自然な出産ができるさまざまお産とは?ラマーズ法、水中出産、イメジェリーとは?

自然な出産ができるさまざまお産とは?ラマーズ法、水中出産、イメージェリーとは?

帝王切開や無痛分娩(ぶんべん)などさまざまなお産の方法がありますが、最も一般的なお産は自然分娩です。自然分娩とは胎児が膣を通って生まれ、陣痛促進剤やバルーンといった医療介入をしない、自然な出産のことです。多くの産院で取り入れられているラマーズ法、最近注目の水中出産、イメジェリーなど自然な出産ができるお産についてご紹介します。

多くの産院が採用しているラマーズ法とは?

手でハートを作る夫婦

フランス人産科医ラマーズによって提唱された分娩スタイルのこと。事前にお産のプロセスや陣痛のメカニズムを理解することで、不安や緊張を緩和する効果を得るという精神予防性無痛分娩法の考え方に基づいています。分娩の進行に合わせて呼吸法を行い、自然な子宮収縮による分娩を促します。

呼吸法で陣痛の痛みが緩和されるのはなぜ?

人間の体は生まれながらにして、一つの刺激に集中しているとほかの刺激を与えられても本来の刺激より弱く感じる、という性質を持っています。この性質を生かして考えられたのが呼吸法で、呼吸に意識を集中させれば、陣痛の痛みを和らげることができるのです。ここでいう呼吸とは、私たちが普段無意識に行っている呼吸ではなく特別な呼吸法のことです。

ラマーズ法の呼吸法の特徴とポイントは?

「ヒッ、ヒッ、フー」という特徴的なリズムがよく知られていますが、分娩の進み具合によって呼吸法を変えていきます。全ての呼吸法は「吸う」から始まり「吐く」で終わり、鼻から息を吸って口から吐くのが基本です。

息を吐くときは全てを吐ききり、全身の力を抜いてリラックスさせます。吸うことより吐くことに意識を集中させるのがポイントです。

知っておきたいラマーズ法のメリットとデメリット

多くの産院で取り入れられているのがラマーズ法、もしくはラマーズ法をベースとした呼吸法です。妊婦教室などに参加すると呼吸法の講習を受けます。しかし、出産時に呼吸法ができた人とできなかった人に分かれます。

イメージ通りの呼吸法ができれば、陣痛の痛みを和らげることができる、赤ちゃんに十分な酸素を送ってあげられる、などのメリットがありますが、あまりの痛みに呼吸法どころではなかったという人も。練習通りにできない場合もあるということがデメリットのようです。ラマーズ法をしたい人は呼吸法をしっかり練習しておくことが大切です

合わせて読みたい

はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院の三つの選び方
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院の三つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その...

有名人が取り入れて話題の水中出産とは?

水中出産

体温とほぼ同じ湯温の中で行う分娩スタイルのこと。お風呂につかると身も心もリラックスするように、体温程度の湯に入ることで心と体がリラックスする入浴効果を利用した分娩方法です。温めることにより陣痛の痛みを緩和しつつ、自然なお産をするのが目的です。

水中出産の分娩方法をもっと詳しく知りたい!

羊水と同じ塩分濃度で体温程度の湯が入った小さなプールのような場所で行う出産方法です。お湯の量は腰のあたりまで。陣痛のときも分娩のときも特に決まった姿勢はなく、自分の好きな姿勢で過ごします。

湯の中は浮力により体への負担も軽く体勢を変えるのが楽。体力の消耗を防ぐために湯に入れる時間は1回につき1時間までです。水中で生まれた赤ちゃんは、自分で抱き上げる場合と、助産師さんが受け止めてくれる場合があり、施設によって異なります。希望すれば旦那さんも一緒に入れることもできますよ!

水中出産ができる産院はどのくらいあるの?

水中出産を専門に行う産院はほとんどありません。プールなどの設備を持つ産院もまだまだ少なく、ごく一部に限られているため自宅の近くで探そうとしてもなかなか難しいかもしれません。まずは、インターネットで検索したり産婦人科に直接問い合わせをしたりして情報を集めることが必要です。

かかりつけの産院で、水中出産を希望していることを相談してみるのも良いかもしれません。妊娠の状態によっては水中出産に適さない場合もあるからです。

知っておくべき水中出産のメリットとデメリット

心身ともにリラックスできるため陣痛が和らぐ、赤ちゃんが水中に出てくるため環境の変化が少なく体への負担が小さい、分娩にかかる時間が比較的短いなどのメリットが考えられますが、デメリットがあるのも事実です

  • 水中から雑菌が子宮内に入る
  • 出血量が増える
  • 水中で赤ちゃんが感染症にかかるリスクがある
  • 窒息事故が全くないわけではない
  • 費用が高い

などのデメリットがあげられます。衛生管理された整った設備であるかどうかも見極める必要がありそうです。

合わせて読みたい

服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない二つのポイント
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない二つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性反応が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を...
小学生と高校生の2人の男の子の母です。海の近くに住んでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
自然な出産ができるさまざまお産とは?ラマーズ法、水中出産、イメジェリーとは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る