停留睾丸の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

男性

スポンサーリンク

停留睾丸について

乳児健診

停留睾丸というワードをご存知ですか?停留睾丸とは停留精巣ともいい、男児の生殖器の異常としては最も多い疾患です。これは陰嚢内に睾丸が触れない状態、つまり精巣が出生時に正常な位置(陰嚢内)に位置しない状態のことを言います。

もともと精巣は胎児期には腹腔内に存在し、胎生3ヵ月ころに下降し始め、30~32週までに陰嚢内に降りてきます。これが途中で留まった状態が停留精巣です。新生児の3~5%に認められますが、生後6か月頃までは自然に下降してくる場合があります。そして、1歳では1%に減少し、それ以降は自然に下降してくることはありません。低出生体重児早産児では、発生頻度が高くなります。

停留精巣の多くは、出生後の数ヶ月で自然に精巣が陰嚢内に下りて正常になります。しかし、その後も停留精巣の状態が続く場合は、手術によって精巣を陰嚢内に固定する必要があります。男の子のお母さんや妊娠中の方にとってはちょっと気になる問題ですね。今回は普段あまり聞くことのない「停留睾丸」について学んでいきましょう。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

停留睾丸の症状

赤ちゃん

陰嚢内に精巣を触れないこと以外、特別な症状は特にないとされている停留睾丸。停留睾丸は乳児検診で見つかることがほとんどです。乳児検診の際、医師は触診で、陰嚢内の精巣の有無を診察します。ただし、診察対象は大人ではなく赤ちゃんです。泣いたり駄々をこねたりした場合は診察が難しくなります。精巣は正常でも簡単に鼡径部に上がってしまうため、停留睾丸が疑わしい場合は、お子さんの機嫌のいい日など、日にちを改めるなどして何度か診察する必要があります。

停留睾丸の見極め方としては、陰嚢に触ってもコロコロとした睾丸がふれない、陰嚢の大きさが左右で違う、片方だけの場合と両方下降しない場合もある、とどまっている場所も異なり、お腹にとどまっている場合は触ってもどこにあるか分からないなどの様子がみられるかどうかです。

ただし、停留睾丸には移動性精巣というケースもあります。停留睾丸との区別は難しいですが、陰嚢まで降りてきているのに「とどまらず」鼠径部と陰嚢の間を行き来するのが「移動性精巣」です。症状としては刺激があり、緊張している場合は精巣の位置が高くなり、陰嚢が空っぽになりますが、リラックスしている場合は精巣が陰嚢内にあり、睾丸に触れるようになっています。

このように場合によって状態が変化するため、「移動性」の名がついています。移動性精巣の場合は基本的に治療の必要はないとされていますが、心配な場合はお医者さんに相談するようにしましょう。

停留睾丸の診断基準

聴診器とタブレット

先に述べたように、停留睾丸は検診で見つかることがほとんどですが、症状がわかっていれば両親でも発見することは可能です。よく陰嚢を触ると精巣が触れますが、乳幼児期は精巣についている筋肉が過敏で、反射的に収縮して精巣が陰嚢内にあったりなかったりしてわかりづらくなります。入浴後など緊張がとれた状態になると降りているのは移動性精巣と呼び、基本的に治療の必要はありません。入浴後に何回か触ってみて触れない場合には、泌尿器科の専門医に相談することをおすすめします。

専門医が何回か診察して精巣が触れない場合には、腹腔内に精巣があるか精巣が欠損している可能性があります。この場合はCT、MRIやエコーで精巣の場所を調べる方法もありますが、診断精度が低いので、一般的には行われていません。最近では腹腔鏡による診断と治療も行われるようになっています。

合わせて読みたい

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...

停留睾丸になる原因

男性ホルモンのイメージ

停留睾丸の原因は現代でも特定されておらず、正確な原因は不明とされています。遺伝的要因や母体要因、環境要因などが、胎児期のホルモンの産生や神経系の成育、体の成育に影響を与え、停留精巣になると考えられています。精巣は卵巣と同じく生殖腺原基から発生します。ところが精子卵子と違って体温より2~3℃低い環境でないとうまく形成されません。そのため、体内よりも多少温度の低い陰嚢まで降りてくる必要があるわけです。

下降してくる過程の仕組みに関しては、胎児の精巣が形成され男性ホルモンの産生が始まる時期に一致して精巣の下降も始まること、精巣はあっても男性ホルモンの産生または作用に傷害があるような特殊な症例で停留精巣が生じることから、胎児期の男性ホルモンの関与があると考えられていますが、詳細は不明です。

停留睾丸の治療法は?

薬

日本では1~2歳頃に手術をすることが一般的な治療法です。ヨーロッパではホルモン療法が行われている例もありますが、有効率は低く、治療法としてはまだ曖昧な部分が多いため、日本では取り入れられていません。

1~2歳頃手術をする理由としては、停留睾丸は6か月未満の場合自然治癒することがあるためです。生後6カ月までに改善されない場合、手術で精巣を陰嚢内に固定する治療を行います。

また停留精巣の治療は、精巣がんや不妊症の発生のリスクをなるべく低くするため生後15か月までに行うほうがいいとされています。停留精巣で、精巣が未熟で機能が期待できない場合は、摘出する場合もあります。

合わせて読みたい

【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...

停留睾丸の予防について

停留精巣は、先天的に陰嚢、及び精巣に何らかの問題が生じて引き起こされる疾病です。そのため、効果的に予防する方法などは、現在特に見つかっていません。「もしかして」と思ったらまず陰嚢の様子をチェックして、検診のときに伝えたり、病院で診てもらったりするようにしましょう。

停留睾丸の入院の必要性は?

3~4日の入院が必要とされています。傷は小さいですが、お腹の中を操作しているために手術当日は食事の摂取が少なかったり、吐いたりする場合があるためです。通常手術の翌日から翌々日には元気になるとされています。

おわりに

「停留睾丸」は原因も予防策もない病気です。このように記述すると不安になるかもしれませんが、生後6か月未満の場合には自然治癒することもあります。もしお子さんにその症状が見られた場合には焦らず、少し様子を見てから専門医に相談するようにしましょう。

参考サイト

泌尿器科の扱う病気、香川大学医学部泌尿器科等について、その他適宜お答えしていこうと考えております。

ピックアップ

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...
赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...

https://tamagoo.jp/childcare/sound-sleep-goods/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
停留睾丸の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る