【医師監修】不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


泣いている女性
一度流産を経験すると、次も流産してしまうのではないかという思いが頭に浮かび、流産に対する不安や恐怖を感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。流産の主な原因は受精卵に偶発的に起きる先天性のものが多く、自然淘汰(とうた)です。それでも一度流産を経験すると次の妊娠でも流産しやすくなるのでしょうか。流産を経験した場合の流産する確率について紹介します。

流産を引き起こす主な原因について

寄り添う夫婦
流産には、さまざまな種類と原因があります。そのほとんどが染色体の異常や先天性のものであることが多く、防ぐことは難しいものになります。では、流産はどのような原因から起きるのでしょうか。母体側の問題がある場合は、しっかりとした治療が必要になります。

黄体機能不全から考えられる流産とは

黄体は、排卵や妊娠に欠かせない働きをしています。その黄体の機能が不十分であることを黄体機能不全と言います。黄体機能不全になると、子宮内膜の厚みが不十分になり、受精卵が着床しにくくなります。また妊娠できたとしても流産しやすくなる傾向にあります。原因としては、卵巣の働きの悪さが考えられます。冷えやストレスに注意しましょう。

子宮内膜機能不全から考えられる流産とは

近年増加傾向にある稽留流産(けいりゅうりゅうざん)の原因であることが多いのが、子宮内膜機能不全です。胎盤の発達が不十分なことにより、胎児が成長できずに流産となってしまいます。稽留流産は、子宮内のものがそのままで流産するため、自覚症状はほとんどありません。冷えやストレス、食事の改善などで子宮の血行をよくし、妊娠しやすい体づくりを心がけましょう。

高プロラクチン血症から考えられる流産とは

プロラクチンと呼ばれるホルモンの数値が高くなり起きる高プロラクチン血症は、無排卵月経や不妊、生理不順などの症状が現れます。習慣性流産になる女性に、この症状がみられることがあると言われています。プロラクチンの数値が高いことが流産につながるわけではなく、黄体機能不全を合併することが多いため、結果として流産につながると考えられています。

甲状腺機能異常による流産とは

甲状腺機能に異常があっても流産になりやすくなることが指摘されています。甲状腺機能異常が生理不順の原因にもなりますので、妊娠前に生理不順傾向があったり、流産を繰り返していたりする場合は検査をしておいた方が安心です。

合わせて読みたい

化学的流産ともいわれる生化学的妊娠とは?妊娠中は誰にでも起きる可能性が?
化学的流産ともいわれる生化学的妊娠とは?妊娠中は誰にでも起きる可能性が?
妊娠したかもしれないな、と思った時に妊娠検査薬を使う人が多いですが、妊娠検査薬で陽性反応が出て喜んでいたところに出血。病院へ行ったら赤ち...

一度流産すると流産しやすくなるの?

不安を相談する女性
一度流産を経験した女性は、次の妊娠でも流産の可能性を考えてしまい、不安を抱えることがあります。では、流産を経験すると次も流産する確率は高くなるものなのでしょうか。一度流産した後の妊娠と流産について紹介します。

流産を経験した後の流産の確率について

流産を経験してしまうと次も流産する確率は高くなるのでしょうか。流産を経験した女性と経験したことがない女性を比較した場合でも、決定的な流産に関する確率に違いはありません。つまり、流産したことが流産の確率を高めるとは言えません。繰り返し流産してしまう場合は、女性側に原因がある場合もありますが、ほとんどが受精卵の異常などが重なっただけで母体に異常があるわけではありません。

流産を経験すると妊娠しやすい体になる?

一度流産をすることで、次の妊娠がしやすくなると言われています。流産の種類にもよりますが、これは一度流産し、その後生理が始まることでいったん子宮の中がリセットされ、受精卵の着床が行われやすくなるからです。そのため、流産後の処置をしっかりし、体力的にも精神的にも準備が整えば、次の生理以降から妊娠することが十分に可能です。流産経験のある女性が一年以内に次の妊娠を果たすことは、決して珍しくありません。

流産から次の妊娠に向けて準備すること

流産を経験した後で次の妊娠を考えるときに大切なのは、女性の回復です。一度目の流産がなんらかの影響を残して、二度目の流産の確率を高めるというようなことはありませんが、流産後の女性の回復が不完全なまま次の妊娠をしてしまうと流産のリスクが高まることがあります。子宮の機能を十分に回復させ、体力も充実させて前向きな気持ちで取り組めるようにすることが大切です。思いつめずに毎日を過ごすことが妊娠につながります。

合わせて読みたい

【医師監修】高齢妊娠では初期流産が増加!その原因は染色体異常にあった!?
【医師監修】高齢妊娠では初期流産が増加!その原因は染色体異常にあった!?
最近は、仕事をもつ女性が増えてきたこともあり、晩婚化の傾向が強くなっています。それにともない、高齢妊娠が増加していますが、高齢妊娠で...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る