知ってるようで知らない?人工授精と体外受精の違いを知りたい!確率は?費用は?

833
皆さんは人工授精と体外受精の違いを知っていますか?不妊症の治療をしていたり、不妊症かもしれないと思っていたりする人は人工授精や体外受精に関心を持っていると思います。しかし、なかなかその違いをしっかりと理解できるのは難しいことです。ここでは、人工授精と体外受精の違いを説明しながら妊娠する確率やその費用を紹介していきます。

人工授精とはどのようなものでしょうか?

人工授精
自然妊娠が一番したいけれど、妊娠するのであれば人工授精でも構わないと思っている人も多いと思います。実際に日本の生殖医学は世界でもトップレベルであり、その研究もたくさんすすめられています。ここでは、人工授精とはどのようなものなのかその妊娠確率や費用などを紹介します。

人工授精の仕組みはどのようなものでしょうか?

人工授精とは、「性交渉を持たずに人工的に受精させ妊娠させる方法」です。やり方は以下のような手順になります。

  1. 男性側から精液を採取し、精子を取り出す
  2. 医療用カテーテル(細いチューブです)を使用し精子を子宮内へ入れる
  3. 経過観察し、受精卵や着床が成功したかどうか確かめる

これらを、来院した夫婦の同意やカウンセリングを行い、最終的な治療として人工授精を行います。

人工授精をしたほうがよいと思われる例

排卵がうまく行われない人

卵子は作られているのですが、排卵に何らかの問題があり卵子が子宮内へ放出されない人などは専門の病院などですすめられるでしょう。

性交渉ができない問題の人たち

旦那さん側のED(勃起不全)問題や心因性や外因性により、性交渉が困難である場合には専門病院でカウンセリングや診断を受けた後に、治療のオプションとして人工授精も選択肢にあがります。

男性側の精子に問題がある人たち

精子が少ない人にこの方法がすすめられます。しかし、無精子症の場合には精子自体が作られないのでその場合にはまた他の治療などが入ってきます。

人工授精の確率やその費用について

人工授精の確率について

専門の病院によってその回数は違いますが、大抵の病院では大体6回から8回前後人工授精を行います。4回までの妊娠の確率は、1回につき約2割の確率ですが、4回まで行うと約9割の確率で妊娠すると言われています。5回から6回行い失敗した場合は、体外受精や治療のオプションの打ち合わせをします。

費用について

検査代金については、1回数千円、女性は5回ほどかかります。保険適用ですのでかかりたい病院の窓口へ詳しい料金は問い合わせたほうがいいでしょう。人工授精代金については、1回につき1万円から3万円かかります。(病院によって違います)
*注意:全て保険適用や医療費控除の対象になりますが、人によってその額が違いますので病院へ詳しく問い合わせてみてください。

合わせて読みたい

人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何ら...
3歳の生意気盛りですばしっこい息子を育てるママです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
知ってるようで知らない?人工授精と体外受精の違いを知りたい!確率は?費用は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る