hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用

良ければシェアをお願いします。

注射器

妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実にをさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。

そこで今回は、hCG注射とはどのようなものか、その効果と副作用について具体的にまとめてみました。なかなか妊娠に至らずhCG注射を考えている方、まずはhCG注射に関する正しい基礎知識を身につけることから始めましょう。

スポンサーリンク

hCG注射とは?

?

hCGとは、「human chorionic gonadotropin」の略で、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモン剤のことです。これを注射によって体内に注入することにより、妊娠に至る際や妊娠を継続する際に必要なプロゲステロンの分泌を促進することができます。通常は妊娠が成立した際に、受精卵の表面にある絨毛と呼ばれる組織から分泌されるホルモンですが、何らかの原因により排卵や妊娠の継続が難しい場合に人工的に投与することによって、妊娠の可能性を高めることができると言われています。

hCG注射による治療は婦人科で行われていますが、すべての病院で取り扱っているわけではありません。希望する場合は、あらかじめhCG注射による治療を行っているかどうかを調べておくと安心です。

合わせて読みたい

人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。 今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思...

hCG注射による2つの効果

体温計を見る女性

hCG注射を行うことによってもたらされる効果は、大きく分けると2つあります。

1.排卵の誘発

hCGは卵巣を刺激するため、投与すると24~36時間後に強制的に排卵が起こるしくみになっています。注射した当日や翌日にタイミングを取ることで、妊娠の可能性を上げることができるという仕組みです。何らかの原因により排卵が正常に機能していない場合には、特に有効な治療法とされています。ただし、hCG注射を打てば必ず排卵が起こるわけではありません。高プロラクチン血症多嚢胞性卵巣症候群など、hCG注射をしてもなかなか効果が出にくい場合もあります。1回の注射で必ず効果が出ると期待せず、根気よく治療を続ける必要があるでしょう。

2. 黄体ホルモンの補充

妊娠すると黄体ホルモンが分泌され、その働きによって妊娠が正常に継続されていきます。しかし、黄体機能不全などの障害により黄体ホルモンの分泌が少ないと、せっかく精子卵子が受精しても着床に至らなかったり、途中で妊娠を継続できなくなってしまったりといった事態が生じます。hCG注射で黄体ホルモンを補充することにより、妊娠の成立や維持をサポートすることができるのです。

このように、hCG注射をすることによって、排卵の誘発と黄体ホルモンの補充といった、2つの効果を期待することができます。排卵障害や、プロゲステロンの分泌に異常がある場合などに適した治療法と言えるでしょう。

合わせて読みたい

妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...

注意すべき副作用

腹痛

hCG注射はメリットだけでなく、副作用などのデメリットもあります。特に注意しなければならない副作用は、「OHSS(卵巣過剰刺激症候群)」です。hCGの投与によって過剰に卵巣が刺激を受け、腫れあがってしまうというものです。それによってお腹の痛みや吐き気を引き起こすほか、腹水などの重い症状が出る場合もあります。特に、ホルモン分泌が活発で排卵誘発効果が出やすい10代〜20代の方にこういった副作用が多く見られるため、注意が必要です。

また、hCG注射を継続的に使用すると生理周期が乱れ、質の良い卵子が育たずにかえって妊娠しづらい体質になってしまうといった副作用も懸念されています。ただし、副作用の見解は病院や医師によって異なるため、まずは主治医に相談して詳しく説明してもらうことが大切です。

もしもhCG投与によって副作用が出てしまった場合には、薬の投与を中止し、安静にして様子を見ましょう。そして体調を見ながら、今後はどうするのかを医師と相談していくと良いと思います。

妊娠検査薬の使用時期に注意

カレンダー

妊娠しているかどうか判断したい場合に妊娠検査薬を使用することが多いですが、hCG注射を受けた場合はその使用時期に注意しましょう。妊娠検査薬は、着床後にhCGの濃度が高まることに反応して陽性か陰性かを判断するしくみになっています。そのため、もしもhCG投与からそれほど期間を置かずに使用してしまうと、妊娠していないのにもかかわらず陽性という結果が出てしまうことがあるからです。妊娠検査薬を使用する場合は、必ず注射を受けてから2週間程度空けるように注意しましょう。

おわりに

今回は、hCG注射の効果や副作用など知っておきたい基礎知識についてまとめてみました。hCG注射は、不妊治療の中では比較的トライしやすい方法で、高い効果が期待できると言われています。その反面副作用などのデメリットもあるため、それらを総合的に判断して治療を進めていく必要があります。自分1人で悩まず、必ず夫婦で相談して治療法を決めていきましょう。

ピックアップ

検査前に知りたい!不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活を始めて1年近く経つと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年間妊娠しない場合を「不妊症」であると定義していましたが、2015年8月に「1年」に見直す案を発表しました。このことで、不妊という言葉はちらついては居るものの、「ま...
不妊の定義が2年から1年に短縮された理由とは?
2015年8月に不妊の定義が2年から1年に変わったということを、ご存知でしょうか。 妊娠を望む方であれば、一体どのぐらいの期間で妊娠できるものなのだろうか、どのぐらいの期間妊娠しなかったら不妊ということになるのだろうかと、一度はお考えになられると思います。 しかし、どのぐらいで妊娠できるかど...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

病院の悩みについて・・・あわせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

『hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用』へのコメント

  1. 名前:佐藤祐司 投稿日:2016/05/20(金) 14:54:42 ID:b5e37c7b7

    hcg注射を3週間に一回のペースで打っています 63歳の男性です 遊離テストステロンは10ですPSAは2です 結果はいまいちです パートナーとは1っか月1回ぐらいですそれから血圧の薬カルシウム拮抗剤をのんでいます hcg注射がちょっと不安です 下垂体
    からホルモンが出てるのでしょうか?あと精力剤のアルギニンとシトルリンを飲んでいます 若い時とは全然違います hcg注射が効くのかどうか教えてください

  2. 名前:きょーこ 投稿日:2016/05/24(火) 20:22:22 ID:e56edf3e5

    佐藤祐司様
    コメントありがとうございます。
    こちら詳細について確認後、再度こちらのコメントよりお返事させていただければと思います。
    何卒よろしくお願いいたします。

  3. 名前:きょーこ 投稿日:2016/05/30(月) 18:09:51 ID:a793baa9b

    お返事遅くなり申し訳ありません。
    hCG注射は、不妊に悩む多く女性の方が打たれている注射です。記事にあります通り、排卵を促すなどの効果があるとされています。
    では、男性ではどのような効果があるかというと、「低ゴナドトロピン性性腺機能低下症」による男性不妊症に対する治療薬とされています。
    参考:新宿ライフクリニック(http://goo.gl/JryCZY)
    佐藤様がどのような診断によってhCG注射を使用する流れになったのかはわかりませんが、少なくともhCG注射をすることによって、FSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)が分泌され、その結果、精巣のセルトリ細胞が刺激されて精子をつくり、ライディッヒ細胞が刺激されてテストステロンを産生してくれます。
    佐藤様のテストステロンの値は10と60代男性では少し低い値かと思いますので、全く効果が無いということは無いのではないでしょうか。
    参考:体制製薬工業株式会社(http://goo.gl/qvPdyF)
    ご参考になれば幸いです。

トップへ戻る