たくさんあってわからない!保険会社のおすすめ学資保険八つ

ソニー生命の学資保険おすすめ三つを比較

子どもの貯金
学資保険の中でもソニー生命のものは人気が高い商品です。現在販売されているものは、学資金の受け取り方のタイプによりI型、Ⅱ型、Ⅲ型と分かれています。学資金を受け取りたいタイミングでおすすめのプランが変わってくるので、家庭の貯蓄計画と合わせて選ぶことが大切です。

1.ソニー生命の学資保険(Ⅰ型)

11歳(小学校卒業時)、14歳(高校卒業時)、18歳(高校卒業時)に祝い金として学資金がおりるプランです。満期は18歳となっており、返戻率は102.7%。返戻率だけを見ると他におすすめのプランや会社がありますが、子どもにお金がかかる時期に保険以外での貯蓄額がどの程度になるのか?ということを考える必要があります。進学と同時にお金が必要と予想され、さらに保険以外の貯蓄計画に不安を持っている家庭におすすめです。

2.ソニー生命の学資保険(Ⅱ型)

18歳(高校卒業時)に一括で受け取れるプランです。満期は18歳で返戻率は106.9%となっています。途中での学資金引き出しがないため、一度にまとまった額を受け取れるというのがメリットです。学資金は大学進学のためという家庭に向いているプランです。途中で解約することで学資金を受け取ることは可能ですが、元本割りをしてしまう可能性が非常に高くなります。

3.ソニー生命の学資保険(Ⅲ型)

18歳(高校卒業時)から22歳までの間、5回に分割して学資金を受け取れるプランです。大学入学資金としてだけではなく、在学中の授業料や生活費にあてることも可能となっています。また、返戻率は110.3%と最も高く、10歳、15歳、17歳と短期払いができるのが特徴です。払い込み完了を早くすればするほど、返戻率も高くなるので生活に余裕のある人にはおすすめです。

合わせて読みたい

将来子どもはお医者さんに!しかし私立医大にかかる費用は驚きの4000万?!
将来子どもはお医者さんに!しかし私立医大にかかる費用は驚きの4000万?!
今のうちから準備すれば、わが子に将来お医者さんになるための教育を受けさせることも、十分可能です。しかし、医者になるためには、子ども本...

他会社の学資保険おすすめ五つを比較

保険の話
ここでは、ソニー生命会社以外の保険会社について紹介していきたいと思います。ただ、「返戻率が高い=いい学資保険」というわけではないので注意しましょう。自分の家庭の収入や貯蓄計画に合っているかどうかを検討することが大切です。

明治安田生命「明治安田生命つみたて学資」保険

保険料の払い込み免除該当事由によって、Ⅰ型とⅡ型に分けられています。いずれも返戻率は同じです。加入者年齢、払い込み完了時によって異なりますが、返戻率:111.5%~120.9%と業界トップクラスです。学資金の受け取りは18歳以降4年に分けて分割支払いとなっており、早く払い込みを完了するほど上乗せ利息を受け取れる点がメリットです。短期払いが可能な方におすすめです。

AIG富士生命「E-終身」保険

E-終身は低解約返戻金型生命保険ですが、学資保険としても人気のプランです。子どもが生まれてすぐに加入し、15年の払込期間を設定すれば15歳の時に満額を受け取ることが可能です。また、学資金が必要ない場合はそのまま終身保険として活用し、自分たちの個人年金として受け取れるのも特徴です。満期を20歳に設定した場合の返戻率は110.5%です。短期払いが可能、貯蓄計画に余裕のある人におすすめです。

フコク生命「みらいのつばさ(ジャンプ型)」保険

みらいのつばさジャンプ型は、18歳、22歳で学資金を受け取れるプランです。また、兄弟割引があるのも特徴で、返戻率は兄弟割引あり:114.4%、割引なし:110.2%となっています。学資金を大学入学時や就職準備金として使いたいという人にはおすすめです。

