すぐに食べるのをやめたほうがよい!妊娠中に絶対食べてはいけないもの

良ければシェアをお願いします。

妊娠中の女性
妊娠中の女性の体はとてもデリケートです。そのため、普段は気にせず食べられるものでも母体の健康や赤ちゃんの成長に影響を及ぼす食べ物が多くあります。今回は、妊娠中に食べてはいけないものとその食べ物にどんな影響があるのかを紹介します。

健康的なマタニティライフを過ごすためにも食べるものに気をつけましょう。

スポンサーリンク

妊婦が摂ってはいけない成分とは

妊娠中の女性は、母体と赤ちゃんの両方を守らなければなりません。そのためには摂るべきではない、または控えるべき成分があります。

ここでは、基本的な成分とその成分による母体と赤ちゃんへの影響について紹介します。

妊娠初期に気をつけたいカフェイン

妊娠すると、産婦人科医などからカフェインの摂取を控えるように言われます。コーヒーを毎日口にする人は少なくありません。では具体的にカフェインの何がいけないのでしょうか。

カフェインには、中枢神経を興奮状態にする働きがあります。そのため、不眠や精神的興奮などから体をゆっくり休めることができません。また、カフェインは分解に時間がかかるため、赤ちゃんに届きやすいと言われています。

妊活、妊娠、授乳に影響があるアルコール

アルコールは胎盤を通り、赤ちゃんに直接届いてしまう成分です。そのため、世界中で妊娠中や授乳中は控えるよう呼びかけられています。

具体的な影響としては赤ちゃんの成長に関係があり、奇形や未熟児になる可能性があがります。また見た目だけではなく、脳の発達に影響し、言葉や学習の面での遅れが見られる可能性もあります。

タバコに含まれるニコチンと一酸化炭素

最近では、分煙スペースや禁煙スペースの設置などからタバコによる副流煙は気にならなくなってきました。ここで改めてタバコの影響を考えてみましょう。

タバコには、一酸化炭素が含まれています。これは血液の酸素を運ぶ成分に影響を与えるため、胎盤の機能低下につながります。低体重で生まれることや発達遅延など赤ちゃんの成長を害することになります。

合わせて読みたい

妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき5つの食べ物
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べ物でも、赤ちゃんがおなかにいるときは食べ過ぎてはいけないものが、いろいろとあります。今回は、元気な赤ちゃんを産むために気を付けたい、妊活、妊娠中に控えるべき食べ物をご紹介します。 ...

妊婦が気をつけたいについて

食べ物の中には多くの菌が含まれています。体にいいものもあれば悪いものもあります。しかし、普段はヒトが持つ免疫力で大抵の菌からは体を守ることができます。

ここでは、妊婦が感染症になる危険のある食材についてまとめます。

妊娠中の女性が持つ免疫力について

妊娠中の女性は免疫力が低下しやすくなると言われてます。
妊婦の免疫力が低下しやすい理由は、ホルモンバランスの変化によるものが大きいです。特に『細胞性免疫』が低下するため、病気の原因菌を排除することが難しくなります。つまり、風邪をひきやすくなり、治りも遅くなるということです。そのため、食べ物による感染症にも気をつけましょう。

リステリア菌』による感染症とは

『リステリア菌』は食中毒に関するもので、免疫力の低い人が感染しやすいと言われています。主に、生魚や生肉、加熱処理をしない乳製品などに含まれています。食中毒の菌は熱に弱く、加熱することで予防を防ぐことができます。や死産などにつながる感染症ですが、初期段階での抗生物質によって赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。

『トキソプラズマ』による感染症とは

『トキソプラズマ』は原虫で、家畜や猫の糞などに生息しています。健康な人には問題ありませんが、妊婦で初めて感染すると、赤ちゃんに感染する可能性があります。流産や死産のリスクはもちろんですが、脳や目に障害が出る恐れがあります。加熱不十分な肉類からの感染が考えられます。妊娠中は、レアや生肉は避けるようにしましょう。

合わせて読みたい

なぜだめなの?妊婦のカフェインによる影響と守るべき摂取量
市場調査会社のカンター・ジャパンのグローバル・モニター調査によると、毎日コーヒーを飲む人とミネラルウォーターを飲む人の割合では、コーヒーと答えた方が64%で、ミネラルウォーターと答えた方が19%という結果になったそうです。64%という数値は、世界順位でも5位という位置にあり、実に多くの日本人がミ...

妊婦の子宮に影響がある食べ物について

子宮は、命が宿ってから十月十日赤ちゃんが成長するために必要な大切な場所です。食べ物によっては、その子宮の働きに影響を及ぼすものがあります。
赤ちゃんの成長や発達に大きく関わるため十分に注意しましょう。

身近な調味料として活躍するスパイス

スパイスは、どの家庭のキッチンにも数種類置いてあるのではないでしょうか。身近な調味料として活躍し、血行を良くすることから体にいいイメージがあります。しかし、過剰に摂取することで流産やにつながることがあります。
また、海外では妊娠初期のハーブ類の摂取は子宮収縮作用があることから厳禁とされています。

庭で育てられる身近な植物!アロエ

アロエの中に含まれる成分には子宮収縮作用があるため、流産や早産の原因となります。妊婦の悩みのひとつである便秘に効くアロエは重宝されています。そのため、一般的に商品として売られているものは、子宮収縮作用のある成分のひとつである『アロイン』が取り除かれているため安全です。しかし、自分で育てているものや生のままのアロエの葉をそのまま食べることは避けましょう。

どんな料理の彩りも助ける!パセリ

レストランなどの料理の彩りとして見かけることが多いパセリですが、妊娠期間中に食べることはおすすめできません。海外では『流産させるために食べる』と言われている国があるほど子宮収縮作用が強い食材です。家庭でもみじん切りのものや乾燥パセリなどが登場することが多いですが、過剰な摂取は流産につながるのでやめましょう。

おわりに

普段は気兼ねなく口にしている食材も、母体や赤ちゃんにとっては大きな害を生むものに変わることがあります。今回は、食べてはいけないものを紹介しましたが、バランスを考えた食事を摂ることが大切です。しっかりとした食材知識を持ち、赤ちゃんの成長を助けましょう。

ピックアップ

妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの
妊娠中は、体にいいものを意識した食事内容にしていれば基本的に問題ありません。しかし、中には胎児に悪影響が出てしまう食べものもあります。 ここでは、妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの、食べ過ぎないようにしたいものをご紹介します。 妊娠中は食事内容に気を配りましょう 妊娠中、胎...
リスクが高い食材?シナモンの妊婦さんへの影響
シナモンには、老化防止、シミ・シワ・たるみ予防など美容をサポートする効果や、中性脂肪・コレステロールを下げる効果、脂肪細胞などを減らす効果に、高血圧や血栓のつまりを予防する効果など、効果・効能が多い食材です。そのことからも、シナモンのサプリメントなども出回っており、愛飲されている方もいらっしゃい...
注意!妊娠中に飲んではいけないサプリメントは?
妊娠中のお母さんは胎児の成長に欠かせない栄養素を十分に取る必要がありますが、日々の食事だけですべてを補うのは難しいことです。そこで、サプリメントを利用して、必要な栄養を補う人も多いようです。しかし、栄養素によっては過剰な摂取が胎児に悪い影響を及ぼすものもあります。妊娠中に口にしてはいけないもので...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
すぐに食べるのをやめたほうがよい!妊娠中に絶対食べてはいけないもの
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る