妊活クライシスに陥らないために。夫婦の力で乗り切ろう

妊活クライシス
あなたは、妊活クライシスという言葉を聞いたことがありますか?大好きな人と結婚し、迎える結婚生活。その結婚生活は幸せで満ちているものになると思っていたことでしょう。しかし、結婚をしてもささいなすれ違いから妊活クライシスに陥ってしまい、離婚という決断をする夫婦も少なくありません。
今回は、妊活クライシスがどんなものなのかを説明すると共に、妊活クライシスに陥らない方法について、ご紹介します。

妊活クライシスってどういうもの?

すれ違う気持ち
クライシスとは日本語に訳すと「危機」という意味です。つまり、妊活クライシスとは、結婚後の生活で夫婦がすれ違いを起こすことにより、妊活に危機が訪れている状態のことを言います。妊活クライシスを放っておくと、離婚にまで発展してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

妊活クライシスが起こる原因って何なの?

妊活クライシスが起こる原因として挙げられるのは、以下のようなものがあると考えられています。

  • 相手の嫌な部分が見えてくる
  • 気持ちのすれ違い
  • 夫婦間に愛情を感じることができない
  • 夫婦の意識の差

このように夫婦間でのすれ違いから引き起こされるものが、妊活クライシスにつながってしまうと言われています。

妊活クライシスに陥らないようにするには?

どんな夫婦にでも起こり得る妊活クライシスは、陥る前に気を付けることで、円満な結婚生活を送ることが可能となります。妊活クライシスに陥らないために注意するポイントは、「お互いが相手に寄り添うこと」です。相手が落ち込んでいるときや精神的に不安定な時期には、必ず寄り添って相手の気持ちをしっかりと聞いてあげてください。
問題を解決することに注目すると難しく思えるのですが、それを目的とするのではなく、相手の気持ちを少しでも軽くすることに注目してみましょう。

妊活クライシスになったときはどうすればいい?

もし、妊活クライシスに陥ってしまった場合には、「焦らない」ことが大切です。また、夫は妊活クライシスに陥ってしまった妻を支えるための努力をすることが必要になります。妻も、これ以上に悪化しないように解決策を見つける、夫の考え方も受け入れ、イライラしないようにするなど、できる努力がたくさんあります。早く問題を解決しようと焦るのではなく、今できることを確実にこなすようにすることがポイントです。

合わせて読みたい

不妊治療に非協力的。そんな旦那さんの気持ちが知りたい
不妊治療に非協力的。そんな旦那さんの気持ちが知りたい
赤ちゃんがほしいのになかなか授からないとき、不妊治療という道を選択する人も多いことでしょう。しかし、妻はやる気なのに旦那さんは非協力的で...

妊活クライシスの考え方は?男女によって違う?

妻の気持ち
夫婦の間で起こる妊活クライシスが、大きな問題となるには理由があります。それは、「男女によって婚活クライシスへの考え方が違う」からです。妊活クライシスへの心構えや考え方が違うというだけで、時に妊活クライシスはますます深刻な問題へとなっていきます。妊活クライシスへの考え方は、男女の間でどのような差があるのでしょうか?

女性の場合はどのような心構えなの?

女性は妊活クライシスに陥ってしまうと「早く何とかしなきゃ」と、今の問題を解決しようと焦ってしまいます。また、育児についても同じ様子がうかがえるようになり、ストレスを抱え込んでしまう原因になってしまうのです。女性は、結婚生活や育児を通して「母」としての考え方に段々と近づいていくため、男性と比べると、妊活クライシスに大きな不安を抱く場合が多いと言われています。

男性の場合はどのような考え方なの?

女性に比べると、男性は妊活クライシスに焦りや不安がなく、いつも通り過ごすケースが多いものです。デリカシーのない言葉や態度で妻を傷つけてしまうことが多くあります。「そんなに焦らなくても大丈夫」「そのうちどうにかなる」と問題を軽く考えていることが、逆に女性を傷つけてしまう場合もありますので、注意が必要です。

妊活クライシスを夫婦で乗り越えるためには

男女間で考え方や心構えに差がある妊活クライシスですが、どのように夫婦で乗り越えていくべきなのでしょうか?女性は、毎月生理が訪れるたびに「子どもができなかった」と落ち込んでしまい、妊活に不安を募らせ、不妊や子どもができない現状に焦りを覚えることはめずらしくありません。このようなストレスを避けるためにも、「夫婦だから言わなくてもわかってくれる」と言う考え方をやめることが重要です。
夫婦であってもお互い考え方の違う者同士なので、言わなくてもすべてが伝わることはありません。自分の考えていることや気持ちを相手に伝え、それらを理解し合うことで、妊活クライシスを乗り越えていくことが可能になります。そのためには、夫婦でコミュニケーションを図り合うことを大切にしていきましょう。

合わせて読みたい

男性不妊が原因で離婚!?離婚しないために大切な三つのこと
男性不妊が原因で離婚!?離婚しないために大切な三つのこと
不妊原因は女性に多いと思われがちですが、実際は男性側に原因があることも少なくありません。“なかなか子どもを授かれないこと”は、夫婦関...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊活クライシスに陥らないために。夫婦の力で乗り切ろう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る