クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

『クラミジア』という菌をご存知ですか?正式名称は『クラミジアトラコマティス』という病原体です。クラミジアは淋菌感染症などと同じ、性病のひとつです。実は日本で一番感染者数の多い性病なのです。日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上とも言われています。

特に10代後半から20代にかけての感染者が増加傾向にあり、高校生対象の調査では性経験者のうち、女性は13.1%、男性は6.7%が感染者であったという報告がされているようです。自覚症状のないことが多いクラミジア感染症。男女ともに、感染していても自覚がなく、気が付かないままパートナーへうつしてしまうことも少なくありません。

「性病は不特定多数の人と行為を持たない限りは大丈夫」と慢心してはいませんか?実際は、特定の相手としか性交渉をしない場合でもかかる可能性のある病気なのです。女性の場合は不妊症子宮外妊娠の恐れが出てきてしまうことも。「自分には関係ない」病気ではありません。万が一の時に備えて原因や予防法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

クラミジア感染症の症状について

子宮頸管炎

約半数の人が自覚症状なしと言われているクラミジア感染症。症状は男性と女性で違います。まずは男性側の発症箇所や症状について見ていきましょう。

男性が主に感染する箇所は尿道です。尿道炎や精巣上体炎などの症状が出るとされています。男性は女性に比べて自覚症状があり、排尿の際の痛みや尿道のかゆみ、不快感などを感じます。症状が進行すると尿道から膿が出ることや発熱を伴うこともあります。

男性の性器クラミジアを放置した場合、前立腺炎や血精液症などにかかる可能性が高まり、結果として精子を作れなくなってしまうこともあるとされています。異変を感じた場合にはすぐに、医師に相談することをおすすめします。

女性の場合は自覚症状がほとんどないと言っても良いでしょう。発症箇所としては子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染し、子宮頸管炎を起こす可能性があります。その後、腹腔内に侵入して骨盤内で様々な症状が出ることが予想されます。主な初期症状としては、おりものの増加や状態の変化、不正出血、性交痛、下腹部の痛みなどが現れる場合があります。

少し症状が進行すると、まれに卵管炎を引き起こし、さらに上腹部へ感染が広がると肝周囲炎を引き起こすこともあるとされています。

最後に男女共通とされる咽頭クラミジアの症状について解説いたします。咽頭クラミジアはいわゆるオーラルセックスなどによってのどにクラミジアが感染することを指します。多くの場合、咽頭クラミジアは自覚症状がないとされていますが、喉の腫れや痛み、発熱などの症状が発生することもあります。

合わせて読みたい

カンジダって性感染症なの?症状や治療法など知識まとめ
膣の病気にはさまざまな種類があり、カンジダもその1つです。疲れていたり免疫力が低下していたりするとかかりやすい病気と言われていますが、クラミジアなどのように性行為で感染することはあるのでしょうか。ここではカンジダが性感染症なのかどうかについて触れながら、その症状や原因、治療法などカンジダの基礎知...

クラミジア感染症の診断基準

泌尿器科

診断方法としてはまず問診を行います。男性の場合、尿道炎が疑われるようであれば尿沈渣によって白血球の有無を確認します。クラミジアの有無は顕微鏡ではわからないため、採尿検査が重要となってきます。採尿に際しては早朝が良いとされています。理由は尿道の分泌物成分が多く含まれているためです。

女性の場合は子宮頚管から分泌物を採取し核酸増幅法(PCR法、LCR法)にてクラミジアを検出し診断します。

また、咽頭クラミジアは、耳鼻咽喉科や産婦人科、泌尿器科で検査をすることができ、SDA法という喉の遺伝子検査をして調べます。感染が確認された際には、抗生物質の薬を使って治療を行います。血液検査といった方法もとられる場合がありますが、安定した検査結果が確立されていないため現在は補助診断として用いられています。

クラミジア感染症になる原因

膣

クラミジアは0.2~0.3ミクロンほどの肉眼では目視不可能な小さな細菌です。性器クラミジアは性行為による粘膜同士の接触、精液や膣からの分泌液を介して感染します。通常の性行為だけではなく、オーラルセックスなどによって咽頭に感染することもあります。

咽頭クラミジアは普通のキスではあまり感染しませんが、ディープキスでは感染率が上がります。コンドームを装着せずに性行為を行ったり、オーラルセックスなどをすることによって感染者からパートナーへ感染するケースが多いです。

クラミジアに感染しているとHIVへの感染率が3~5倍になるとされています。また、クラミジアはのどだけではなく、目の粘膜にも感染することがあり、この場合は結膜炎を起こしてしまうこともあるようです。

合わせて読みたい

【調査】妊娠中に気をつけたい感染症!妊婦さんが体験したその症状とは?
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊婦さんが気をつけなければいけないこと・・・食事や健康などがあげられると思いますが、特に気をきけておきたいことは、感染症の予防をするということです。今回はそのことからも、出産経験がある女性100人の方々に、妊娠中に感染症を引き起こしたこ...

クラミジア感染症の治療法は?

主な治療法は薬物療法

主な治療法は薬物療法です。クラミジアに効果のある抗生物質を1日~1週間ほど服用します。再検査の際に陰性になっていれば問題はありません。ただし、劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎などの症状が出ている場合には、3~5日ほど点滴を行うこともあります。

クラミジア感染症は自分ひとりが完治すれば治療完了ではありません。必ずパートナーと一緒に治療を行うようにしましょう。また、お互いに完治するまでは性行為を控えるようにしましょう。

クラミジア感染症の予防について

コンドームの着用

クラミジア感染症の予防に一番効果的なことはコンドームの着用です。それもただ「装着していればいい」ということではありません。きちんとサイズが合っていて、正しく着用して初めて予防につながります。また、不特定多数の相手との性行為をなるべく控えるということも予防のひとつにつながるでしょう。

前述のように、感染経路は性行為だけではなくキスやオーラルセックスなどにもあります。パートナーに感染させないためにも、自分が感染している恐れがあると感じた場合にはすぐに検査を受けるようにしましょう。

パートナーが変わった際にはお互いに検査を受けるということも、大切な予防方法です。性交渉の際には必ず正しくコンドームを装着し、定期的な検診を怠らないようにすることをおすすめします。

クラミジア感染症の入院の必要性は?

基本的に入院の必要はありませんが、クラミジア感染症によって他の病気を発症した場合には1週間程度の入院が必要とされることもあるようです。入院の有無に関しては担当の医師とよく相談するようにしましょう。

おわりに

日本に約100万人いるとされているクラミジア感染者。感染のおそれはあなたのすぐ隣にあることも考えられます。「私は大丈夫」ではなく、自分のためにもパートナーのためにも定期的に検診を受け、正しい性交渉をすることを心がけましょう。

ピックアップ

病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
ブライダルチェックにかかる費用と検査内容
近年、ブライダルチェックという妊娠・出産のための検査を受ける人がとても増えています。 このブライダルチェックは、自分の体が赤ちゃんを生みやすい体であるかを、妊活に入る前、もしくは結婚前にチェックすることができるというものです。やがて生まれてくる赤ちゃんのためにも女性だけでなく男性も積極的に...

https://tamagoo.jp/pregnant/early-pregnancy-and-pre-menstruation/

購読はいいねが便利です!
クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る