子宮頸管炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

腹痛の女性

子宮頸管炎は何らかの理由で子宮頸管の粘膜に炎症が起きる病気です。自覚症状がない場合などに治療せずにそのままにしておくと、不妊や早産の危険性が高まります。そこで症状や原因、予防方法について調べてみました。

スポンサーリンク

子宮頸管炎について

石鹸で手を洗う

子宮頸管炎とは、細菌感染などの理由で子宮頸管の粘膜に炎症が起こっている状態のことを指します。子宮頸管は、膣を介して外界に通じているため細菌に感染しやすい部分の一つです。そのため、女性の半数以上が子宮頸管炎にかかった経験があると言われており、妊娠中に子宮頸管炎になるケースも多いので妊婦さんも注意が必要です。

子宮頸管炎には、細菌感染などの理由によって炎症が起こる急性のものと、それを治療せずにいたために慢性化した慢性子宮頸管炎の2つの種類があります。痛みやかゆみを伴うケースは少なく、おりものや下腹部痛が主な症状です。子宮頸管炎が慢性化すると不妊の原因となることもあります。

子宮頸管炎の症状

発熱

子宮頸管炎を引き起こしている病原菌の種類によって、白色や黄色、黄緑色の膿のように粘り気のあるおりものが出ます。 子宮頸管の炎症が進行していくと、下腹部痛や腰痛が起こり、性行時痛や発熱を伴うケースもあります。慢性化していくと、黄白色の帯下となり、腰痛が起きることもあります。

子宮内膜や子宮付属器炎などを引き起こすこともあり、不妊の原因ともされています。 特にクラミジアでは、症状が軽いことが多く、罹患に気づかすに慢性化してしまうケースが多いとのこと。おりものなどの症状が生じたら早めに婦人科など専門の医療機関を受診することが大切です。

合わせて読みたい

子宮内膜症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
女性にとって子宮の病気とは恐ろしいものであり、無縁でありたい存在ですね。今回スポットを当てる「子宮内膜症」もそんな子宮の病のひとつ。病名は知っているけれど、実際はどのような病気かということはご存知ですか? 子宮内膜症とは、本来子宮内腔にしか存在しない、子宮内膜や子宮内膜様の組織が卵巣や仙骨子宮...

子宮頸管炎の診断基準

婦人科

子宮頚管炎が疑われる場合、おもに以下の検査を受けることになります。

内診

産婦人科医が検査用の手袋を着け、一方の手で腹部を押さえながらもう一方の手の指を膣の中に入れて触診します。こうすると、子宮頚管を含めた骨盤内部にある臓器の異常を探し出すことができます。

子宮頚部細胞診

スメア検査、PAP検査とも呼ばれる検査で、膣内と子宮頚管の細胞を綿棒かブラシで拭い取ります。この細胞に異常があるかどうかを調べます。

子宮頚部生検

子宮頚部細胞診で異常が見つかった場合にのみ行われる検査です。コルポ診とも呼ばれるこの検査では、膣鏡を膣に挿入してその部分や子宮頚部の粘膜を綿棒でやさしく拭います。次に、膣にライトを当ててコルポスコープ(拡大鏡のような機械)で子宮頚管を観察して、異常のある部分の組織を採ります。

膣分泌物培養検査(おりもの検査)

膣からのおりものを採取して、顕微鏡で観察する検査も併せて行うこともあります。この検査を行うとカンジダの感染や細菌性腟症、トリコモナス症といったの有無を調べることができます。
このほかにも性行為感染症(STI)の検査も行うことがあります。ある特定の感染症が子宮頚管炎の原因になっているなら先にそれを治療することになります。

子宮頸管炎になる原因

横たわる男女

子宮頸管炎を引き起こすのは、淋菌、梅毒、大腸菌、クラミジア、カンジダなどさまざまですが、多くは性行為によってうつる性行為感染症なので注意が必要です。子宮頸管炎以外の尿道炎、子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)、骨盤腹膜炎を併発している場合は、排尿痛、下腹痛、発熱なども現れます。また、生理用タンポンを長時間使用したりすることで、細菌が繁殖してしまい子宮頸管炎の原因になる場合があります。

子宮頸管炎の治療法は?

夫婦

炎症を起こしている原因菌を突きとめ、症状に応じて抗菌薬の内服、点滴、腟内投与を行います。子宮頸管炎の治療法は、抗生物質や抗ウイルス剤などを服薬するなど、膣内剤を投与します。特に、淋菌、梅毒、クラミジアなどに感染した場合はパートナーもともに治療を行わないとせっかく治療をしても再感染をおこすことが多いため、注意しましょう。

合わせて読みたい

子宮筋腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
子宮筋腫は女性の病気の中でも、比較的発症率の高い病気とされています。成熟期の女性に多く、40歳前後の女性の4人に1人は子宮筋腫を持つと言われています。成熟期の子宮は鶏卵ほどの大きさで、平滑筋という筋肉でできています。その内部に子宮膣があり、この中で胎児が成長します。子宮の筋肉から発生する良性の腫...

子宮頸管炎の予防について

コンドーム

子宮頚管炎の予防にはいくつか方法があります。禁欲すれば性行為感染症(STI)による子宮頚管炎は防げますし、性交時に毎回コンドームを使うとSTIにかかるリスクを減らせます。

ビデや香りつきのタンポンなどに含まれる化学物質の溶液を避けるようにすると、アレルギー反応を防ぐことができます。タンポンやペッサリーといったものを膣に挿入する際には、商品の説明書に書いてある使用時間や洗浄方法を守ってください。

子宮頸管炎の入院の必要性は?

炎症が激しく、下腹部痛や発熱を伴うものでは入院し、抗生物質の点滴や鎮痛薬などの治療を必要とする場合もあります。

おわりに

子宮頸管炎そのものは薬で治すことができる病気ですが、初期症状があまりなく気づいたときには症状が進んでいたということも多いようです。慢性化すると将来不妊につながることも。妊娠中の妊婦さんにとっては早産の恐れもあるので早期発見が大切です。いつもと違うおりものの色や匂い、不正出血に気づいたら、早めに婦人科を受診するように心がけましょう。またパートナーにも検査を受けてもらうことをおすすめします。

ピックアップ

子宮頸管無力症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要
子宮頸管無力症について 子宮頚管というのは子宮の出口にあたる部分で、出産のときに赤ちゃんの通り道となる産道のことです。妊娠中は通常、しっかり閉じてお腹の赤ちゃんを支えています。そして、分娩時の陣痛で子宮が強く収縮することによって開きます。 ところが、妊娠中期以降に陣痛でもないのに、子宮口...
陰性・陽性?どっち?子宮外妊娠を疑う3つの症状
妊娠検査薬を使って陽性反応が出れば、当然喜ぶことだと思います。しかし、世の中の妊娠者のうち、約1%ほどですが子宮外妊娠になってしまうケースがあります。一見少ない確率のように思えますが、10000人の妊婦さんがのうち、100人がそうなる可能性を持っているということですから決して安心できない数字です...
子宮頸管無力症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要
子宮頸管無力症について 子宮頚管というのは子宮の出口にあたる部分で、出産のときに赤ちゃんの通り道となる産道のことです。妊娠中は通常、しっかり閉じてお腹の赤ちゃんを支えています。そして、分娩時の陣痛で子宮が強く収縮することによって開きます。 ところが、妊娠中期以降に陣痛でもないのに、子宮口...
購読はいいねが便利です!
子宮頸管炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る