【調査】妊娠前にチェック!妊婦さんが失敗した出産に向けた病院選びとは

病院

■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声

今回は、病院選びで失敗した人・しなかった人の割合を調査すべく、出産経験のある女性100人にアンケートをとりました。私が実際に、妊娠して病院を選ぶとした場合に優先したいのが、通院のしやすさ。身重な体で通院するわけですから、できるだけ家から近いところが良いですよね。そして、何よりも安心して出産するために、担当医や設備が整っているかどうか。できれば、人気や評判の高い病院が良いなど、病院選びについて考えだすと、不安だらけですね・・・。実際に病院選びについて失敗した!と答えられた人に焦点をあてて、どのような体験をされたのかについてピックアップしていきたいと思います。

Q. 妊娠中の病院選びで失敗したことはありましたか?

病院選びで失敗した人としていない人の割合

していない・・・38%

「とても病院食がおいしく、アロママッサージなどを受けることができたり、産後ディナーを楽しむことができたり、至れり尽くせりで、病院選びは間違いなかったです。」(39歳 / 無職・定年 / 山形)

「地元の中でですが、十分に口コミやネットでリサーチした上で通院から入院に挑んだので失敗はありませんでした。やはり決め手は知り合いの体験談でした。」(37歳 / 専業主婦または専業主夫 / 神奈川)

「自宅から近く通院しやすい病院を選びました。先生や看護師さんも相談しやすかったので良かったです。」(34歳/ パート / 神奈川)

まず、実際に失敗したと答えた人と、失敗していない人の割合をだしました。すると、失敗したと答える人が多い結果となったのです。実に、62%の人が病院選びで失敗したと回答されました。しかし、失敗していないと答えた人の多くは、自分が納得のいく病院をあらかじめ調べていたようですね。では、失敗したと答えた人は、なぜ失敗したと思われたのか、次で見ていきたいと思います。

Q. 病院選びで失敗したこととは何ですか?

病院選びの失敗談


1位『場所が遠い』・・・27%
2位『苦手な先生がいた』・・・24%
3位『費用が高い』・・・23%
-位『その他』・・・10%

病院選びでの失敗談ランキング1位は、『場所が遠い』でした。場所を優先せず、評判や人気の良い病院を選んだがために通院する距離が長くなってしまった人や、家の近くに病院がなく、その結果遠い場所への通院になってしまったと応える人が多くいらっしゃいました。良い病院を選ぶとなるとやはりおのずと遠くなってしまうのも、いた仕方ないのかもしれません・・・2位は、『苦手な先生がいた』となっており、デリカシーのない先生や厳しい先生だったと応える人が多く目立ちましたね。また、良い先生だと評判を聞いたのに、実際には合わなかったと答えている人もいらっしゃいました。3位の『費用が高い』では、特に調べずに入った人がその費用の高さに驚いているようでした。

1位『場所が遠い』・・・27%

「特定の病院にこだわり場所を優先しなかったので、妊婦健診はもちろん、入院から産後の健診にいたるまで、交通費がかなりかかりました。」(32歳 / 専業主婦または専業主夫 / 広島)

「自宅近くに産婦人科がなかったため自宅から遠い病院で苦労しました。」(34歳 / 会社員 / 静岡)

「良い病院を選びすぎたのか、自宅から遠い場所にあったので通院が大変でした。」(34歳 / パート / 滋賀)

2位『苦手な先生がいた』・・・24%

「一番近いところで決めたのですが、先生が厳しい人で合いませんでした。」(35歳 / 専業主婦または専業主夫 / 宮城)

「男性の先生で、少しデリカシーのない人だったので、自分には合わなかった。」(37歳 / 会社員 / 広島)

「親切でいい感じの先生だと評判の病院を選びましたが、私の性格には合わない先生でした。その評判のおかげで病院が大混雑で常に待ち時間が長く、これにも後悔しました。」(32歳 / 専業主婦または専業主夫 / 静岡)

3位『費用が高い』・・・23%

「後でしったので仕方ないのですが、他よりずいぶん高かったようです。」(31歳 / 専業主婦または専業主夫 / 千葉)

「人気のある産婦人科を選んでしまったら、入院費用などが予想外に高額でした。」(32歳/ 会社員 / 東京都)

「初めての出産のときは不安だらけだったので設備のいい個人病院で出産したので費用が驚くほど高かった。」(30歳 / 専業主婦または専業主夫 / 兵庫)

-位『その他』・・・10%

「内容が悪いわけではないが人気がなく、入院中自分ひとりが患者だった」(21歳 / 会社員 / 兵庫)

「結果論ですが、産婦人科医が私の出産後しばらくして身体を壊したため、病院がなくなってしまいました。ずっと通っていた病院なので継続したカルテなどがないのが残念です。」(37歳 / 専業主婦または専業主夫 / 群馬)

「前期破水だったが、緊急性がないということで、特に説明もないまま3日ぐらい入院したままだった。しかも1時間ごとに検診にくるので眠れず、体力を消耗し、いざ出産時には体力が残ってなかった。」(32歳 / 専業主婦または専業主夫 / 広島)

先生と妊婦さん

その他と答えられた人は、突然のトラブルに見舞われた人が見受けられました。事前に調べて、いざ入院しても、理想通りにいかないことはあると思います。けれど、あらかじめ費用や、いざ通院するとなったときのことを想定して病院を選ぶことで、少しは不安は解消されると思います。安心して出産を迎えるためにも、事前のリサーチをある程度いっておくことをおすすめいたします。

(文/たまGoo!編集部・みみちゃん

調査概要

調査方法 インターネットを用いたアンケート調査
調査対象 全国20代~40代・出産経験のある女性100名
調査期間 2015年09月09日~2015年09月15日
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【調査】妊娠前にチェック!妊婦さんが失敗した出産に向けた病院選びとは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る