【旦那さんおこづかい事情】多い?少ない?平均おこづかい額は●万7000円!

旦那さんのおこづかい

とある調査によれば、既婚男性の3人に1人はお給料のすべてを家庭に入れ、おこづかい制をとっているそうです。独身時代と比べれば自由に使えるお金はぐっと減っていることでしょう。でも、子どもの将来を考えるとそれも仕方ないと我慢してくれているはず。
実際、あなたの家庭では、旦那さんのおこづかいはいくらぐらいですか?ここでは平均金額や使い道など、旦那さんの気になるおこづかい事情を徹底解剖します!

平均おこづかい額は過去3番目に低い数字

おこづかい平均額
新生銀行が行っているおこづかい調査によると、2015年の平均おこづかい額は、1979年の調査開始から過去3番目に低い数字だったそうです。景気は回復傾向にあるという話とはうらはらに、実生活にはなかなか反映されないのが悲しいですね。おこづかい額の平均は、約3万7000円。データは、サラリーマン約1000名の回答をまとめたものです。あるファイナルプランシャーによれば、小さな子どもがいる家庭の旦那さんのおこづかいは手取りの5%が妥当だという話なのですが・・・。あなたのご家庭は当てはまっていますか。

年代よって差が出るおこづかい

おこづかい平均額は年代によって多小差があります。20代は、前年と比べて3000円近く増加し、4万円程度もらっています。比べて30代40代は減少傾向にあり、3万円台半ばが平均値です。年功序列制が崩れてきたとはいえ、30代40代の方がお給料の平均額は多いはずなのに、なぜ?実はこれ、子どもの有無によって差が出ているのです。未婚もしくは子どものない夫婦共働き家庭と、既婚子どもあり家庭のおこづかい額は、平均で約1万円の差があるのです。

子育て世代のおこづかい事情は厳しい!

子どものいる家庭では、やはり養育・教育費がかかり、その分旦那さんのおこづかいが減っていると考えられます。特に中高生のいる家庭は、塾代や学校の授業料、部活動の費用など、子どもが小さいころより格段に教育費がかさみます。
高校生ともなれば進学先をある程度選べるので、遠くの学校へ通う子には交通費もかかります。中高生は育ち盛りなので食費もばかになりません。
実体験から申し上げますと、旦那さんのおこづかいを増やしてあげる余裕は正直ないのが現実です。

合わせて読みたい

小学生になると何かとお金が・・・5・6歳の子育てにかかる費用はいくら?
小学生になると何かとお金が・・・5・6歳の子育てにかかる費用はいくら?
5〜6歳というと、七五三や卒園式、入学式などといったイベントごとが盛りだくさん!体が大きくなるにつれて食事量も多くなりますし、6歳で...

旦那さんのおこづかい 何に一番使っているの?

昼食代平均額
お給料日が近くなってくると、旦那さんがおこづかいの追加を打診してきたりします。「毎月ちゃんとあげているのにいったい何に使っているの?」と憤る奥さまもいるのでは?
特に専業主婦やパートで働いている女性からしてみれば、1カ月4万円近いおこづかいは「多い」と感じるのではないでしょうか。

昼食費が半分を占める

調査によると旦那さんのおこづかいのほぼ半分は、昼食費に使われているのです。昼食は毎日の生活で必要不可欠なものですが、この経費もおこづかいに含まれているわけですね。

純粋に楽しみに使えるお金は本当に少ないことがわかります。家計でもそうですが、一番経費削減しやすいのは食費、ということで、みなさんお弁当を持参したり、社員食堂で済ませたり、努力を重ねています。昼食にかける費用は、平均1食600円程度です。これもなかなか厳しい数字ですね!子育て家庭としては、せめて毎日お弁当を作ってあげておこづかいの追加を防ぎたいところです。

趣味や嗜好(しこう)品、飲み代から携帯電話代まで

食費以外の使い道は、趣味や嗜好(しこう)品、飲み代の割合が多いようです。ほかには、携帯電話代をおこづかいから捻出している人もいます。雑誌を買うお金や身だしなみに使うお金もおこづかいに含まれている旦那さんもいるようです。

どこまでが必要経費で、どこまでが無駄遣いなのか?それは各人の判断なのですが、お金の管理は大ざっぱに三つの概念でわけるといいそうです。

それは「消費」「浪費」「投資」の三つ。

昼食代は消費、たばこなどの嗜好(しこう)品は浪費、勉強のための本代は投資、と言えますね。子育て家庭の「投資」は、やはり子どもに向かいます。将来のための貯蓄(学資保険など)や教育費(塾や習い事、学校の費用)が主な使い道です。自分への投資は独身の若いうちにやっておくべきなのかもしれないですね?

合わせて読みたい

STOP!お年玉全額貯金!3歳から6歳の子どもに教えたいお金の管理
STOP!お年玉全額貯金!3歳から6歳の子どもに教えたいお金の管理
1年で最初のお楽しみの「お年玉」。日頃手にすることがないたくさんのお金が一気にあつまるお年玉に、子どもたちも大喜びのことでしょう。こ...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【旦那さんおこづかい事情】多い?少ない?平均おこづかい額は●万7000円!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る