当たる?当たらない?中国式産み分けカレンダーの確率と見方について

良ければシェアをお願いします。

計算

に興味を持たれている方には、きっとご存知である中国式産み分けカレンダー。実際に、インターネットで中国式産み分けカレンダーと調べると、中国式産み分けカレンダーを自動計算できるサイトがピックアップされて、試してみよう!と実際に行った方もいるかもしれません。けれど、その自動計算、本当に信用できます?または、自分でちゃんと計算したい!とそう思っている方のために、このコラムでは中国式産み分けカレンダーの見方と実際の確率についてご紹介したいと思います。

合わせて読みたい

排卵日から計算?女の子と男の子を産み分ける3つの方法
子供を二人欲しいとは考えているけれど、一姫二太郎という言葉があるように、最初は女の子で次に男の子がほしい…けれど、女の子と男の子を産み分けることなんてできるのだろうか? そう思われている方にご紹介したいのが、女の子を生むための方法と男の子を生むための方法の3つの大まかな方法。女の子と男の子...
スポンサーリンク

中国式産み分けカレンダーとは

中国

歴史を遡ること、約800年前の13世紀頃になります。中国式産み分けカレンダーは、中国の王家の墓の中から、科学者の手によって発見されたもので、妊婦さんが受精し、着床した月となる受胎月の数え年によって、男の子と女の子のどちらかの出生が分かるとされています。当時発見された原本は、北京の化学研究所にて保管されており、今でも世界中で産み分けを考えている方たちの参考とされています。

確率について

実際に中国式産み分けカレンダーで希望通りの性別が当たる確率は、中国では99%と言われています。その数字が示すように、中国のお医者様は、この中国式産み分けカレンダーを参考にするほどです。そのほかでは、アメリカ人が85%、アジア人が90%とされており、日本人は90%の確率とされていますが、あくまでも確率なので、100%でない限り変動することはありえます。中国式産み分けカレンダーと言っていますが、あくまでも占いとしての立ち位置にあるものなので、参考程度にし、過度に期待しすぎることはおすすめいたしません。

合わせて読みたい

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...

中国式産み分けカレンダーの見方

中国式産み分けカレンダー

では、実際に上にある中国式産み分けカレンダーを元に、見方についてご説明していきたいと思います。まず、現在私たちの時代の暦は、太陽暦(グレゴリオ暦)となり、このカレンダーは約800年前の、旧暦(太陰太陽暦)となるものです。また、年齢も、数え年となるため、簡単な計算をしなければ、このカレンダーを正しく見ることはできません。実際に、数え年と旧暦が分かったら、直近で1番近い月で、男の子か女の子になるのかを見て、セックスをするという形になります。数え年と旧暦への変換方法については、下記にてご説明いたします。

数え年の計算方法

まず、満年齢というものは、生まれた日が0歳となります。最初の誕生日で1歳となり、年齢を刻んでいきますが、数え年では、生まれた日が1歳となるのです。簡単に、計算方法をご説明すると、その年の誕生日をまだ迎えていない方の場合は満年齢に2歳足し、誕生日を迎えている方は満年齢に1歳足した年齢が数え年になります。

例)1987年5月1日

  • 2015年1月1日~4月31日
  • (満年齢27歳)→(数え年29歳)

  • 2015年5月1日~12月31日
  • (満年齢28歳)→(数え年29歳)

旧暦の変換方法

カレンダー

800年前の暦である、旧暦(太陰太陽暦)は、1年を354日としています。現在の暦である、太陽暦(グレゴリオ暦)と比べると、11日ものずれが生じてしまうのがわかると思います。4年に1度ある閏年の感覚で、このずれを3年に1度、1ヶ月分足すことで旧暦への変換が可能となります。個人で計算し、旧暦に変換するのは少し複雑で大変だと思いますので、カレンダーをご用意しました。ご参考までにお使い下さい。

おわりに

いかがでしたでしょうか?出産をされた方は当たっていたでしょうか?しかし、上述でもお伝えしたように、中国式産み分けカレンダーは100%的中するものではありません。これから、妊活をはじめようとされる方で、産み分けをしたいと思っている方は、あくまでも占い感覚でお使いいただくことをおすすめいたします。

ピックアップ

妊活・子作り・不妊で悩むあなたへ、妊娠のためにできること全てをまとめました
妊娠したい!そう思ってはいるものの何から始めればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 妊娠はごく自然なことでありながら、女性の社会進出が進み結婚年齢が上がったことが原因で思うようなタイミングで妊娠できないカップルが増えています。 ここでは妊娠を望む前からできることから妊...
排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人達も少なくありません。妊娠までの流れは大きく4つのステップに分かれており、全てクリアしてやっと赤ちゃんを授かることができます。 受精卵が着床して妊娠が成立するまで、体の中で起こっている変化を正しく知ることは妊活の第一歩です。ここでは排卵から...
産み分け法に新旋風!潤滑ゼリーの効果とは
夫が男の子を欲しがっている、妻は女の子がいいと願っている、そんな声をよく耳にするような気がします。確かに、1人目は男の子だったから、次は女の子が欲しいといった希望は、どこのご家庭でもあるのかもしれないですね。 そこで今回は、昨今注目を集めている「産み分け」について書こうと考えました。その中でも...
産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
当たる?当たらない?中国式産み分けカレンダーの確率と見方について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る