無排卵周期症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

無排卵周期症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

妊娠したいと思ったときに気になるのが月経のこと。「をしていること」が妊娠の第一歩ですが、「無排卵月経」といって月経が来ていても「排卵していない」ことがあります。月経が不規則という女性に当てはまることが多いようです。そこで無排卵周期症の原因、症状、治療法や妊娠はできるのかなどについてまとめました。

スポンサーリンク

無排卵周期症について

頭痛

月経のような出血はありますが、排卵を伴っていない病態を「無排卵周期症」と言います。月経不順や不正出血を認め、性成熟期では不妊の原因になることがあります長期に渡る「無排卵周期症」は将来の骨粗鬆症や子宮体がんの発生リスクを高める可能性もあります。なお、思春期、更年期、授乳期における「無排卵周期症」は生理的なもので、治療の対象にならないこともあります。

無排卵周期症の症状

困惑

無排卵月経の症状は、周期がバラバラで生理が月に2度来る、生理が遅れる、量が少なくダラダラと続く、月経痛があまりない、などさまざまです。もちろん、周期はきっちりしているけど排卵していないというケースも考えれれます。

たとえ少し不規則な周期が続いても、そのあと自然な周期に戻るということなら、あまり心配はいりません。ちょっとしたストレスで周期が乱れるのはよくあることですし、20歳以前ならまだ周期が不安定ということも可能性としてあります。しかし、長期間不規則な状態が続くようなら婦人科受診を検討しましょう。

合わせて読みたい

卵巣機能低下症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
卵巣は女性の生殖活動を担う大切な器官ですが、その機能がうまく働かなくなる病気があります。それを「卵巣機能低下症(卵巣機能不全)」といいますが、この症状に陥ると、女性の体にさまざまな影響をもたらし、不妊の原因になるため、適切な治療が必要となります。では、原因や症状について確認してみましょう。 ...

無排卵周期症の診断基準

顕微鏡

基礎体温生理不順排卵検査薬だけでは無排卵月経かどうかを確定することはできず、黄体機能不全の可能性もあります。無排卵月経を病院で検査する方法としては、おもに2つがあります。

ホルモン検査

血液を採取して血中のホルモン値を調べることによって、女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかが分かります。

超音波検査

超音波を使って卵巣の中にある卵胞の大きさを調べます。卵胞が2cmより大きくなっていたら排卵している可能性が高く、逆にそれ以下の場合は無排卵だと診断される可能性が高くなります。

無排卵周期症になる原因

ダイエット

無排卵月経の原因はいくつかありますが、おもに脳の中枢部分もしくは卵巣機能の異常とされています。月経が来るには、脳から卵巣へ「女性ホルモンを出しなさい」という指令が出て、それを受けた卵巣が女性ホルモンを分泌されて卵子を育てます。ところが卵巣がうまく機能しなかったり、脳がストレスを受けて卵巣へうまく指令が出せていなかったりすると、月経不順や無排卵月経を引き起こしてしまうのです。

卵巣や脳のストレスとなる要素としては、いくつかあります。無理なダイエットや急激な体重減少、激しい運動、強いストレス、不規則な生活習慣、過度な喫煙、冷えによる血行不良など、日常生活に密接に関わるものもあれば、服用している薬が影響していることもあります。また、多嚢胞性卵巣症候群などの病気も無排卵周期症の原因になっている可能性もあります。

無排卵周期症の治療法は?

治療

妊娠を希望する場合、排卵誘発を行います。排卵誘発の方法としては「クロミフェン療法」と「ゴナドトロピン療法」があります。妊娠を希望しない場合は、ホルモン療法の「ホルムストルム療法」と「カウフマン療法」を病状に応じて使い分けます。偶発的な妊娠を避けたい場合は「低用量ピル」を使用することも可能ですが、自費診療となってしまいます。

なお、初潮開始後の数年間や更年期の女性では高い頻度で「無排卵周期症」が見られます。月経不順や貧血で日常生活に支障をきたしている場合は治療の対象となりますが、病状によっては経過観察とする場合もあります。また、過度のダイエットや運動による「無排卵周期症」には、適正な食事や運動メニューの指導も必要です。若年女性でも、長期の女性ホルモンの低下は骨塩量の減少による骨折を招く恐れがあるからです。

さらに無排卵周期症の原因として「多囊胞性卵巣症候群」、「高プロラクチン血症」、「甲状腺疾患」などの診断がなされた場合、それぞれの疾患に対応した治療を優先します。

合わせて読みたい

子宮頸管炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
子宮頸管炎は何らかの理由で子宮頸管の粘膜に炎症が起きる病気です。自覚症状がない場合などに治療せずにそのままにしておくと、不妊や早産の危険性が高まります。そこで症状や原因、予防方法について調べてみました。 子宮頸管炎について 子宮頸管炎とは、細菌感染などの理由で子宮頸管の粘膜に炎症...

無排卵周期症の予防について

運動

まず取り組みたいのは、ストレスによる原因をとり除くことです。例えば無理なダイエットは、自分ではストレスに思っていなくても身体には重い負担をかけていることがあります。適度な運動も組み合わせて規則正しい生活習慣を整えることを行ってくださいね。

無排卵周期症の入院の必要性は?

入院

とくに入院の必要はありません。何か心配がある場合には担当の医師に相談するようにしましょう。

おわりに

完全に無排卵が続いている状況では、受精可能な卵子が排出されないということなので、妊娠は難しいといえます。妊娠を望む場合は治療が必要で、不妊治療によって妊娠することができたというケースも多いので、無排卵月経だと診断されても、深刻に考えすぎずに対処していきましょう。また、無排卵周期症は月経不順、不妊、不正出血などの症状により日常のQOL(生活の質)を損ない、将来の骨粗しょう症や子宮体がんの危険性を高める可能性があります。症状を放置せず、産婦人科医に相談するようにしたいですね。

ピックアップ

無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
不妊の原因になる黄体機能不全の症状・原因・治療法
黄体機能不全とは、その名の通り黄体ホルモンを放出する黄体が上手く機能していない病気です。黄体ホルモンは女性の体にとって大切な働きをするホルモンで、排卵前に基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くしたりする役割を果たしています。 黄体期に目立った自覚症状が少ないことから変化に気がつかない人も多く、今まで...
子宮内膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
子宮の病気には、不妊の原因になるものがあります。子宮内で炎症が起こる「子宮内膜炎」もその一つです。症状自体は重くありませんが、気づかずに放置してしまうと卵管閉塞を引き起こす可能性がある病気です。では具体的に症状や原因、治療方法を確認していきましょう。 子宮内膜炎について 子宮内膜...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
無排卵周期症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る