ステロイドは子どもに使わない方がよい?知っておきたいステロイドの基礎知識

薬を塗る子ども

アトピー性皮膚炎やぜんそくなど、子どもがかかりやすい疾患の治療に使用されるステロイド。そんなステロイドには、副作用についてさまざまな情報が付きまとっています。正しくない情報に惑わされて、的確な治療が受けられないなどの最悪の事態にならないためにも、ステロイドの正しい基礎知識を知っておくことが大切です。

これだけは知っておきたいステロイド

ステロイド剤
「ステロイドは怖いもの」となんとなく思い込んでいる人も多いと思いますが、ステロイドのことをどこまで知っていますか?ステロイドとは何か、どのような働きをするのかといった基本的なことを簡単にまとめました。

ステロイドは人間が持つホルモン

ステロイドとは、人間がもともと持っていて副腎皮質から分泌される副腎皮質ホルモンのひとつです。副腎皮質ホルモンには大きくわけて、糖質コルチコイド、鉱質コルチコイドの2種類があります。ステロイドは、そのうちの糖質コルチコイドを人工的に治療薬として利用できるようにしたもの、または化学的に合成したものです。

ぜんそくやアトピー性皮膚炎を改善する

ステロイドには抗炎症作用や免疫抑制作用があり、子どもの場合は、主にぜんそくやアトピー性皮膚炎などの治療に使用されます。ぜんそくは吸入ステロイド薬、アトピー性皮膚炎にはステロイド外用薬が用いられ、炎症を抑え症状を改善する働きが期待できます。どのような薬に関しても言えますが、使用方法を誤ると副作用の恐れもあります。

正しい使用方法で効果を発揮する

ステロイドは、いま炎症が起きている部位に正しく使用することでその効果を発揮するものです。原則、疾患部位以外には使いません。また、健常な皮膚に予防的にステロイドを使用してはいけません。間違った使い方は思わぬ副作用を招くもとです。

合わせて読みたい

子どもの病気はお任せします!信頼できる小児科選びのコツ!
子どもの病気はお任せします!信頼できる小児科選びのコツ!
子どもが病気になった時は小児科で診てもらうのが一番です。この時に大切なのは、どこの小児科へ連れて行くか?ではないでしょうか。総合病院...

ステロイドの種類と効能について

部分的な副作用
子どもに一般的に処方されるステロイドには、アトピー性皮膚炎の治療に処方されるステロイド外用薬、ぜんそくの長期治療に処方されるステロイド吸入薬、ぜんそくの緊急時の短期治療に使用されるステロイド内服薬があります。

ステロイド外用薬とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療に小児科や皮膚科で処方されるステロイド外用薬は、強いほうから、ストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム、ウィークの5段階に分かれており、症状の度合い、使用部位、年齢によって使い分けられます。
子どもに使用するのは、弱いほうからウィーク、ミディアム、ストロングまでです。

ステロイド吸入薬とぜんそくの長期治療

ぜんそくの治療に長期的に使用されるステロイド吸入薬は、気道や気管支の炎症を抑えることを目的としています。発作を予防し安定した状態を保つために使用する薬で、連続使用を中止すると効果がなくなります。吸入後は、よくうがいをして口内に残った薬を除去するなどの正しい使用方法に従えば、副作用のリスクは低いとされています。

ステロイド内服薬とぜんそくの強い発作

ステロイド内服薬は、吸入薬よりステロイド濃度が高いのが特徴です。ぜんそくの強い発作などの緊急時に、3~5日間の短期で使用されます。また、発作の予防に長期的に使用されるタイプの内服薬もあります。ステロイド内服薬は、吸入薬より高い効果を得られますが、副作用を引き起こすリスクがあるため医師の指示に従うことが大切です。

合わせて読みたい

【医師監修】急性気管支炎の症状・原因・治療法まとめ
【医師監修】急性気管支炎の症状・原因・治療法まとめ
幼児は風邪やインフルエンザなどがきっかけで、気管支炎を併発するケースが多いといわれています。重症化すると入院し、肺炎にいたってしまう...
小学生と高校生の2人の男の子の母です。海の近くに住んでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る