目指せ妊娠体質!冷え性と冷え性じゃない人の違いはナニ?遺伝?体質?生活習慣?

寒がっている女性
冷え性の人は冬だけでなく気候の良い春や秋にも、さらには夏場でさえも「冷え」を感じてしまうと言います。「冷え性の人」と「冷え性じゃない人」との違いは一体どこにあるのでしょうか。冷え性を冷え方の違いで三つのタイプにわけ、遺伝、体質、生活習慣との関係を追求しました。またその改善方法についても紹介していきます。

冷え性の三つのタイプとその原因

オフィスで寒がる女性
「冷え性」には大きくわけて三つのタイプがあります。体は温かいのに手先・足先がいつも冷たい「四肢末端型」、足や腰など下半身に冷えを感じることが多い「下半身型」、体の表面は暑く汗をかくが体の芯が冷えている「内蔵型」の三つです。それぞれの原因と症状について説明します。

手足の先が冷える「四肢末端型」冷え性

手足の先に極端に冷えを感じるタイプの「四肢末端型」の冷え性は若い女性に多く、血行不良が主な原因です。血管が細く、血液がドロドロだと体を温める新鮮な血液が体の末端まで届かずに冷えを感じてしまいます。冷え性でない人ならば手袋や厚手の靴下、カイロなどで解決できますが、四肢末端型の場合手先足先だけを温めてもなかなか温まりません。これは人間の体が最も大切な「内臓」を優先して体の内部を温めようとし、そのため血行が悪いと末端になかなか血液が届かず、いつまでも冷えが解消されないということです。

下半身が冷える「下半身型」冷え性

冷え性でない人ならば、夏場エアコンが効きすぎていたら全身で「寒い」と感じるでしょう。しかし下半身型冷え性の人は、上半身は暑いのに足や腰、おなかなどの下半身だけが「冷え」を感じてしまいます。原因は姿勢の悪さやデスクワークなどで長い時間足を組んだりすることによる骨盤のひずみです。そのひずみのために下半身が血行不良を起こし、冷えにつながってしまうのです。またお尻や太ももにたまる老廃物により血流が滞り、上半身だけ血流が良くなり、のぼせのような状態になってしまう場合もあります。

汗っかきだけど冷える「内臓型」冷え性

体の表面や手足は温かいのに、内臓が冷えてしまう「内臓型」の冷え性はあまり自覚症状がなく自分で気づきにくいのが特徴です。体の表面は暑いため、汗をかき体内の熱が逃げてしまうので余計に体の芯が冷えてしまいます。原因はストレスにより自律神経に異常が生じ、体温調節機能が働かなくなっているためと言われています。このタイプの場合は自分では冷え性だと思っていなくても当てはまる場合があるため注意が必要です。おなかをくだしやすい、体がだるい、よく風邪をひくなどの症状がみられる場合は内臓型冷え性の可能性があることを知っておきましょう。

合わせて読みたい

女性の冷え性にアプローチ!妊活・不妊治療に効果的とされる「よもぎ蒸し」
女性の冷え性にアプローチ!妊活・不妊治療に効果的とされる「よもぎ蒸し」
妊活に効果あり!と聞く「よもぎ蒸し」ですが、600年前から民間療法として韓国の女性に行われているものです。美肌効果だけでなく冷え性な...

遺伝や体質は冷え性に関係がある?

コートを着て寒がる女性
ではこういった冷え性には遺伝や体質が関係あるのでしょうか。遺伝はそもそも親の持つ体質を受け継いでいるということなので、冷え性になりやすい体質を受け継いでいれば子どもも冷え性になる確率は高いと言えるでしょう。では冷え性になりやすい体質にはどんなタイプがあるのでしょうか。

そもそも女性に冷え性体質が多いのはなぜ?

冷えを起こさないために最も大切なのは「筋肉」です。筋肉がポンプの役割となって血液を送り出すことで熱を作り出します。その筋肉が日本人は外国人に比べ付きにくいと言われています。さらに女性は男性に比べて筋肉のもともとの量が少ないことから、冷え性は女性に多いと言われるのです。また女性は月経のため腹部の血流が滞ることや、一度冷えると温まりにくい皮下脂肪が多いなどの理由も考えられます。

最も多いタイプは「自律神経失調」体質

自律神経とは、自分の意志で行えない多くの体内の働きを、最善の状態に保ち体の調子を整える神経のことです。この働きがなんらかの理由で乱れてしまうと、疲れやイライラ、胃もたれなどさまざまな体の不調が表れ、体温調節も正しく行えず冷え性を引き起こすことになります。内臓型や四肢末端型冷え性に多くみられるタイプです。

特に女性に多い「鉄分不足」体質

月経により血液が失われることや過度なダイエットによる栄養不足のために特に女性に多くみられるのが「鉄分不足」です。妊婦さんにも多いですね。鉄分が不足すると血液中の酸素を運搬する「赤血球」が減少し、貧血状態になります。体力が落ちてしまったり、疲れやすくなったり、手足の冷えを感じたりすることもあります。四肢末端型に多いタイプと言えます。

妊婦さんや更年期に多い「ホルモン不規則」体質

妊活中や妊娠中に注意したいのが、冷えにより子宮や卵巣の働きが悪くなりホルモン分泌に異常をきたす状態です。排せつ機能が低下されて、生理異常などで不妊の原因になる病気を引き起こすことも考えられます。また、加齢によるホルモンバランスの乱れは自律神経の不調を引き起こします。更年期障害の一つでは、首から上には大量の汗をかくのに下半身は冷えているなどの症状がみられる下半身型冷え性が多いようです。

合わせて読みたい

高い栄養素!!妊活にはポリフェノールで冷え性対策
高い栄養素!!妊活にはポリフェノールで冷え性対策
ポリフェノールという言葉をなんとなく耳にしたことのある方は多くいらっしゃると思います。実はこのポリフェノールには、体の冷えを防いで血...
小6の息子と小1の娘のママです。パン作りと洋裁が好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
目指せ妊娠体質!冷え性と冷え性じゃない人の違いはナニ?遺伝?体質?生活習慣?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る