安産型ってどういう意味?本当に安産になるの?

スポンサーリンク

妊婦の後ろ姿

「安産体形だと、出産が楽である」という話をよく耳にしますが、実際に安産型とはどのような体形なのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。安産であることに越したことはないため、自分が安産型に当てはまるのかどうか気になるところでしょう。

そこで今回は、安産型とはどういう意味なのか、そして本当に安産になるのかについて、具体的にまとめてみました。これから出産を迎えようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

安産型とは?

チェックリスト

一般的に「安産型」と言われている体形の特徴は、以下の通りです。

  • おしりが大きい
  • 骨盤が広い
  • 太りすぎていない
  • 身長が高い
  • 冷え性でない

特に、おしりが大きい=安産型のイメージがありますが、赤ちゃんがスムーズに出て来られるかどうかが出産時にはとても大切で、おしりが大きいと骨盤が広くしっかりしているため、そのように考えられています。また、産道が広いかどうかで安産になるか難産になるか分かれるとされており、骨盤が広い方は産道も広いことが多く、赤ちゃんが産道をくぐり抜けやすいため安産になる可能性が高いとされています。

ただし、いくら骨盤が広くしっかりしていても、太りすぎていると皮下脂肪が邪魔をして産道が狭くなってしまうため、安産型とは言えません。また、冷え性の方の場合も体の冷えによってお産が進みづらくなりやすいため、注意が必要となります。体が温かいと血の巡りが活発でお産が進みやすくなり、安産になりやすいようです。

合わせて読みたい

今からでも間に合う!安産を迎えるための七つのコツ
今からでも間に合う!安産を迎えるための七つのコツ
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産める...

安産型だと本当に安産になるの?

体重管理

いわゆる「安産型」であれば本当に安産になるのかどうかについては、医学的な根拠はありません。確かに骨盤が広くしっかりしている人の方が、出産時間は短い傾向があるようです。しかし、やせ型で骨盤がそれほど広くない人でも、安産になるケースはたくさんあります。体形だけで安産か難産か決まるわけではなく、たとえ安産型でない方でも、妊娠中の生活や体重管理などに気をつけることで安産を導くことができるとされています。生活習慣を見直すことで、安産型になれると言っても過言ではないでしょう。

合わせて読みたい

陣痛ってどんな痛み!?三つの陣痛の兆候について
陣痛ってどんな痛み!?三つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実をいうと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全...
22歳。B型。既婚。 現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。 妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
安産型ってどういう意味?本当に安産になるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る