これじゃ妊娠できない!妻だけED、どうしたらいい?

妻だけED
近年、「妻だけED」という言葉が話題になっています。夫から「妻とだけできない」なんていわれたら、妻としてはショックですね。特に、妊活に励んでいるカップルならなおさらです。しかし、「妻だけED」の原因は妻にもあるかもしれません。今回は「妻だけED」の原因と対処方についてご紹介しましょう。妊活中の人は、妊活に対するお互いの意識を確認する良い機会になるかもしれません。

妻だけとセックスできない「妻だけED」

冷めた夫婦
妊活をしている方のなかには、「妻だけED」という言葉を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。ED(勃起不全)は、ペニスが勃起までに時間がかかったり、途中でなえてしまったりすること。ストレスなど精神的な原因で起こる「心因性ED」と、男性ホルモンの分泌低下や生活習慣病など体の異常が原因で起こる「器質性ED」がありますが、40代以前の若い世代には心因性が大部分ともいわれています。心因性にはさまざまなパターンがありますが、既婚者の若い世代で最近増えているのが「妻だけED」とよばれる状態です。

妊活をきっかけに「妻だけED」に!?

「妻だけED」とは、妻とセックスをするときだけEDになってしまうことです。妻以外の女性とはセックスができるが妻に対してはセックスができないということ。妻にだけEDになってしまう原因として、以下のようなものが挙げられます。

1.子どもの「母」として見てしまう

子どもが生まれてから妻を女性とみることが難しく「母親」として家族の一員と認識してしまい性行為をする気がなくなる。

2.長年一緒に暮らしていてマンネリを感じる

妻とのセックス自体に新鮮味や独創性がなくなってくる

3.仕事で疲れていてその気になれない

仕事で体力的には精神的にも消耗しすぎていることでセックスをする気にならない

4.妻に暴言などを浴びせられ、精神的に追い込まれた

妻から暴言、誹謗中傷のモラハラがひどく性的対象にならなくなった

「夫側の勝手な都合じゃないか」と腹立たしい気持ちになる一方、気になるのが4の理由。妊活がなかなかうまくいかず、妻が「どうしてダメなの?」などと夫を責めるようになるケースも、ここに当てはまります。妊活をするなかで、夫が「妻だけED」に陥ってしまうことは珍しくありません。

タイミング法の「義務感」に嫌気が差す

排卵日を予測してセックスをする「タイミング法」は、妊活の基本ですが、タイミング法に取り組むことそのものが、夫にはセックスを強要されているように感じられてしまい、EDになってしまう一因ともいわれています。
一方、妻は排卵予測日にセックスしたのに生理が来てしまうと、大きく落胆してしまいます。女性は1年に排卵が12回しかなく、1回のチャンスにかける気持ちを男性はなかなか理解できないかもしれません。お互いの気持ちを理解できず妊活がうまくいかないと、お互いにギスギスした雰囲気になるでしょう。夫は義務感を伴うセックスを嫌がるようになり、妻はそんな夫を責める。精神的に追い詰められた夫は、やがて「妻だけED」になってしまうのです。

合わせて読みたい

子どもが生まれてもセックスレスにならない夫婦のタイプとは?
子どもが生まれてもセックスレスにならない夫婦のタイプとは?
結婚前、妊娠前はとても仲が良かった夫婦でも、妊娠や子どもが生まれたことがきっかけでセックスレスに陥ってしまうことも多いと言われています。...

相互理解が「妻だけED」克服への第一歩

夫婦のコミュニケーション
妊活をきっかけに夫が「妻だけED」になり、結果として離婚の道を選んだカップルもいます。できれば悲しい結末は迎えたくないもの。「妻だけED」は精神的な要因が大きいだけに、精神的に満たされることで改善される面もあります。

二人の楽しみとしてのセックスも大切に

「妻だけED」を克服するには、夫がED治療を受ければいいというものではありません。妻にも原因がある以上、妻の意識も変える必要があるからです。
「妻だけED」に陥ってしまう夫ほど、妻を深く愛している傾向にあるといわれています。夫は妻の「子どもが欲しい!」という気持ちは理解しているし、自身も子どもを望んでいます。しかし、過度なプレッシャーをかけられると勃起できない事態に。実は、男性の勃起機能はメンタルに影響される部分が大きいのです。また、排卵日以外に妻を求めたとき、妻から「今日はその気になれない」と断られてしまうと、深く心が傷ついてしまいます。
妊活中は「子づくり」に必死になるあまり、二人自身の快感をおざなりにしがち。たまには雰囲気を変えてみたり、日常的にスキンシップを心がけたりして、二人の時間を大切にしましょう。

夫も自身の状態を知り、建設的に話し合う

もちろん夫も、生理周期など妻の身体のメカニズムを理解する必要があります。また、妻だけが検査を受けていて、夫は何もしていないということはありませんか? 妊娠は卵子と精子が受精して成立するもの。夫もぜひ精子検査を受けましょう。
夫の精子の状態が良くなく、体外受精も視野に入れた方がいいのに、夫が精子検査を受けていない状態でタイミング法を試していても、うまくいく確率はとても低くなります。そのような状況に二人が気づかずに、妻が夫につらく当たったり、夫が「妻だけED」に陥ってしまったりしているとしたら、これほど不幸なことはありません。夫も妻も自身の身体の状態を把握して話し合うところから「良い妊活」は始まります。

合わせて読みたい

実はあなたもそう?既婚者の47・2%はセックスレスという驚きの事実
実はあなたもそう?既婚者の47・2%はセックスレスという驚きの事実
なんと既婚者の47・2%はセックスレスという驚きの事実があるのです。この事実を詳しくみてみると、既婚者のセックスレスには出産が大きく関わ...
年齢は40代前半。家族構成は夫、娘(8歳)です。企業取材中心のお堅い記事ばかり書いていたライター歴19年の母です。子どもが生まれたのを機に、教育や家計などの記事も書くようになりました。資格保持は中学社会1種・高校地理歴史1種教員免許です。子育てポリシーは「子どもは親が知らない未来を生きる」

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る