妊婦さんが気になる!エコー検査(超音波検査)の目的とは

良ければシェアをお願いします。

超音波検査の機械

妊婦健診で毎回受けるエコー検査(超音波検査)、赤ちゃんの成長を知ることができて楽しみにしているママも多いことでしょう。写真を貰って帰れることが多いため、成長記録として家族で大切に保管されています。

しかし、ドクターにとってのエコー検査は妊娠初期から赤ちゃんや胎盤などの様子を観察するための重要な検査になります。ここでは、妊娠初期、中期、後期それぞれにおける時期のエコー検査の目的をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠初期のエコー検査の内容

聴診器とエコー写真

妊娠初期に受ける超音波検査は、経膣検査経腹検査の2種類です。
それぞれの検査目的を詳しく見てみましょう。

経膣検査で子宮内を観察

経膣検査はプローブという検査器具にカバーを付けて膣内に挿入します。
超音波検査器具の仕組みは魚群探知機と同じです。高い周波数の音波が羊水の中を振動して伝わり、お腹の赤ちゃんや胎盤にぶつかって跳ね返ってきます。その跳ね返りの違いを画像に表すことで、子宮内の様子を観察していきます。

経膣検査は膣内からの至近距離で子宮内を観察することができるため、細かい部分まで観察できるという特徴があります。妊娠初期は子宮筋腫卵巣の腫瘍など、ママの病気のチェックも行います。

妊娠4週からは胎児の入っている胎嚢、6週目以降は胎児の心臓が動いていることも確認することができます。8週目からは胎児の頭や手足、胴体が確認できるようになり、9週目からは胎児の大きさを測ってを計算します。

経腹検査で赤ちゃんを状態をチェック

経腹検査は妊娠初期の後半から分娩直前まで行う超音波検査です。お腹の上から器具を当てるため、少し離れた場所から全体を広く観察することができます。

病院の設備によって、カラードップラー法という臍帯や赤ちゃんの脳などの臓器に血液が流れる量や速さを測ることができる超音波検査もあります。これにより、さらに細かい異常をいち早く発見できるというメリットがあります。

また、最近は胎児の様子を3Dで観察できる超音波検査ができる病院もあります。

合わせて読みたい

出産前の入院準備!バッグに入れて準備しておきたい、便利な持ち物リスト
妊娠後期に入った妊婦さんであれば、まもなく会える赤ちゃんの顔を想像して、毎日が期待と不安で胸いっぱいではないでしょうか。本番の出産予定日に向け、少しずつ入院の準備をしておくことで、そわそわした気持ちを落ち着かせることができます。入院してから「用意しておけばよかった!」と後悔しないためにも、持ち物...

妊娠中期の検査内容

妊娠中期の胎児

妊娠中期は、性別なども確認できるようになるほど、胎児の成長が目覚ましい時期です。
主に体の機能が正常かどうかを詳しく検査していきます。

妊婦健診はさらに重点的に

妊娠中期は胎児が大きくなり、超音波検査のモニターからはみ出すようになってきます。中期の超音波検査は主に経腹検査で、胎児の体の一部分ずつを観察していきます。
状態が安定していれば妊婦健診も間隔が空いてきますが、胎児の成長を観察するために最低3回の検査は必要と言われています。胎児の成長にはいくつかの節目があり、それに合わせながら胎児の推定体重を計算することで、発育不全や異常を発見します。

骨や臓器などの形成を確認

20週前後には胎児の臓器がかなり確認できるようになるため、大きさや位置、構造を観察します。28週前後には胎児の体重が更に増加し、臓器も鮮明に見えるようになります。それぞれの臓器の形や機能、血管の位置や構造も重点的に観察します。

例えば、胎児の脳を囲む頭の骨が順調に形成されているかどうか、左脳と右脳を区切る中央のミッドラインが正常かどうかを確認します。もしも、ここで心配な部分が見つかるとカラードップラー法で血液の流れを確認し、脳の血流を調べます。
胎児の体の向きによっては男の子か女の子か、性別が確認できるようになります。羊水量が正常かどうかも計測し、多胎妊娠の場合は子宮内の卵膜の膜性診断を行っておきます。

合わせて読みたい

妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確...

妊娠後期の検査内容

妊婦健診

妊娠後期は、出産予定日を見据えた上で赤ちゃんの状態を丁寧に検査します。
合わせて出産を控えたママの健康状態も念入りに調べていくでしょう。

胎児の発育を最終チェック!

妊娠34週を超えると、胎児が子宮外に出ても生活に適応できるかどうかに重点をおいて観察します。推定体重をしっかり計算し、誕生後の肺呼吸に備える規則的な胸郭の動きが出来ているかを確認します。
胎児の体重が2,000グラムを超えており心臓や肺の動きが成熟していると、胎児の発育は心配ないレベルに達しており、予定日より早く出産しても心配なしとみなされます。

母体の異常も念入りに検査

胎児が問題なく発育していることがわかれば、次はママの番です。胎盤や臍帯、羊水量や子宮頚管などを重点的にチェックしていきます。
この時もし、胎盤や子宮頚管にトラブルがあれば、胎児の発育や妊娠の継続が難しくなってきますから、自然分娩帝王切開か、出産方法を綿密に検討します。

しかし、通常の妊婦健診の超音波検査では、時間的制限や保険診療の関係から細部までしっかりと確認できない場合もあります。妊婦健診で胎児にトラブルがあるかもしれないと診断された場合は、総合病院の特殊超音波検査で診断を受けることを勧められるでしょう。
総合病院では、超音波検査に精通したスタッフによって、時間をかけて細部まで胎児の状態を観察することができます。保険適応にならないため、費用は全額自己負担となりますが、心配な人は受診してみるといいでしょう。

おわりに

出産はいつの時代も命がけで行われます。トラブルを避け、異常が起これば早期に適切な対応をすることがママと赤ちゃんを守ることに繋がります。
超音波検診は目に見えない子宮内の赤ちゃんの発育や異常、ママの体のトラブルを発見することができる大切な検査です。出産のリスクを最小限に抑えるためにも、超音波検査は必ず受けるようにしましょう。

ピックアップ

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
【調査】妊娠前にチェック!妊婦さんが失敗した出産に向けた病院選びとは
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、病院選びで失敗した人・しなかった人の割合を調査すべく、出産経験のある女性100人にアンケートを取りました。私が実際に、妊娠して病院を選ぶとした場合に優先したいのが、通院のしやすさ。身重な体で通院するわけですから、できるだけ家から...
22歳。B型。既婚。
現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。
妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。
購読はいいねが便利です!
妊婦さんが気になる!エコー検査(超音波検査)の目的とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

病院の悩みについて・・・あわせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る