良ければシェアをお願いします。

hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用

良ければシェアをお願いします。

注射器

妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実にをさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。

そこで今回は、hCG注射とはどのようなものか、その効果と副作用について具体的にまとめてみました。なかなか妊娠に至らずhCG注射を考えている方、まずはhCG注射に関する正しい基礎知識を身につけることから始めましょう。

スポンサーリンク

hCG注射とは?

?

hCGとは、「human chorionic gonadotropin」の略で、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモン剤のことです。これを注射によって体内に注入することにより、妊娠に至る際や妊娠を継続する際に必要なプロゲステロンの分泌を促進することができます。通常は妊娠が成立した際に、受精卵の表面にある絨毛と呼ばれる組織から分泌されるホルモンですが、何らかの原因により排卵や妊娠の継続が難しい場合に人工的に投与することによって、妊娠の可能性を高めることができると言われています。

hCG注射による治療は婦人科で行われていますが、すべての病院で取り扱っているわけではありません。希望する場合は、あらかじめhCG注射による治療を行っているかどうかを調べておくと安心です。

合わせて読みたい

人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。 今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思...

hCG注射による2つの効果

体温計を見る女性

hCG注射を行うことによってもたらされる効果は、大きく分けると2つあります。

1.排卵の誘発

hCGは卵巣を刺激するため、投与すると24~36時間後に強制的に排卵が起こるしくみになっています。注射した当日や翌日にタイミングを取ることで、妊娠の可能性を上げることができるという仕組みです。何らかの原因により排卵が正常に機能していない場合には、特に有効な治療法とされています。ただし、hCG注射を打てば必ず排卵が起こるわけではありません。高プロラクチン血症多嚢胞性卵巣症候群など、hCG注射をしてもなかなか効果が出にくい場合もあります。1回の注射で必ず効果が出ると期待せず、根気よく治療を続ける必要があるでしょう。

2. 黄体ホルモンの補充

妊娠すると黄体ホルモンが分泌され、その働きによって妊娠が正常に継続されていきます。しかし、黄体機能不全などの障害により黄体ホルモンの分泌が少ないと、せっかく精子卵子が受精しても着床に至らなかったり、途中で妊娠を継続できなくなってしまったりといった事態が生じます。hCG注射で黄体ホルモンを補充することにより、妊娠の成立や維持をサポートすることができるのです。

このように、hCG注射をすることによって、排卵の誘発と黄体ホルモンの補充といった、2つの効果を期待することができます。排卵障害や、プロゲステロンの分泌に異常がある場合などに適した治療法と言えるでしょう。

合わせて読みたい

妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る