妊婦さんが食べられるチーズと食べられないチーズとは

チーズ

ピザやグラタン、ケーキなど、私たちの生活の中に浸透している食材、チーズ。健康のために積極的に食事に摂り入れている方や、ワインのお供にと一緒に食べられる方も多いのではないでしょうか。しかし、そんなチーズも妊婦さんが口にすることで危険を及ぼす場合があります。一概に全てのチーズを食べてはいけないということではありませんが、正しい知識の元、妊婦さんも安心してチーズを食べていただけるよう、食べられるチーズと食べられないチーズについてご紹介したいと思います。

妊婦さんに注意が必要な理由

禁止する女性

結論からお伝えすると、ナチュラルチーズ(生加工のチーズ)を食べないでください。

なぜなら、ナチュラルチーズに潜んでいる”リステリア菌”が食中毒を引き起こすとされており、妊婦さんは通常の人の20倍も感染しやすく、感染した場合は胎盤や胎児にも感染し、生まれてくる新生児への影響や、流産などの可能性があるとされているからです。食品安全委員会の報告によると、年間200人がリステリア感染症に感染しています。

合わせて読みたい

なぜだめなの?妊婦のカフェインによる影響と守るべき摂取量
なぜだめなの?妊婦のカフェインによる影響と守るべき摂取量
市場調査会社のカンター・ジャパンのグローバル・モニター調査によると、毎日コーヒーを飲む人とミネラルウオーターを飲む人の割合では、コーヒー...

食べられないチーズ

ナチュラルチーズといってもさまざまな分類に分かれますので、その種類についてご紹介します。

モッツァレラチーズ
フレッシュタイプ

特徴:牛乳を固めてから水分を取り除いたもので、熟成させないところがポイント。ヨーグルトみたいに軽い酸味や爽やかさをもっているのが特徴です。

種類:カッテージチーズ、リコッタ、モッツァレラ、クリームチーズ、マスカルポーネ、フロマージュブラン

ポン・レベック
ウォッシュタイプ

特徴:その名にあるように、塩水や、ワイン、ビール、ウイスキーなどで表面を洗いながら熟成させるチーズです。それにより、独特の匂いがあるのも特徴となります。

種類:エポワス、マンステール、ポン・レベック、タレジョ

白カビタイプ

特徴:表面に白カビを繁殖させて作られるチーズです。中身はクリーム色をしているものがほとんどで、熟成がすすんだものは、トロリとして匂いが強くなります。

種類:カマンベール、クロミエ、プリ・ド・モーヌーシャテル、サン・タンドレ、バラカ

ゴルゴンゾーラ
青カビタイプ

特徴:白カビチーズとは違い、中から熟成していくもので、風味や匂い、塩味が強い濃厚なチーズです。

種類:ゴルゴンゾーラ、ブルースティルトン、ロックフォール、スチルトン、カンボゾラ

ヴァランセ
ヤギ・羊タイプ

特徴:ヤギの乳から作られたチーズです。クセのある味が特徴で、有名なチーズには黒い灰がまぶされたものがあります。匂いを抑える効果を狙ったことから灰がまぶされています。

種類:サントモール、クロタン・ド・シャヴィニョル、ヴァランセ、ピラミッド、プリニー・サン・ピエール

ラクレット
セミハードタイプ

特徴:ゆっくりと熟成がすすむチーズで、食べごろの期間が長く保存性が高いことが特徴です。製造する過程で、水分を38~46%以下とした、硬めのチーズです。

種類:ラクレット、ゴーダ、サムソー、サン・ネクテール、ルブロション

パルミジャーノ・レッジャーノ
ハードタイプ

特徴:製造で水分を38%以下にし大きい形のまま、6~10カ月間寝かせたもので、とても硬い仕上がりになるチーズです。ソースやスープの調味料として使われるものが多いです。

種類:パルミジャーノ・レッジャーノ、コンテ、グラナ、チェダー、ミモレット

ナチュラルチーズに潜んでいるリステリア菌は熱に弱いため、加熱することで死滅させることができます。そのため、ピザやグラタンにのっているチーズは、しっかりと加熱されているのであれば食べることが可能です。63℃の熱量で30分以上、または、73℃の熱量で15秒以上加熱することで完全に死滅します。カッテージチーズやクリームチーズ、マスカルポーネは、加熱加工されているものでしたら食べることが可能ですが、輸入されたものの中には加工が施されていないものがあるため、注意してください。

合わせて読みたい

食べても大丈夫?妊婦さんに注意が必要な魚の種類と摂取量
食べても大丈夫?妊婦さんに注意が必要な魚の種類と摂取量
妊娠中はできるだけバランスの良い食生活を送る必要があります。例えばチーズであればナチュラルチーズは駄目だけれど、プロセスチーズは良いなど...

食べられるチーズ

妊婦さんが食べられるチーズは、ナチュラルチーズを加熱加工したプロセスチーズとなります。スーパーやコンビニなどで見かける、スライスチーズや6Pチーズなどがプロセスチーズにあたります。ナチュラルチーズと比べてもプロセスチーズは保存が利きますが、溶かすことができません。中には製造過程で溶けるように加工されているスライスチーズもあります。

30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
妊婦さんが食べられるチーズと食べられないチーズとは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る