お祝い金の多い保険:みらいのつばさ(ステップ型)

進学の度にお祝い金を受け取りたいと考えている人は、返戻率よりも受け取るタイミングで選ぶようにしましょう。おすすめはフコク生命の「みらいのつばさ(ステップ型)」です。3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳と子どもの成長の区切りごとにお祝い金として学資金を受け取れるのが特徴です。兄弟割引もあるので、兄弟で別々の保険を検討している方にもおすすめです。

郵便局:かんぽ生命の「はじめのかんぽ」

「はじめのかんぽ」は、学資金の受け取るタイミングで「小・中・高+大学入学時」「大学入学時」「大学入学時+在学中」の三つの学資金準備コースに分かれています。ただ、返戻率は98.1~100.0%と低く満額を支払っても元本割れしてしまうのがデメリットです。他にもお祝い金が多い保険や在学中の受け取りが可能な保険はあるので、他のプランも検討視野に入れてみてはいかがでしょうか。

返戻率の高い保険1位~3位までを発表!

今回紹介した学資保険のなかで返戻率の高いおすすめ学資保険は

1位:明治安田生命「明治安田生命つみたて学資」(15歳満期 112.8~111.5%)
2位:ソニー生命「学資保険Ⅲ型」(18歳満期 110.3%)
3位:フコク生命「みらいのつばさ(ジャンプ型)」(18歳満期110.2%)

となっています。学資保険に入るならやはり返戻率は重要です。どれがいいか迷っている人は、学資金の受け取りタイミングを考慮しながら、検討してみてください。

保険の相談はお金のプロにお任せ!


生命保険や医療保険にがん保険、そして学資保険と保険の種類は実にさまざま。自分の家族にはどんな保険が必要で、保険料はいくらかかるのか、なかなか自分で計算するのは難しいですよね。どの保険に入ろうか迷ったらまずはお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめ。

みんなの生命保険アドバイザー
生命保険アドバイザー

みんなの生命保険アドバイザーでは経験豊富なファイナンシャルプランナーが、無料で生命保険の相談に応じてくれます。相談は何回でも無料。 また、現在生命保険に入っている方でも保険の見直しで、保険料が3〜4割安くなることも!中立的な立場から、保険のメリットやデメリットもきちんと説明してくれます。もちろん無理な勧誘は一切なし。 その実績から顧客満足度は97%!家族のために、将来のために、安心を相談してみませんか。 今なら家計応援キャンペーン実施中。ご相談者様にもれなくA5ランク黒毛和牛をプレゼント!

相談料 無料 (何回でも) 相談実績 30万件以上 (2016年3月自社調べ)
相談場所 お客さまの指定場所 (ご自宅推奨) アドバイザー変更 可能

おわりに

学資保険は、各社いろいろなものがあります。どの学資保険がいいのか保険料、戻返率と満期時期に注目しながら自分に合ったものを選んでいきましょう。そうすれば、この保険は子どものために大いに役立つものとなるはずです。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

こんなにかかるの?!公立中学の制服代は予想以上に高いという事実
こんなにかかるの?!公立中学の制服代は予想以上に高いという事実
私立中学校というと学費から制服代までなにかと費用がかかる、でもその点公立中学校は経済的…というのは、一般的に多く持たれているイメージ...
【保育監修】小学校受験の基礎知識 準備期間・入試内容・お金について
【保育監修】小学校受験の基礎知識 準備期間・入試内容・お金について
公立小学校での不登校や学力低下、学級崩壊や、早期教育への関心、いい教育を受けさせたいという保護者が増えたことで、小学校受験への関心が...
児童手当の金額は?所得や兄弟の人数で支給額は変わる?
児童手当の金額は?所得や兄弟の人数で支給額は変わる?
1972年から始まったこの児童手当という制度。別名こども手当とも呼ばれています。名前は耳にしたことはあっても、どんな内容なのかいまいちわ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
たくさんあってわからない!保険会社のおすすめ学資保険八つ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る