良ければシェアをお願いします。

妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは

病院での問診

タイミング法とは、排卵を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。

病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。

ご自身で基礎体温をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図っても複数回うまくいかなかった場合は、病院での排卵検査も是非視野に入れて欲しいと思います。今回は、そのタイミング療法を受診される場合の検査内容や費用についてご紹介していきたいと思います。

排卵検査の費用はどのくらい?

通院の場合

電車での通院

排卵日のタイミング療法は、保険が適用されますから、原則3割負担で治療を受けることが可能です。しかし、一部超音波検査などは月一回までが保険適用内であり、それ以上になると自己負担となります。タイミング法自体にかかる費用としては、初診であれば初診料1,000円未満、そして検査費用1,500円程度が平均的な金額です。

ただ、検査の結果、排卵障害などと診断されたとすると、投薬なども開始されるため、それ以上の治療費がかかることになります。問診や血液検査、超音波検査なども含めると、15,000円~20,000円が必要になるでしょう。

検査だけで済むか、治療まで行っていくかで費用は変動すると考えてください。かかる病院によっても料金設定は異なります。

自宅の場合

自宅での検査

自分でタイミング法にトライする場合は、基礎体温表と体温計、そして市販の検査薬の購入費用ということになります。基礎体温計は平均して1,500円~3,000円くらいで、検査薬は約3,000円~4,000円というのが相場になります。特に体温計などは、一度購入すればしばらく使うことができるので、初回のみの出費で抑えることができます。

合わせて読みたい

子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子供が欲しいと望んですぐに授かる場合もあれば、中々子宝に恵まれないということもあります。中には、特に意識したわけではないのに授かったという幸運な方々も世の中にはたくさんいるでしょう。残念ながら、それぞれの家庭によってそのような差は生じてしまうものですよね。 しかし、妊娠の確率を高める努力は、誰...

病院で行うタイミング法とその内容

排卵日のチェック表

病院で行うタイミング法では、患者さんへの指導も含めしっかりとした検査のもと、科学的根拠に基づいた治療を行っていきます。超音波検査で卵胞の大きさや黄体化ホルモンの値をチェックし、排卵日を予測します。下記に治療の流れを記しています。

1.排卵日の予測

前述のとおり、まずは超音波検査などを行い、排卵日を予測していきます。この際は、自分でもある程度予想して病院に行く時期を図ってください。卵胞の成長度で排卵の時期はかなり絞ることができるでしょう。また、尿検査で黄体化ホルモンを調べることにより、分泌量の多少から時期を特定する検査も行われます。

2.性交渉を行う

排卵日の特定ができたら、その数日前に性交渉を行います。排卵日当日ではなく、排卵日の2日前から前日に性交することで、妊娠の確率が高まります。これは、精子の寿命が射精後3日~5日ほどと、卵子の寿命よりも長いためです。明確に日にちが決まっているので、女性は、男性がセックスに対してプレッシャーを感じないように配慮してあげてください。また、男性はなるべく精子を蓄えて、指定日を迎える努力をしましょう。

3.排卵と黄体のチェック

排卵の予測日に夫婦生活を無事に持つことができたら、数日後に再度病院で受診してください。超音波検査で、排卵が適切に行われたかを細かく調べていきます。この時、排卵前に見えていた卵胞が消えている、もしくは腫れているということがあれば、排卵があったというふうに判断されます。そういう状態が確認されない時には、黄体ホルモンの補充を行い、着床する可能性を広げていきます。

4.妊娠判定を行う

月経開始日を待って、数日が経ったら妊娠判定をしてみましょう。この際は、妊娠検査薬などを用い自宅で行っても良いですし、病院で正式に検査を受ける方法もあります。妊娠をすると、胎盤ホルモン(hCG)が分泌され、血液検査や尿検査でこの反応を見ます。妊娠していない限りは、この値が陽性となることはあり得ないため、結果は非常にわかりやすいものになります。

合わせて読みたい

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る