子宮内膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

カルテを見る女性

子宮の病気には、不妊の原因になるものがあります。子宮内で炎症が起こる「子宮内膜炎」もその一つです。症状自体は重くありませんが、気づかずに放置してしまうと卵管閉塞を引き起こす可能性がある病気です。では具体的に症状や原因、治療方法を確認していきましょう。

子宮内膜炎について

細菌

子宮内膜炎とは、子宮の内側にある子宮内膜という粘膜が炎症を起こす病気です。子宮内膜は月経のたびにはがれて体外に排出され、その後、新しい子宮内膜がつくられるというサイクルを繰り返すので炎症が起きることはほとんどありません。しかし何らかのきっかけで子宮内に細菌が侵入して子宮内膜が炎症を起こすことがあります。

ちなみに「子宮内膜症」と混同されがちですが全くの別物です。子宮内膜症は本来子宮内にしか存在しない子宮内膜が、卵巣や卵管といった子宮以外の別の場所にできてしまうものです。

子宮内膜炎の症状

腹痛

子宮内膜炎は感染状況によって、急性子宮内膜炎、慢性子宮内膜炎の二つに分類され、それぞれ現れる症状も異なります。

急性子宮内膜炎の症状

細菌が侵入して突発的に発症する子宮内膜炎の場合は、発熱や下腹部痛、腰痛、排尿痛、不正出血、おりものの増加などがみられます。炎症がひどくなると、卵管や卵巣へと広がっていく場合があります。

慢性子宮内膜炎の症状

子宮内の基底層に侵入した細菌が、子宮内膜がつくられるたびに再感染することを慢性子宮内膜炎といいます。急性時のような自覚症状はなく、経血量が減ったり無月経になったりします。自覚症状がないため見過ごされてしまう場合があります。

子宮内膜炎の診断基準

検診

身体の診察と内診を行います。まずは圧痛やおりものがないかどうか、腹部、子宮、子宮頸部(けいぶ)を調べます。また、次のような検査も併せて行うことがあります。

  • 子宮頸管(けいかん)からサンプルを採取して(培養)、クラミジアや淋菌(りんきん)などの感染性病原体を検査する
  • 子宮の内膜から少量の組織を採る(生検)
  • 腹部や骨盤の内部をさらに詳しく観察できる腹腔鏡検査
  • おりものを顕微鏡で観察する(膣スメア)
  • 白血球(WBC)数と赤血球沈降速度(ESR)を測定する血液検査→子宮内膜炎ではWBC数とESR値が上昇する

合わせて読みたい

若くても安心できない!?子宮体がんの症状や治療法まとめ
女性が気を付けるべき病気はたくさんありますが、中でも注意したい病気の一つが「子宮体がん」です。子宮の病気のうち、半数を占めるとも言わ...

子宮内膜炎になる原因

清潔なもの

子宮内膜炎の原因は細菌感染です。淋菌(りんきん)や連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、クラミジア、結核菌など、さまざまな菌が子宮内膜炎を引き起こします。細菌は子宮の入り口から侵入する場合(上行性感染)がほとんどですが、まれに結核菌が腹腔内から卵管を通じて感染する(下行性感染)場合もあります。

普通に生活していて子宮内に細菌が侵入することはあまりありませんが、月経時に不潔なタンポンを膣内へ入れたり、タンポンを長時間装着したままにしたりすると細菌が侵入する可能性があります。また性行為で感染した淋菌(りんきん)が時間の経過とともに子宮内に侵入する場合もあります。

ほかにも流産や中絶後、分娩(ぶんべん)後などは子宮頸管(けいかん)が開いているために子宮内での細菌感染の可能性が高まります。産後は身体の抵抗力が弱まっているうえ、子宮内に胎盤などが残っているので子宮内膜炎を発症することがあります。産褥(さんじょく)期に起こる子宮内膜炎は「産褥(さんじょく)性子宮内膜炎」と呼ばれています。

子宮内膜炎の治療法は?

治療法

急性子宮内膜炎と慢性子宮内膜炎はどちらも血液や分泌物の検査で原因菌を特定し、その菌に有効な抗生物質を投与することで治療します。急性子宮内膜炎の場合は、月経時に子宮内膜がはがれると細菌も一緒に排出されるため自然に治る場合があります。

一方、慢性子宮内膜炎は基底層まで細菌が侵入しているため自然治癒はしません。流産後や分娩(ぶんべん)後の子宮内膜炎の場合は、抗生物質の投与と同時に子宮収縮薬を併用し、子宮内腔に残った組織の排出を促します。子宮内膜炎の炎症が広がると骨盤腹膜炎を発症する恐れがあります。

合わせて読みたい

子宮頸管(けいかん)無力症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要
子宮頸管(けいかん)無力症について子宮頸管(けいかん)というのは子宮の出口にあたる部分で、出産のときに赤ちゃんの通り道となる産道...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子宮内膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る