配偶者控除が2018年から150万円に!知っておきたいメリット・デメリット

配偶者控除
2018年から配偶者控除の要件が変わり、配偶者の所得上限が「103万円」から「150万円」に引き上げられました。これまで「103万円の壁」を意識して仕事量をセーブしてきた主婦にとっては、朗報‥‥と思いきや、150万円ギリギリまで稼いでしまうと手取りが減ってしまうケースも。今回は、配偶者特別控除の見直しについて解説します!

配偶者控除とは?年収の壁とは?

主婦の税金
配偶者控除とは納税者に配偶者がいる場合で、一定の要件を満たせば38万円の所得控除が受けられる制度です。たとえば、サラリーマンの夫とパート主婦の家庭などが対象になります。配偶者控除の要件といえば「年収」が一番大きな問題です。2018年の改正内容を知る前に、よくいわれる「〇〇万円の壁」が何なのか、ご説明します。

配偶者控除で所得税を節税できる

そもそも配偶者控除の「控除」とは、何のことでしょうか?働いて収入を得ると、その収入に対して「所得税」が課せられます。サラリーマンの場合は、お給料から自動的に差し引かれていますが、給与明細を見ると所得税額が記載されています。じっくり見てみると、見過ごせない額を納めていますよね。
家計にとっては大きな痛手となる「所得税」。この所得税から、特定の額を差し引くことを「所得控除」といいます。つまり、納める税金の額がその分少なくなり、手元に残る金額が増えます。したがって、配偶者控除を受けられると所得税の節税になるのです。

2017年までの収入の壁は103万円・141万円だった

配偶者控除を受けるためには夫婦であること、共に生計を立てていることが要件です。そしてこれ以外に重要な要件として、「配偶者の年収が一定額以下であること」がありました。2017年までは(収入が給与のみの場合)103万円以下であることが要件であったため、「103万円の壁」とも呼ばれていました。
妻の年収が103万円を超えるとどうなってしまうのでしょうか?配偶者控除は受けられませんが、「配偶者特別控除」と呼ばれる別の控除があります。夫の年収が1,220万円を超えないことを条件として、所得控除を受けることができ、控除額は妻の年収に応じて38万円から階段式に下がっていきます。妻の年収が141万円以上で控除額は0円となるため、103万円の壁の次なるハードルとして「141万円の壁」があったのです。

合わせて読みたい

主婦に人気の働き方は週3、週4!どっちがお得?扶養控除との関係は?
主婦に人気の働き方は週3、週4!どっちがお得?扶養控除との関係は?
現代は昔と違って共働き世帯がとても多くなり、働く主婦が増加しています。家計を助けるため、社会とつながっていたいため、などなど働く理由はさ...

2018年からは「150万円・201万円の壁」が登場

控除の書類
2018年以後、配偶者控除と配偶者特別控除が変わります。主な見直しのポイントは次の二つです。

  1. 配偶者控除に「夫の年収1120万円以下」の要件が追加された
  2. 配偶者特別控除の控除額が変更され、「妻の年収が103万円~150万円未満なら控除額は38万円のまま」となった

夫の年収が1120万円を超えると控除の対象外

これまで配偶者特別控除だけに適用されていた「夫の年収1120万円以内」の要件が、配偶者控除にも追加されました。これによって、高収入の世帯に関しては、配偶者控除の恩恵を受けられないこととなりました。
年収1120万円といえば、かなり高収入の部類といえます。「そこまで夫の収入が高ければ控除などいらないのでは・・・」とも思えてしまいますが、営業職などのインセンティブや、昇進のチャンスによってはあながち関係してくるかもしれません!?

妻の年収は「150万円の壁」にプラス修正

2017年前の税制では、38万円の控除を満額受けるための要件は、妻の年収103万円以内でした。103万円を超えた場合は配偶者特別控除の対象となり、年収に応じて控除額が減っていく仕組みでした。2018年以降も仕組み自体は変わりませんが、金額が変更になりました。

年収102万円の控除額

 
2017年以前:38万円
2018年以降:38万円

年収142万円の控除額

2017年以前:0円
2018年以降:38万円

年収151万円の控除額

2017年以前:0円
2018年以降:36万円

年収202万円の控除額

2017年以前:0円
2018年以降:0円

2018年からは妻の年収が150万円以下なら所得控除は減額されず、満額の控除を受けることができます。150万円以上の場合、年収に応じて階段式に減額され、201万円を超えると0円、控除が打ち切られます。つまり今後は、「150万円の壁・201万円の壁」が問題になるのです。

合わせて読みたい

わが家はもらえる?「児童手当」をもらえる所得制限はいくら?
わが家はもらえる?「児童手当」をもらえる所得制限はいくら?
子どもが生まれて初めて知ること、たくさんありますよね。新しい家族が増えるということは、それだけお金も必要になるということ。食べるものや着...
30代前半。夫、長女3歳、長男1歳の4人家族。商社営業を経て出産。初めての出産で分娩トラブル、乳腺炎、産後クライシス、保活失敗など…数々の「洗礼」を受けた経験から『特別なことをするのではなく、地に足の着いた育児』をモットーに、日々奮闘しています。現在は一時保育を利用してライター業に従事。保育士資格を所有。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
配偶者控除が2018年から150万円に!知っておきたいメリット・デメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る