されると、PMSと診断されます。ちなみに月経が来たとたんにケロっと治ってしまうのが特徴なので、基礎体温をつけながら体調の変化を記録することで、自分でもPMSなのか見当をつけやすくなります

月経前症候群になる原因

原因

生理の前にだけ不快な症状が続き、生理が始まると症状が消えてしまうのがPMSの特徴ですが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。主な原因は以下3つと考えられており、ストレスが溜まりやすい人やちょっとしたことでも精神的に影響を受けてしまう人はPMSの症状が出やすいといわれています。

ホルモンバランスの乱れ

後に分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)が影響を与えているのではないかという説が有力です。排卵後にはエストロゲン卵胞ホルモン)が減少してプロゲステロンが増えます。この2つの女性ホルモンの分泌バランスや分泌量の切り替わりがうまくいかないことで一時的に不安定な状態になり、身体的にも精神的にも不快な症状を感じてしまうのではないかと考えられています。

セロトニンとオキシトシンの分泌量

生理前は幸福感を増やすセロトニンの分泌量が減ることが、月経前症候群の原因になりうるとも考えられています。一方で、排卵後から生理開始1週間頃までは愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンの分泌量が増え、精神安定をもたらします。オキシトシンが分泌されていてもセロトニンの分泌量の減少の方が、影響が大きければ月経症候群の症状がみられるのかもしれません。

低血糖

生理前は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きが悪くなることで、低血糖になりやすく、月経前症候群を引き起こすと考えられています。

月経前症候群の治療法は?

症状がひどくて日常生活にも支障が出てしまう場合は早めに婦人科を受診して相談をしましょう。本人の希望や症状に応じて、低用量ピルや精神安定剤、抗うつ薬などを処方してもらえます。また、長期的な治療には漢方薬をすすめられることもあります。

合わせて読みたい

低温期なのに妊娠する?排卵後も体温が上がらない原因とは?
妊活中の方にとって最も気になること、それは基礎体温の変化でしょう。女性の体は、生理周期に伴って、基礎体温が低い「低温期」と基礎体温が高い「高温期」を繰り返しています。一般的には排卵後に高温期に入りますが、中には高温期に入らずそのまま低温期が続くというケースもあるようです。 排卵後に体温が上がら...

月経前症候群の予防について

予防

PMSの特徴は、排卵時期から症状が起こり、生理が始まると嘘のように症状が消えてしまうという点です。とはいえ症状が出る時期がわかっているだけに対策もとりやすいといえます。

食生活を見直す

栄養バランスが偏った食生活を続けているとホルモンバランスが崩れやすく、症状も重くなります。豆類や緑黄色野菜、玄米、そばなどの精製していない麺類などを積極的に食べるようにし、砂糖や塩分、カフェイン、アルコール、添加物は摂りすぎないように注意しましょう。特に○砂糖やカフェイン、パンやパスタなどの加工品、アイスクリームなどは体が冷えやすくなりますから、この時期に控えるだけでも症状が軽くなることがあります。

またビタミンB6が症状をやわらげるという研究結果も出ています。小麦胚芽や玄米など精製されていない食品やいわし・かつお・さばなどの青魚を積極的に食べましょう。

ストレス解消をする

PMSを悪化させる一番の原因はストレスだといわれています。ホルモンバランスが乱れやすい生理前は精神的に不安定になりやすい状態にありますから、ストレスをためこまないように上手に発散しましょう。映画を観る、音楽を聴く、軽い運動をする、友人と会って話すなど、自分に合ったストレス解消法を見つけたいですね。

基礎体温をつける

生理周期が不安定な人は、排卵時期や生理時期を把握するのが難しいものです。基礎体温を測ることで○生理時期の予測をし、体調が不安定になる可能性を見越して過ごすことができます。また、PMSは他の病気と間違えやすい症状が多いので、基礎体温を測ることで生理周期と症状の関連があるかどうかをきちんとチェックしましょう。

月経前症候群の入院の必要性は?

入院

とくに入院の必要はありません。不安な場合は担当の医師に相談してみるようにしましょう。

おわりに

PMSの原因がホルモンバランスの乱れだとすると、卵胞の成長や子宮内膜の状態に問題が起きている可能性があり、妊娠しにくい状態になっていることもあります。不快な症状が毎月起こる状態をただガマンするだけでは生理前の生活に支障が出ますし、妊娠したいと思ったときにはさまざまな不妊治療を受けなければいけなくなるかもしれません。

そんな状況にならないためにも、不快な症状が続く場合は我慢せずに婦人科を受診しましょう。薬に頼るのが嫌な人でも、症状を軽くしていく治療やアドバイスをもらえるはずです。

また、女性の体のリズムはデリケートですから、PMSの症状をすぐに、そして完全になくすのはなかなか難しいことです。それだけに生理前にはどんな症状が出るかをしっかり把握し、少しでも負担を減らせるようコントロールできるといいですね。特に精神的な症状が重いようなら家族をはじめ周囲にあらかじめ伝えて理解を得ると気持ちが楽になりますよ。

ピックアップ

生理痛にはもうウンザリ…痛みを緩和する5つの方法
生理痛の症状は、人によってさまざまです。中でも腹痛や腰痛、イライラなどといった症状が代表的で、毎月訪れる不快感をどう対処してよいのか悩んでいる方も多いことでしょう。 そこで今回は、生理痛を緩和する5つの方法をご紹介します。どの方法もすぐに試すことができるため、生理痛を感じたらぜひ実践し...
もしかして生理不順!?正しい生理周期とは
生理周期が不規則で安定しない時、もしかしたら生理不順じゃないだろうかと心配になる時がありますよね。その原因はひとつではなく、精神的なストレスや睡眠不足、栄養不足など、さまざまです。この状態があまりにも長く続いてしまうと、妊娠しにくい体になってしまう可能性もあるため、早期に改善していく必要がありま...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/characteristic-of-anovulation-menstruation/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
月経前症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

体質・体づくりの悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
低温期なのに妊娠する?排卵後も体温が上がらない原因とは?
妊活中の方にとって最も気になること、それは基礎体温の変化でしょう。女性の体は、生理周期に伴って、基礎体温が低い「低温期」と基礎体温が高い「高温期」を繰り返しています。一般的には排卵後に高温期に入りますが、中には高温期に入らずそのまま低温期が続くというケースもあるようです。 排卵後に体温が上がら...
ダウン症になる確率と原因、その予防策とは
ダウン症は医学的には「ダウン症候群」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを授かった多くのお母さんが不安になる病気の一つです。一般的には高齢出産や栄養不足がダウン症の原因といわれています。 多くの人がダウン症を「知的障害」が主な症状ととらえているようですが、生まれ...
妊娠しやすい体作りのために今すぐ辞めたい5つのNG妊活
赤ちゃんが欲しいと思っていても、なかなか妊娠の兆候が見られないと、何がいけないのかと悩んでしまいがちです。まずは妊活の第一歩として、ご自身のライフスタイルの中で「妊娠しやすい体作り」の邪魔をしていることがないか、もう一度おさらいしてみましょう。生活を見直すことにより、意外と身近なところに改善...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る